ネオクラシックなBROMNPTON

こんばんは。

寒気にビビッてパッチをはいてきましたが。。
予想以上に寒気はきておらず
懐あたりがムレムレの店長の八木です。 

今日はムレますな。

明日の水曜日がカンパの本命らしいですが当店はお休みをいただいておりますぞ。

さて。


昨年 ごりっとカスタムのご注文をいただいたお客様より
追加カスタムのご注文をいただきましたのでご紹介です。

あれだけイジったので。。あとは。。

最後の砦。 ホイールセット。 なのです。

完成がこちら。↓


お電話でご注文いただいたのですが
なんかお勧めある?? と聞かれたので前回の流れがクラシックスタイルのパーツ多めだったので
このままポリッシュのDA16とポリッシュのフィルウッドハブでばっちりきまりますよ。
とご案内させていただきました。 

が。

ジョセフのクゼのカーボンリムが気になる。 というお話で

リアだけカーボンディープ入れたらおもろいやろ? 

と、遊び心というか。遊びすぎ!なご注文いただきましたよ。

どんな仕上がりになるか非常に楽しみな作業をさせていただきましたね。ええ。


まずはフロント。

1971年よりカルフォルニアで良質なパーツを生産しつづける フィルウッド製 のハブ。

ちなみにBROMPTONの誕生は1970年なので
生まれ月によってはタメ。同学年のブランドなのです。

DSC03369.JPG

見てくれこの美しい仕上がり。
けっして軽量ではない大きめのハブボディーはメンテナンスフリー&高い耐久性を維持するため。

何回ホイールを組み替えても、何回ベアリングを打ち換えてもフランジがゆがんだりハブが壊れたりすることがないそうです。

そしてメイドインUSA。 なにより最高に男前なのです。

今回スポークはサピム製のダブルバテットを使用。

DSC03371.JPG



リアはカーボンディープリムでインパクト大。

街乗りの折り畳み自転車 BROMPTONを一気にスパルタンなスタイルへ変えてくれます。

もちろん実用性の高い耐久性を追求しておりカーボンの弱点。とくに小径車へ入れた時の熱対策が十分に施されたカーボンリムなのです。

スポークを短くしたことによるエアロ効果と若干ホール重量が出ることにより高速純高性能がアップ。

ナイスなリムなのです。

DSC03374.JPG



DSC03375.JPG


かなり個性的ですが違和感なくまとまってますな。

DSC03368.JPG

クラシックと現代の融合 ネオクラシックスタイル。

皆様も是非ご参考に。


lwr20180105.jpg

(カーボンリム欲しい)
facebook.jpg

Shop Info.

住所:京都市下京区中堂寺櫛笥町7-9
電話:075-811-7162
Fax:075-811-7163
営業時間:10:30~19:30
定休日:木曜日(祝祭日は翌日振替)

アーカイブ