メンテナンスの最近のブログ記事

前回、BROMPTONのBBタッピングの重要性についてご案内いたしましたが、、
DSC03601.JPG
「そんな工具持ってないです」

というユーザー様が100%に近いと思います。
なぜ「100%」と言い切れるかと言いますと、この工具とても高価だからです。


12万円します。
消費税込みで約13万円

DSC03605.JPG
確かに効果は絶大ですが、一台に一回以上あるかないかの作業で13万円払う人はそうはいないでしょう。

LORO大阪店でしたら3~4千円(1台)で施工いたしますので、是非ともお持ち込みくださいね。

ところでBROMPTONにはネジ穴がまだまだあります。
DSC03706.JPG
折りたたみの際に絶対触るところとか。

例えば、、
ここです

折りたたみや組み立て時にヒンジクランプスクリューを回していると、、
DSC03702-001.JPG
「あれ?なんか固いぞ?」

てなことはありませんか?
本来は指一本でクルクル回るはずです。

DSC03616.JPG
そんな時はタッピングでネジ山復活です。

タップという工具で、サイズはM8(1.25mmピッチ)。
DSC03619.JPG
これは13万円もしないです。
千円程出せばそこそこええの買えます。

ヒンジクランプスクリュー側のタップを立て直すときは『ダイス』があればOK
DSC03618.JPG
ネジとネジ穴のサイズが違うわけがないので、もちろんダイスもM8サイズです。

いっそ『タップ&ダイスセット』が2千円くらいで手に入るので一家に1セット揃えてみるのもアリですぜ旦那。

回転が渋いと感じる方はお店まで愛車を持って来て下さいね。
ワンコイン施工いたします。

大阪店 イワサ(削った後はグリスで防錆しましょう)
facebook.jpg

ウラサイ2016.png
今週末からは裏サイクルモード2016!
色んな折りたたみ・小径車を乗りまくれ!
詳細はこちら

よみがえるBROMPTON

どうも皆様、ご機嫌如何ですか?
ニシムラでございますよ。

さて本日は、
BROMPTONのオーバーホールをご依頼いただきましたのでご紹介です!!

DSC02168-001.JPG
DSC02264.JPG

こちらの車体をオーバーホールしていきます。
先ずは現状の確認です。


DSC02265.01.JPG

シートポストはだいぶ錆が浮いてしまっていますね。


DSC02266.JPG
DSC02267.JPGDSC02269.01.JPG

チェーン周り、ブレーキ本体にフロントホイール
この辺りもテコ入れしていきましょう。


DSC02292.JPG

リアのエラストマーやシートクランプなども
現行品に交換しちゃいましょう、そうしましょう。


DSC02280.01.JPG
DSC02281.JPG
DSC02282.JPG

先ず交換するものはバスッと外していきます。
モチロン新品を付ける前の清掃も忘れずに。


DSC02287.JPG

新品を入れ~の、、、


DSC02276.01.JPG

使えそうなものは調整し直し~の、、、


DSC02326.JPG

そんなこんなでバシッと完成!!
泥よけも外してEバージョン化も行いました。
見た目もスッキリ。


DSC02327.JPG

DSC02328.JPGDSC02330.JPG

DSC02329.01.JPG

DSC02331.JPG

DSC02335.JPG

ピカピカに生まれ変わりました!!


古い自転車もフレームのクラック等の致命的なダメージが無ければ、
しっかりと手を入れてあげれることでまた元気に走ってくれます。

長い事乗っていないという自転車があれば、
ぜひ一度ご相談下さいませ。
宜しくどうぞ~☆
大阪店ニシムラ(ホープ先輩)

今回は回転重視!!

どうも皆様、ご機嫌如何ですか?
最近は「虫を食べる植物展」に夢中のニシムラでございます。
マジ行きたい。
ウツボをカズりたい。

さて本日はオリジナリティー溢れるBD-1のオーバーホールのご依頼をいただきましたよ!!

DSC01681-001.JPG

ドロップハンドル化にオリジナルの塗装を施した爽やかな印象の車体。
今回はこちらの車体をオーバーホール、です。


比較的綺麗に乗っていただいているのですが、
オーナー様によれば前後のホイールの回転がよろしくないとの事。
重点的に見て行きましょう、そうましょう。


DSC01611-001.JPG
DSC01603-001.JPG

表面上の汚れは勿論ですが、
内部の汚れやグリスの状態もチェック。
全部バラバラに分解して一つ一つ清掃&グリスアップ!!

