ブロンプトンカスタムカテゴリを追加の最近のブログ記事

こんばんは、大阪店DJツカモトです。

日が暮れるのが早くなってまいりましたが、僕は暇さえあれば港の夜景を楽しんでおります。
皆様も夜景の魅力に取りつかれてみてはいかがでしょうか?

さて、

今回は、ヘビーデューティーな4速カスタムをフルスペックでご依頼いただきましたのでご紹介いたします。

BROMPTON × Heavy Duty
IMG_7027.jpg
ブロンプトンのブラックラッカーモデルを外装4段変速でフルカスタム致しました。
今回も個人的に激推しの頑丈でヘビーデューティーなVelocityポリッシュリムで組み上げた手組みホイールを選ばせていただきました。

IMG_7028.jpg
ハンドルもヘビーデューティーなH&Hのミッドライズチタンハンドルバーをインストール。
抜群の振動吸収性能とエルゴノミック形状により操作性が向上!
ブレーキレバーにはヘビーデューティーなPAUL CANTI LEVERを取り付け、合わせてシフトはDia-Compe ENEシフターをチョイス。
定番ですが見た目の統一もあり軽量に仕上げることも出来ます。

IMG_7029.jpgIMG_7030.jpg
フロントハブは揺るぎない信頼を置くヘビーデューティーなPhil Wood ブロンプトンハブ。
重たいですが、頑丈で末永くスムーズに回り続けてくれる縁の下の力持ちともいえるハブです。
今回は非常に珍しいピューターカラーを選択いただきました。

IMG_7032.jpg
IMG_7033.jpg
ヘッドパーツ、ボトムブラケットは回転性では右に出るものなしのヘビーデューティーなChris Kingで統一して性能とルックスアップの両立。
ヒンジクランプはブラックラッカーに似合うBrompficationのブラスハンドルのシルバーで大分世界観の統一とささやかな軽量化が、図れたと思います。

IMG_7035.jpg
今回のカスタムで一番のポイントはお持ち込みいただいたクランク。
当店ではお取り扱いがございませんが、イギリスのヘビーデューティーなコンポーネントメーカー"MIDDLEBURN"(ミドルバーン)
ブロンプトンと同じくメイドインUKの頑丈な中空シャフトクランクをインストールして世界観を崩さずスペックアップしております。実に真似したいカスタム。

IMG_7034.jpg
ペダルは今回のテーマに沿ってヘビーデューティーなMKS Sylvan Touring Nextを選ばれました。
軽量さではなく踏み面の広さで、どっしりと扱える実用性重視なテーマがうかがえます。

IMG_7037.jpg
IMG_7038.jpg
キャリアもこだわりのヘビーデューティーなクロモリ製NITTOリアキャリアをオススメさせて頂き、フェンダーも合わせてヘビーデューティーなメイドインジャパンのSim Works × Honjoダブルネームを取り付けさせて頂きました。
ロゴマークのシールが対になり、最高にかっこよい。

IMG_7041.jpg
今回は軽量にはあまり重きを置かず、ヘビーデューティーな世界観に重きを置いたナイスカスタムを垣間見ることが出来ました。
ご依頼、誠にありがとうございました!

大阪店ツカモト(ヘビーデューティーな!)

インスタグラム.jpg

Shop Info.

住所:大阪府大阪市中央区東高麗橋4-7
電話:06-4793-1707
Fax:06-4793-1708
営業時間:10:30~19:30
定休日:年末年始

アーカイブ