2010年5月アーカイブ

simanami2010.gif








入門コースの「ガイドツアー60コース:定員150名、エントリーフィ5,000円」から始まり「くるしま90:定員尾道発200名、今治発150名、エントリーフィ6,000円」「多々羅130コース:定員800名、エントリーフィ7,000円」「水軍200コース:定員800名、エントリーフィ9,000円」の4コース
エントリー期間は、2010年6月1日~9月7日とのことで、先行エントリー期間6月1日~7月2日までにエントリーされた方は、1,000円OFFになるそうな
ご興味おありの方は、テレビ大阪版スポーツエントリー版でどうぞ

日曜朝8時はTVに釘付けな私!今回ご紹介しますのはこちら!前後とも内装変速仕様にしたBD-1!!
つまり「W」(ダブル)内装!!!
日曜朝の番組仮面ライダーW)ならってこんな感じで、以下ご紹介!
行くぞ、フィリップ!・・・OK!翔太郎!

m3l_wh.jpg
前期から一番人気のホワイトBromptonのM3L・M6Lモデルが同時入荷しました
今期最終入荷となっており在庫も生産数量の関係から少量の入荷となっております
個人的な見解として、お探しの方やご興味のある方は早いご決断をお勧めします
jiko.jpg













2008年の軽車両(自転車)交通違反取り締まり内訳だそうです
時代の移ろいとともに素直に変化順応していくものと
普遍的なまでに小さな変化を繰り返すことでしか順応されないもの
人々の生活様式の変化に伴い、その関わり度合いによる重要性も変化します

明日は我が身だと思えればこんな言葉はこの世から無くなるのでしょうが
各々の大切な人が生活する街に危険の種は撒かないに越したことはありません
目の前を行きかう人のそんな生活へ、ちょいとお互い配慮して

ライト照らしてみたり、ヘルメットかぶってみたり、信号守ってみたり
歩行者優先に心癒されてみたり、2つギアをおとしてみたり
そんなことじゃないかなぁと思うこの頃です

ryoma.jpg
京都霊山歴史館の大龍馬展が開催されています
昨年までは、春秋のⅡ期だったのが、昨今の龍馬ブームに便乗・・しっけい)要望が多くなってきた様で年間通して開催されています
一応、申し訳程度に期のつなぎには2日間ほど閉館されているようですが

幕末の英雄、豪傑、英傑
スポットのあたるところはいつの時代も華やかに浸透するのでしょうが、今の日本を構築すべく命をかけられた偉人はもっともっとたくさんいらっしゃるわけで

その時代の一方の側面から囃したてるのではなく
色々な側面から学ばなきゃならんなぁと
この様なムーブメントが起こるたびに思い知らされるのでした
子供のころから龍馬さんは好きでしたが、もっともっと素晴らしい偉人さんたちがいらっしゃったわけです

自転車にも通ずること
至ってシンプル、単純な構造
されどそこには様々な技術の粋があります
価格・性能・デザイン様々な角度から吟味して自分の1台を発掘する
これも1つの醍醐味ではなかろうかと思うわけです

詳しくはこちらからどうぞ→大龍馬展

Shop Info.

住所:京都市下京区中堂寺櫛笥町7-9
電話:075-811-7162
Fax:075-811-7163
営業時間:10:30~19:30
定休日:木曜日(祝祭日は翌日振替)

月別 アーカイブ