その後キッチリと玉当たり調整を行えば、
回転性能が見事に復活!!
マジでグルングルン。


DSC01685-001.JPG
DSC01683-001.JPG

見た目的にもスッキリ綺麗に。
スプロケ・チェーンは新品に交換。
You輝いてるよ。


DSC01686-001.JPG

ワイヤー交換やらBBのタップ切ったりだとか
その他の作業もバッチリ済ませて完成です☆
これでまたガッツリ乗っていただけますね♪


メンテナンスをご依頼の際に、
ここを重点的に見てほしいとか
こういうところが気になる等が御座いましたら、
お気軽にお申し付けください。

しっかりバッチリお直しいたしますよ~♪
宜しくどうぞ~☆
大阪店ニシムラ(ダーリングトニア・カリフォルニカ)

☆☆☆Tyrell試乗会☆☆☆
tyrell-20160722aaa.jpg
大阪店は8月7日まで!
どうも皆様、ご機嫌如何ですか?
ニシムラでございますよ。

本日はBD-1のオーバーホールのご依頼を受けましたのでそちらのご紹介です!!
バッチリ綺麗に仕上がりましたよ♪

先ずはビフォーのお写真から。

DSC00488-001.JPG

こちらが今回ご依頼いただいた車体です。
深いグリーンが渋い。

しかしよくよく見ていくと。。。


DSC00491-001.JPG
DSC00495-001.JPG

一番汚れやすい足回り。
油やらなんやらがこびり付いてますね~。


DSC00493-001.JPG
DSC00489-001.JPG

細かなところも長年のダメージが。。。
しっかりメンテナンスしてあげましょう!!


ってことでここからはアフターのお写真!!

DSC00805-001.JPG
DSC00806-001.JPG

ホイール周りはしっかり分解洗浄。
グリスアップもして回転性能もUPですよ☆
タイヤチューブも新調です。


DSC00807-001.JPG
DSC00811-001.JPG
DSC00813-001.JPG

痛みの激しいパーツは素直に交換。
きらりと光る安心感。


DSC00808-001.JPG

あとはBBの洗浄やタップの切り直し、ワイヤー類の交換、
フレームの磨き上げ等の工程を経て完成です!!
これでまた気持ち良く乗っていただけますね♪


大事な愛車に永く、安全に乗り続けるには
しっかりとしたメンテナンスを施すことが必須です。

「長い事メンテナンスしてないな~」って方は是非ご検討下さい☆
宜しくどうぞ~。
大阪店ニシムラ(アババ)
クルーズ2016CURRRYME_main.jpg
CURRY ME!クルーズポタ参加者募集中!
7月17日残7席 18日残1席


試乗会のお知らせ
PECO-20160723-a.pngTyrell-20160723-a.png
LORO京都 7/22〜
LORO大阪 7/29〜

どうも皆様、ご機嫌如何ですか?
ニシムラでございます。

先日のブログにてプジョー・パシフィックのオーバーホールをご紹介致しましたが、
今回はBD-1 にてご依頼をいただきました!!

腕が鳴ります。
綺麗にしていきますよ~☆

DSC09253.JPG

今回はビフォーの写真をちゃんと取りました。
偉い。


DSC09254.JPG
DSC09263.JPG
DSC09268.JPG

黒なのでこういう砂系の汚れは目立ちますね。
この辺はすぐ綺麗にできそうです。


DSC09256.JPG
DSC09260.JPG

ボルトやらブレーキのバナナやら、
錆びたところは交換しちゃいましょう。


DSC09265.JPG
DSC09267.JPG
DSC09257.JPG

やはり足回りはギトギトしてますね。
スポークガードもボロボロしてます。
外しましょう。

では続きから作業開始でっす!!

皆様の花粉症が収まっているであろう今日この頃、
まだまだガッチリ鼻が詰まっているニシムラでございますよ。

杉・ヒノキ、ときて今は雑草なんですってよ。
雑草て。。。

さて本日はオーバーホール&カスタムをさせて頂きましたよ~☆

DSC09141.JPG

今回ご依頼いただいたのはPEUGEOT Pacific 
因みに画像はアフターです。

ビフォーは取り忘れ。。。
やっちまった。。。


作業内容は回転部分のグリスアップなども含めた、
ガッツリオーバーホールTiagra 10速化前後ブレーキのDeore化です。
走行性能・制動力共にグッとUPです。
これぞ正統派カスタムって感じです、ハイ。


DSC09145.JPG
DSC09150.JPG

Tiagra4700系でアップグレード。
リアディレーラーはRD-4700
スプロケはCS-HG50011-25T


DSC09147.JPG
DSC09149.JPG

Vブレーキ本体はBR-T610
レバーはBL-T610

カラーはカスタム前の印象と合わせるようにシルバーで。
ナイスチョイス。


DSC09142.JPG
DSC09143.JPG
DSC09151.JPG

パーツ組み付けとグリスアップ等の作業を終えたら、
後は昨日の福岡店のブログよろしく、ひたすらにクリーニング。
キラッキラです。


オーバーホールでリフレッシュ&カスタマイズでアップグレード!!
これでまた気分も新たにガシガシ乗っていただけますよ~♪

ご興味ある方は是非一度スタッフにご相談下さいね☆
宜しくどうぞ~♪
大阪店ニシムラ(磨くの好き)
BROMPTONのメンテナンスやオーバーホールの依頼が最近すごく増えてます。
足回りは特に定期的なメンテナンスが必要ですので、
状態のチェックだけでもお気軽にお申し付け下さいませ。

