神田まさき でも しんいちろう でもない。 その名は「UNO」


こんばんは。 店長の八木です。

先日、お休みをいただいきまして、
ROTORの新型コンポーネントテクニカルセミナーへ参加してまいりました。

その筋では話題の 

油圧制御コンポーネント ROTOR「UNO」 (ウノ) です。

まずはショートムービーからどぞ。

ROTOR製品はこだわりの自社工場生産。マドリード工場で1点ずつ品質にこだわり生産しております。 今回発売となった UNO に関しても EUプロダクト にこだわり生産しております。

油圧ブレーキに関してはドイツのマグラ社と提携供給されておりますので
オールEUプロダクトなのです。

ご注文いただくとこんなリッチでゴージャスなBOXで入荷してきます。↓
IMG_5775.JPG
商品構成は
レバー ブレーキ本体 FD RD チェーン スプロケ ブリーディングキット がオールインワンになてます。

商品ラインナップは、
リムブレーキ・DISCブレーキ(ポストマウント)・DISCブレーキ(ダイレクトマウント)3種類。 
それぞれ 税別38万円となります。

注意点として BB クランク チェーンリング は別売です。

一式ROTORで組むと 46万弱 といったところですね。 

スーパーレコードEPS よりちょい安です。

デュラエースDi2  E-tap が安く感じますね。

組付け済みのデモ車がありましたので まぁ見てくださいよ。 これ。

IMG_5780.JPG
ブレーキレバーはカーボン。 シフトレバーはアルミ削り出し。
シフト操作はSRAMのダブルタップとおんなじです。

ブラケット内はブレーキとシフトのピストンのみ。 DISC用のみリザーバータンクが入ってます。

そうです。 取りあえず DISC用かって あとからキャリパー化 や
キャリパーから DISC化はできません。

それぞれ専用のレバーとなります。

IMG_5778.JPG
メカ感が半端なくカッコいいFD。ROTORコンポは制御系がディレーラーパーツに入っておりますので若干デカメ。
そもそも ROTORがなぜ コンポを作ったか。 答えはシンプル。 楕円リングを正確にシフティングできるブランドがなかったから。 です。 私はシマノFDとROTORリングで何の不満も感じたことがありませんが、楕円の弱点として変速性能の低下が挙げられます。

変速性能が低下する理由は ROTOR社も把握しており 問題はFDの形状と強度にあります。
各社軽量の為、薄く、小さくできているためアウターへ入りにくくなっていたのです。
ROTORのFDは内側のプレートが大きく、分厚く出来ております。

アルミ削り出しパーツを多用しているため軽量にできているのです。

IMG_5777.JPG

こちらがRD。やばい。すげーかっこいい。。 こちらも多数のCNCパーツを使用。
RDにも制御系が入るため100点以上のパーツから構成される。プーリーはカーボン製ケージに収まっております。 削り出すのに1時間かかるパーツもあるとか、、
調整はシンプル。シマノで言うBテンションボルトのみ。
万が一のトラブルは解除レバーを操作するとバネの力でトップ側へ移動します。その後は手でロー側へカチカチ移動可能です。
ちなみに
シマノDi2はバッテリーが切れるとロー側固定。E-tapはその位置で固定となってしまうます。

そして、1回のシフト操作で変速できる数を 1~4段の間で調整も可能。


シフトのブリーディングも本国のROTOR技術スタッフが教えてくれました。
IMG_5800.JPGIMG_5806.JPGIMG_5798.JPG

一番気になっていた シフトホースの硬さですが折りたたみ自転車でも問題なく使用できるしなやかさがありました。
ぐにゃと曲げてみた感じです。↓
IMG_5809.JPG
ホースは約3mmとDi2のエレクトリックケーブルとほぼ同じ。

Di2対応フレームならきれいに収まる? かと思いましたが
ROTORの場合は FDとRDの2本のホースが通るので。。ここは要確認ですね。

IMG_5781.JPG
ブレーキはマグラのMT8/6をベースにUNO用にモデファイされたモデルがパッケージされます。
ワイドリムにも対応できるようアジャスター機能が追加されているそうです。