今回ご紹介するのがリアフレームヒンジ部分の修理。
後ろフレームが左右に振れるガタが出てくると調整だけでは完治出来ない場合が御座います。
その場合はリアヒンジの交換となります。
9DSC07889.JPG
リアヒンジの交換はちょっと工程が多く、作業が複雑。
時間も要しますので、基本、車体はお預かりとなりますのでご了承下さいませ。

この部分のパーツを新調してあげればガタが無くなり完治!となりますがまれにガタが出た状態で乗り続けていて、フレーム自体が変形しておりフレーム修正が必要なんてことも。。。そうなる前に早めにチェックし修理交換する事をお勧めいたします。
9DSC07895.JPG

9DSC07896.JPG

9DSC07902.JPG

9DSC07910.JPG

フレームの重要な部分になりますので、
長年ハードに乗り続けてる方は要チェックでお願いします~
大阪店 ヒダ
サイトウ君のブログ冒頭の「3日分の食料を蓄えましょう」と言うのを見て、
「え、なにそれ。なんも用意してないけど。。。」と
少しびくびくしながら昨日就寝しました皆様こんばんは。ヒダで御座います。

大阪、すごーーーく寒いですけど、雪は大丈夫そう?ですかね。
お店は元気に営業しておりますので、皆様のご来店お待ちしております。


本日はオーバーホールの作業風景をお届け。
各部をお手入れしてあげる事で自転車が蘇ります。
11DSC06720.JPG
特に汚れが付着しパーツが傷みやすい足回りを重点的に。
3~4年前に買われたBROMPTON。今回が初の総オーバーホール。

ハブもチェーンも結構きてますね~
けど、まだ新品に交換するほどでもなさそう。お手入れしてあげる事でどれもまだ使えます。
11DSC06689.JPG11DSC06693.JPG
11DSC06692.JPG11DSC06704.JPG

フロントハブのグリスがきれかけ&ゴミが中に入る等で
ホイールがスムーズにまわらなくなります。
22DSC06707.JPG22DSC06711.JPG
ばらして→清掃→グリスアップ→ベアリングの球当たり調整。
ホイールの振れ取り(左右のブレ調整)でシャキッと。

ウム。良い感じに蘇った。
22DSC06773.JPG

タイヤも傷んでいたので新調し、これでフロントはOK。
11DSC06691.JPG22DSC06774.JPG

お次はリアの内装ハブをオーバーホール。
基本的にノーメンテナンスがうたい文句の内装ハブですがご依頼あれば承ります。
複雑な構造&微妙な調整が必要なのでご自身でされるのはお薦めしません。。。
33DSC06721.JPG33DSC06731-001.JPG
33DSC06743.JPG44DSC06747.JPG
モノによっては、再度組み付けと調整で
凄く良くなる場合もありますので、(個体差というやつですね...)
回転が重すぎると感じる方は一度ご相談下さい。

ウム。こちらもバッチリ。
44DSC06770.JPG

油と泥で汚れた足回りはお馴染み「マルチフォーミングクリーナー」で綺麗に。
DSC06769.JPGDSC06768.JPG

その他ヘッドもグリスアップ、ワイヤー新調etc...
そして各部を組み付け、磨き上げて完成です。
DSC06775.JPG

お手入れをしてあげる事でこれでまたガシガシ元気に乗って頂けます。
ご依頼有難うございました!
大阪店 ヒダ
オーバーホールに拍車のかかる大阪店からこんばんは、キクチです。
DSC06043.JPG
本日もいい感じに使い込んでおります。ホイールです。
DSC06051.JPG
このホイールの地肌を拝見するにはなかなか手強そう・・
先に言っておきますが、黒いリムではありません。

リムについた汚れも洗顔と同じく、【泡】で落としましょう。
DSC06055.JPG
こすらず、泡で落とす・・・界面活性、素晴らしいぜ。
少し時間をおいて、ふき取り、二度目の洗浄。
泡をふき取り、きれいなウエスで仕上げれば・・・
DSC06063.JPG
はい、ピカピカ!地肌はシルバーでした。(※汚れが染み付いているところは勘弁ください)
使用したアイテムはこちら↓
DSC06056.JPG
フォーミングマルチクリーナー¥1,080

これ1本で、とても簡単に綺麗になります。
しかも、素材にやさしい洗浄液で、タイヤやブレーキシューに使っても大丈夫です!
これをフレームに使うと
DSC06048.JPG
DSC06061.JPG
はい汚れもピカピカです!
ちなみに、汚れを落とすだけじゃなく
DSC06071.JPG
こいつでコーティングしておきましょう。

Various Coat¥3,240

我々も日々使用している、ガラス系コーティング剤の定番です。
スプレーしてふき取るだけで、汚れを簡単に落とし
防汚保護もできる優れもの。
コンパウンドを使用していないので安心して使用できます。
ちなみに、洗車後に水滴がついている状態で使用してもOKというのも有り難いですね♪

ブログでは一部抜粋してお伝えしましたが
本来は、チェーンを洗ったり・オイルを注したり・パーツをばらしたり・・・と
考えただけでも「無理っ!!」ってなりそうですが
汚れ落としなら、気軽にできますので
本日ご紹介した2つのアイテムを使用して
まずは車体の汚れ落としをしてみては如何でしょうか?

大阪店キクチ(ピカールで金属を磨くのが好き)

気が付けば2015年もあと1か月を切り
今年のうちにできることは今年のうちにしたいものですね。
こんばんはキクチです。
いつもカスタムや新商品のご紹介をしておりますが
今回はメンテナンスです。
例えば、ホイールですが、
DSC05769.JPG
いい感じで使い込んでおりますね。
普段から見ていると、気にならない部分も
リム(ホイールの側面)に汚れがたまり、ブレーキが効かなくなると気になり始めます。
できればそうなる前に持ってきていただきたいですが・・
実際に細かく見ていくと・・
DSC05785.JPGDSC05786.JPG
スポークをかるーく指で押しただけで、たわんでしまいます。
スポークを止めるニップル(ネジ)がゆるゆるになってしまっている状態で、
DSC05787.JPG
裏から見ると、緩くなったスポークがリムテープを突き破り、チューブを刺してしまっています。
DSC05784.JPG
このままだと、タイヤをはめてもすぐパンクしてしまうので
ちゃんとスポークテンションを均等に張りなおします。
もちろんセンターを出して、まっすぐ回るように調整します。
リムテープを張りなおして一先ず終わり。
ただ、このままだとブレーキの効きは変わらないので
汚れを落とします。
が、汚れが固着してパーツクリーナーでは歯が立ちません。
今回は軽く研磨することに決定。
汚れと、傷を研磨すれば・・・
DSC05816.JPG
はい、ピカピカ!!
ブレーキの効きも戻りました。
今回は、できるだけ費用を抑えるために研磨という手段をとりましたが
状態によっては、ホイールを交換するのがベストです。
DSC05768.JPG
その他、ワイヤー・チェーンなど一緒にご検討ください。
料金は内容によって変動いたしますので、まずはお気軽にお尋ね下さい。

大阪店キクチ(早めにご依頼ください)

DSC03629.JPG
「BROMPTON シートピラーブッシュ交換」
には専用工具が必要です!

※この専用工具を使わないとキレイに取り付けることが出来ません!


DSC03066.JPG
DSC03074.JPG











古くなったブッシュを外して、新しいブッシュをボンドを付けて取り付けます!


DSC03077.JPG
専用工具①
しっかりとフレームに接着する為の工具です。
この状態で接着剤が乾くまで、置いておきます。


DSC03108.JPG
専用工具②
シートポストの太さまで内径を削る工具です。
この作業をしないとシートピラーは、キレイに入りません。


DSC03111.JPG
DSC03115.JPG











たくさん削りかすが出ますが、問題無しです。
削りかすをキレイに取り除いて完成です!

他の専用工具もご準備しておりますので先ずは、ご相談ください。
ご来店お待ちしております。


DSC03608.JPG
チラシが届きました!!!

CYCLE ROGAINING
with BROMPTON

大阪ステージ
「10月4日(日曜日) 11:00~15:30」

エントリー開始しました。
エントリーは、「SPORTS ENTRY」のこちらから


大阪店 オカモト(昨日BUCCHOはベージュ組み立てスタッフです。)
DSC02487.JPG
メンテナンス前に先ず車体をキレイにしましょう。
キレイにする事で、交換しないといけないところなどがチェックできます。

キレイに見えている、このBROMPTONですが
細かいところが汚れているので、キレイに拭いてみます。


DSC02499.JPG
お手軽に車体をキレイにするなら
「Car Cream」がオススメです。
「400ml」の物で、価格は「1,080円(税込)」です。


DSC02466.JPG
ウエスに付けて拭いてあげるだけです。
ちょっとした油汚れなどは、このまま拭き取ってあげればキレイになります。


DSC02463.JPGDSC02465.JPG











こういう所もキレイに出来ます!
忘れてはいけないのは、ワイヤーも拭いてあげること!
ワイヤーの汚れで車体が汚れたりするので注意です。


DSC02488.JPG
チェックポイント①
ワイヤーを拭いていると発見しました!
ワイヤーの根元になんか隙間がありますね。


DSC02489.JPG
引っ張り出してみるとわかりやすいですね。
完全にワイヤーが伸びてます。
これは交換時期がきているので、交換しましょう。
1本が見てわかるぐらい伸びていると言う事は、他のワイヤーも伸びているので
このタイミングで全てのワイヤーを交換した方が良いですよ。