ブレーキタッチは油圧ですがワイヤー式のキャリパーそのもので バチン と泊まるのではなくスピードコントロールができ、しっかり握ると止まるとう印象。

IMG_5779.JPG
DISCパッケージにはマグラのハイエンドモデルMT8がつきます。2ピストンタイプで160mmローター対応。 MT8は 市場で最も軽く最も安全なブレーキ とROTORは評価していいるそうです。

ダイレクトマウント か ポストマウント で選択可能。


IMG_5811.JPG
スプロケットもROTOR製。
11速で 11~28T構成。 
IMG_5812.JPG
みてくれ。。 この肉抜き。。
ロー側。UNOのロゴが入った部分はアルミ削り出し。
シルバー部分はスチール削り出し。。
136gと超軽量。 なおかつ かっこいい。 スプロケ見てかっこいいとおもったの初めて。。

今後 ロー側 25T や 30T もラインアップに追加されるかもしれません。

IMG_5831.JPG
チェーンはKMC 11SL を標準装備。 超高級品。 おそロシア。

とここまでがパッケージされとります。



ちょいちょいDi2やE-Tapと比較しておりましたが理由は
ワイヤー引きのものよりも軽量だからなのです。

しかしこのROTOR UNO はそれおもしのぐ軽さ。 
DISCブレーキのパッケージで 1604g.

クランク部分を除いて

デュラDi2 よりも -417g.  スラムRed22よりも -10g
スラムRedE-tap+ワイヤー引きキャリパーよりも -99g。


電気制御のコンポよりも軽いのです。
そして、電気制御のシフターの良さ でもあり ネガティブな部分、
それは 操作、操縦している感が無い。 というところ。 

人によっては感覚というのは大事で
タッチパネルでもクリック音がある方がしっくりくるのとおんなじです。 オートマよりもマニュアルがいいなんて方もこれに当てはまるんじゃないでしょうか。

UNOは軽い。


そして、油圧制御のメリットとしてローメンテナンスが挙げられます。

キャリパーブレーキの場合はオイルはメンテナンス期間は数十年単にでフリー。
DISCキャリパーの場合は熱によりオイルが劣化しますので定期的な交換が必要です。

電動コンポのように充電不要。 
充電忘れ。。 出先で充電器を忘れる などこうなると乗れません。

また、ワイヤー伸びによる微調整からも解放されます。

ただ、折り畳み自転車に入れる場合は、折りたたむことによるアウターの劣化が考えられますね。
ミニベロなら不要です。

UNOはローメンテ。


そして、なにより現存するコンポの中で最高にかっこいい。 これ一番重要。(主観)


で どんな車種ならぶち込めるの?

ってとこですが。。 何分完全 新機軸となりますのでおくそくですが。

キャリパーブレーキのミニベロなら何ら問題ないと思います。

Tyrell Tern KHS モールトン とか。 
Tyrell RXなんか完全にロードなんでOK。


折りたたみは。。。

Birdy Disc くらいですかね。。 FDがちょとわかりませんが。

あとTyrell FX/FSX はフロントフォークのネジが。。 ネジさえクリアにすれば行けそうです。

ということで 

リッチで新しいもの好きで いろいろ余裕のある 変態のお客様。 
よろしければ人柱いかがでしょうか。 

ROTOR UNO は
ROTORディーラーで
UNOのテクニカルセミナーを受講したスタッフがいる店舗のみでの販売となります。

きになるお客様はまずはご来店ください。店頭にてご相談させていただきます。


それではご来店、ご注文お待ちしております。





京都店 八木サンタ
facebook.jpg

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
アルバイトスタッフ募集

未経験者歓迎!正社員登用あり!
スポーツ車に乗ってなくても大丈夫です!
いちから丁寧に指導します!

LOROグループはスタッフを募集しています。
自転車先進国ヨーロッパやアメリカなどの
ニュースタイルビークルを広めていく夢のある仕事です。

ご興味ある方は→コチラのリンクをご覧ください。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


Shop Info.

住所:京都市下京区中堂寺櫛笥町7-9
電話:075-811-7162
Fax:075-811-7163
営業時間:10:30~19:30
定休日:木曜日(祝祭日は翌日振替)

月別 アーカイブ