DSC02493.JPG
チェックポイント②
タイヤです。
ミゾは、まだあるから大丈夫と思いますよね。
このタイヤも交換時期がきています。
小さい穴がたくさんあるのが、問題なのですよ。


DSC02492.JPG
サイドを押してあげるとわかりやすいですよね。
中に石が隠れています。
この小さい石がパンクの原因になります。

今回わかりやすい所をご紹介しましたが
発見するには車体を定期的にキレイに拭いてあげるのが
一番良いです。
他にも発見できるかもしれませんよ。

発見したら、すぐに店頭へメンテナンスにお持ちください。
ご来店お待ちしております。

大阪店オカモト(キレイ好きになりたい。)

DAHON SPEEDFALCO20速化。

DSC02358.JPG
盆休みを控えて、車体のカスタム・整備で臨時作業スペース開設!!
この写真でお気づきの方は居ませんでしょうが、
暑すぎる日々に限界を感じまして、
『うしろ刈り上げました』(すっきり)
こんばんは、キクチです。

でもね、髪の毛の暑さVS太陽光って
抜群に太陽光の方が暑いんですね・・
太陽が余裕の快勝、今僕が欲しい物は後ろの毛です。

とまぁそんな刈り上げ臨時スペースで作業しておりましたのは・・・

DSC02363.JPG
DAHON SPEEDFALCO20速化

DSC02365-001.JPG
フロント2速
DSC02369-001.JPG
リア10速
DSC02371.JPG
TIOGA Carbo Ergo Barend
DSC02372.JPG
SERFAS レースレディ

前回フロントダブル化を行い、軽いギヤはカバーできるようになったので
今回はよりトップギヤの選択を細かく出来る様に、リアを10速化。
インナーローはほぼ使わなくなったとの事で
もちろんスプロケットも11-28Tから11-25Tに変更。
これで、トップスピードも出しやすくなるはずです!
攻めの仕様の中でも、サドルはSERFASのレースレディを入れ
ペダリングの邪魔にならないスリムな座面かつ、
スポーツ医学に基づくデザインが定評のサドルでロングライドでも楽に早く走れる仕様に

これで、盆休みも快適なサイクリングが出来ますね!
(Yさまいつもありがとうございます!!)

あと皆さま、カスタム以外でも
DSC02380.JPG
折りたたみの関節部分が緩んでいる人結構多いです。
DSC02383.JPG
毎度毎度折りたたむものなので、自分では気づきにくいですが
ホントに緩んでる人多いです。
DSC02384.JPG
ここも同じくですね。
DSC02381.JPGDSC02385.JPG
調整はこの中の部分を工具で調節します。

ご旅行でお使いになられる際は、お早目にLOROにご来店くださいませ。
臨時作業スペースも全開で待っております!

大阪店キクチ皿田きのこは刈り上げ界のカリスマ)

梅雨に入ると、気になるのが車体のメンテナンス。
急な雨で、車体が濡れちゃったなんてこともあるかとは思います。

濡れたフレームはしっかりと拭いてあげれば良いですが
レザーサドルはその後のケアが必要です。

DSC01132.JPG
BROOKS MAINTENANCE KIT(¥1,944)

セット内容は
DSC01134.JPG
メンテ用の柔らかい布(ウエス)
DSC01135.JPG
プルーファイド(BROOKS専用調合オイル)
DSC01137.JPG
調整用スパナ(テンション調整用)

上記を使って日々メンテナンスを行います。
詳しいメンテナンス法は代理店のページに詳しく書いてありますので一度ご覧ください。


↓ここからは、ワタクシ個人が使用して思った意見ですが↓

代理店のページでは、より早く馴染ませる事を重視されていると思いますので
最初からあまり革サドルの硬さが気にならなかった人は頻度を少なくしてください。
あまり頻繁に塗り過ぎると、柔らかくなりすぎる(寿命が早くなる)のと
風合いの変化も早くなり、徐々に変化していく姿を楽しめない気がするので・・

BROOKSにはBROOKS専用オイルを使うのも、長く使用するコツですね。
専用に調合されているので、『革と相性が良い』のです。
変色しにくかったり、柔らかくなる時間も考えられていると思います。

あと、雨には気を付けて下さい。
雨・水に濡れた後のケアが重要で、ケアを怠ると変色したり変形したり、最悪カビが生えたりします。
でも皮革=水に弱いという訳では無いです。
ケアさえすれば、濡れたって大丈夫です!ご安心を。

万が一濡れた場合は、必ず乾拭きをして、
その時汚れが付いていれば一緒にふき取ってあげて下さい。
その後、風通しのいい日陰で自然乾燥させて、十分に乾燥したら
プルーファイド(BROOKS専用調合オイル)で保湿をする。
『これだけです』
非常に簡単です。
でも、濡れないにこしたことはないのでレインカバーは付けましょう。
DSC01145.JPG
BROOKS RAINCOVER(¥1,015)

上記のような、出来るだけ濡れないようにし、濡れたらケア・・位なラフな感じでも
少しづつメンテナンスをしていくと
DSC01123.JPG
こんないい感じに変化していきます。
ちなみにもとはこんな色でした。
2041000000063.jpg
傷が付いたり、雨に濡れたりしましたが、メンテナンスしてしばらく乗れば
ほとんど見えない位馴染みます♪しかもそれもまた味になります。
普段のメンテナンスにかかる所要時間も5~10分程度で意外と気軽に使えますよ。

その他、気になる事が御座いましたら店頭にてお尋ねくださいませ。

大阪店キクチ(BROOKSコーナーが少し変わったよ)

2015ワークショップ6月.jpg
今朝からまたフリスクにはまっております。キクチです。
前回は青いケースのフリスク。
今回は緑のケースのフリスク。
食べ比べた結果・・・はい、青でも緑でもクシャミ出ますね。
(やっぱ鼻弱ぇ~)
春から持病の花粉症が怖いので
クシャミに対する抗体を作っているワタクシの話はさておき
車体のオーバーホールはいかがでしょうか。

一見すると何も問題の無さそうな車体も、よく見ると・・・
DSC_2142.JPGDSC_2143.JPG
ワイヤーもささくれてきて、ブレーキシューもかなり減ってます。
DSC_2145.JPG
DSC_2148.JPGDSC_2151.JPG
普段は隠れているBBやクランクも外して見てみると、
溜まった汚れや、グリスが固まったような物もかなり見えます。

でも決して、ハードな使い方をしたという訳ではなく普通に使っていてもこうなるんです。
汚れが溜まっていると、動きが悪くなりペダリング・シフトチェンジもうまくいきません。

これを磨いてやると・・・
DSC_2158.JPG
キラーン!!
はい、見違えました!!

DSC_2159.JPGDSC_2153.JPG
角度を変えるとこれまた新品みたいですね


お次はフレーム側です。
こんなに汚れが固着していたネジ山も、タップを切り直すと・・・
DSC_2154.JPG

DSC_2155.JPGDSC_2156.JPG

はい、ぴっかぴかに仕上がりました。
これで、動きが渋かったBBもすんなり入ります。
ちゃんとした精度を出してあげないと、
BBも歪んで入りますので厳密に言うと良くないんですね。
DSC_2157.JPG

外した直後のヘッドパーツはグリスがほとんどなくなっております。
これではハンドリングが渋く、重たい動きになってます。
DSC_2160.JPG

これをグリスアップして元に戻すと劇的にスムーズになります。
もちろん、前後のシマノハブもグリスアップをしております。
ホイールは路面に近く雨水の侵入も多いことから、グリスが流れ落ちている人結構多いです。
シマノハブはシール性が高いですが、ブロンプトンハブはホントにすぐ流れちゃいますので
定期的なメンテナンスをおすすめします。

DSC_2161.JPG


そして最後に車体を磨いていきます。

DSC_2149.JPG
DSC_2168.JPG
お客様が車体を大事にされていた事もありますが、ピカピカになりました!!
車体を拭くことは、自分でもできる簡単なメンテナンスなので是非やってみて下さい。
DSC_2197.JPG
今回使用した車体の汚れ落とし兼、コーティング剤は
WAKO'S Various coat(¥3,240-)
簡易ガラスコーティングができる優れものです。
しかも、スプレーして付属のクロスで磨くだけ!めちゃ簡単です。
是非お使いください。


今回行ったオーバーホール内容は
クランク・BBを外しパーツフレームの清掃&タップの切り直し
ヘッドの清掃・グリスアップ
ハブの清掃・グリスアップ
ホイールの振れ取り
ワイヤー類の交換
ハンガーの矯正
その他、調整及び清掃・パーツの交換・・・
といった所です。

2万~3万円前後で内容応相談と言った所です。
こちらは、3年に一度くらいのスパンで行う大がかりなオーバーホールです。
簡易版のリフレッシュという物もありますので、そちらも是非。

大阪店キクチ(春になったら自転車乗ろう)

10170890_445779035556988_536131211163937433_n.jpg
締め切りは2/23(月)!3/1はBLM Vol.3!

20150125_1.jpg
<<LORO公式オンラインストア>>

こんばんは、運動をした二日後に筋肉痛のピークを迎えるようになったタナカです。
年を取ると筋肉痛が来るのが遅れるといいますが、このことだったのですね。
ちなみに今日は筋肉痛三日目なので、痛いのはだいぶましになりました。

DSC_2138.JPG
DSC_2133.JPG
BROMPTONが入荷しました。
・・・よく見るとフロントフォークとリア三角フレームの色が違います。
そうです色が違う所はチタン!貴重なスーパーライトモデルが入荷しました。
スーパーライトモデルは原料の供給が安定しないため生産される台数が非常に少ないモデルです。
軽量なBROMPTONが欲しい方はこのチャンスをお見逃しなく!
(ちなみに写真は朝に撮ったのですが、奥に写っているRAWカラーは売約済みになりました。)
他のカラーの在庫などは店頭にてお問い合わせ下さい。

DSC_2037.JPG
そしてこちらはKHSのソフトテール
現行モデルはゴールドの物が付いているのでこちらは少し古いモデルです。
ソフトテールは小径車特有の路面からの突き上げを軽減するための物ですが
たまに分解してのメンテナンスが必要な部分でもあります。

DSC_2038.JPG
こちらの車体はソフトテールユニットのボトムキャップの六角レンチがかかる部分が
潰れてしまい、メンテナンスがしにくい状態になっていました。
お客様が十字に切り込みを入れて外せるようにしてありました。
今回はソフトテールユニットごと交換させて頂きます。

DSC_2040.JPG
ソフトテールユニットは細かなパーツが集まって構成されています。
左から二番目の黄色い物はエラストマーで、こちらは使用に伴って縮んでくるため
定期的に交換が必要な部品です。

DSC_2042.JPG
真ん中の黒くなったグリスが付いたエラストマーが縮んだもの、右側が新品です。
1cm以上は縮んでいるのが一目瞭然。
左の小さいのはエラストマーの切れ端で、縮んだ分に継ぎ足して使っていたみたいです。
縮んだエラストマーは固くなり、ショックの吸収性が悪くなるので早めに交換してあげましょう。

DSC_2041.JPG
ソフトテールを構成する各パーツをグリスアップしながら組み付けます。

DSC_2045.JPGDSC_2046.JPG
車体に取り付けて完成です。
このソフトテールのゴールドが個人的にカッコよくて好きです。
筋肉痛は放っておけば治りますが自転車のパーツはそうはいきませんよね。
車体の性能を100%引き出すためには日ごろのメンテナンスは欠かせません。
メンテナンスのお話が続きましたがそれだけ大事ですよって事です。
愛車に長く乗る為にもたまにはチェックしてあげて下さいね。

大阪店 タナカ(身体はノーメンテ)

10170890_445779035556988_536131211163937433_n.jpg
締め切りは2/23(月)!3/1はBLM Vol.3!

20150125_1.jpg
<<LORO公式オンラインストア>>

DSC_2099.JPG
こんばんは、久しぶりに登場のタナカです。
2/14はバレンタインデーでしたね。
LOROもお客様からチョコレートを頂きました。
ありがとうございます!!甘い物好きです!!
仕事中に一息ついた時のチョコはほんとに最高で疲れも吹っ飛びます。

DSC_2107.JPG
上の写真はブロンプトンのテンションプーリーです。
しばらく乗っているブロンプトン(特に2速、6速タイプ)のプーリーはこってこてに汚れています。
オイルと粉塵が混ざったかたまりがぎっしり詰まっています。
プーリーがついているテンショナーは自転車に付いたままだと掃除がしにくいですが
車体から外してしまえばかなり掃除しやすくなります。
プーリーを外すには、変速のワイヤーとロッドなどを外す作業が必要ですが、
先日のワークショップに参加して頂いた方はすでにマスターして頂けたかと思います。
ワークショップの内容はチューブ交換、チェーンマシンを使ってのチェーン洗浄でしたが、
応用すれば外したパーツの清掃に役立ちます。

DSC_2121.JPG
清掃後のテンションプーリー、かなりキレイになりました。
なかなか大変な作業だったのですが、プーリーの奥に詰まった汚れの塊をかきだして
キレイにしていくのは結構好きです。そして汚れの詰まったプーリーを見ると掃除したくなります。
でもタオルで拭く程度ではギアの奥に詰まった汚れまでは取り除けません。

DSC_2123.JPG
Zefal ZB Multi Brush ¥1,026(税込)

そんなときに便利なのがこのアイテム。
ブラシの部分でゴシゴシしてやればある程度の汚れは取れますが、
最初の写真のような汚れには歯が立ちませんでした。

DSC_2124.JPG
こてこての汚れには折りたたまれているスクレーパーの出番。
この部分で固まってしまった汚れをかき出してから、ブラシでゴシゴシ。キレイになります。
プーリーだけじゃなく、外したホイールやスプロケットの掃除に便利です。
キレイになった自転車に乗るのは気持ちがいいものです。(もちろん乗り心地も)
愛車のメンテグッズ、いろいろ揃えてます。
キレイな自転車で気持ちいい春を迎えましょう!!

大阪店 タナカ(こってり甘党)

10170890_445779035556988_536131211163937433_n.jpg
3/1はBLM Vol.3!
<<LORO公式オンラインストア>>
20150125_1.jpg

2015年初登場のタナカです。
皆さま明けましておめでとうございます!
今年最初のブログはメンテナンス。

DSC_1353-002.JPG
使い込まれてテカテカになったバーテープ。

DSC_1354-002.JPG
傷だらけになってしまった9速TIAGRA STIレバー。

DSC_1355-002.JPG DSC_1356-002.JPG DSC_1357-001.JPG

チェーンやスプロケットも消耗しています。
スプロケ、チェーン、チェーンリングを交換するなら
丸ごと10速のTIAGRAにしてしまおう!ということになりました。

DSC_1358-001.JPG DSC_1359-001.JPG

長年使われた車体のBBハンガー内部、えらいことになっています。
BBなんてほとんど外すことが無いので、何年かに一度はチェックした方がいいかもしれません。

DSC_1362-001.JPG
タップをきれいに立て直し、BB当たり面もフェイシングしました。

DSC_1390-001.JPG
新しく巻きなおしたバーテープは
リザードスキンズ DSP1.8MM バーテープ
吸い付くようなグリップ力が大阪店でも人気です。

DSC_1391-001.JPG
STIレバーも新品ピカピカです。

DSC_1394-001.JPG DSC_1395-001.JPG DSC_1393-001.JPG

スプロケやディレイラ―、クランクも一新。

DSC_1397-001.JPG
!Airnimal Chameleon エアニマル カメレオン" リフレッシュ完了です。
年末ぎりぎりにお預かりさせて頂いて、年明けにリフレッシュすることができました。
(O様ありがとうございます。)
今年もメンテナンスやカスタムのご相談たくさんお待ちしております。
よろしくお願いします。

大阪店 タナカ(エア×アニマル=エアニマル)

サイクルワークス福袋2015_main.jpg 2015新春キャンペーン全店_main.jpg
こんばんは、満腹度が5%を切りました大阪店のタナカです。
今日もBD-1の事を書きます。
BD-1のカスタム依頼が相変わらず多くて嬉しい限りです。
今回は往年のBD-1(先日使ったフレーズ)をALFINE 内装11速へカスタムしました。

DSC_0820.JPG
ホイールを組む前です。(作業前の全体写真を撮り忘れましたのでいきなり作業写真です)
ハブがごつい!!スポークの長さを計算して用意したら組み立て開始。

DSC_0826.JPG
リムやスポークなど、好みの物を使って組み立てることもできます。
今回はBD-1純正パーツで組み立てました。
ホイールが組み上がったら、車体へ取付。

DSC_0835.JPG   DSC_0955.JPG

9速Capreoから内装11段ALFINEへ。
内装ならではのとてもスムーズで静かな変速性能。
快適です!
ALFINE化する以外にもたくさんカスタムをご依頼頂いたので、続きからご紹介します。
寒い―!!
朝布団から出れなくなりそうなタナカです。
12月になって、街中では至る所でクリスマスソングが流れていますね。
毎年クリスマスソングが耳に入ると「ああ、今年ももう終わりやなー・・・」なんて思うのです。
皆さん愛車の状態はいかがでしょう、
傷んでしまっていたら是非今年の内にメンテナンスしてあげましょう。

DSC_0806-001.JPG
こちらは往年のストレートフレームのBD-1です。
長期間使用され、チェーンも錆びてしまっています。
今回はペダルを踏み込んだ際にチェーンが歯飛びしてしまうとのことだったので
チェーンの交換とフロントチェーンリング、スプロケットもチェックします。

DSC_0810-001.JPG
フロントチェーンリングはご覧のとおり、めちゃくちゃ摩耗しています。
チェーンリングのカバーも割れていました。
これは交換必須!!

DSC_0815-001.JPG
新品のチェーンリングと比べると一目瞭然!!
こんなになるまで良くここまで持ちこたえたなと思います。

DSC_0808-001.JPG
リアのスプロケット周り。
チェーンは錆びてるし伸びてるので交換。
スプロケットはトップギア側が摩耗していて、
新品のチェーンでも歯飛びしたのでこちらも交換します。

DSC_0816-001.JPG
DSC_0818-001.JPG
チェーンリングは52Tのガード付きに丸ごと交換。
スプロケット、チェーンも新品で見た目もピカピカ。
変速もスムーズに動くようになりペダルをしっかり踏み込んでも歯飛びしなくなりました。

今月はBD-1クラシックの豪華二本立てキャンペーン、かなり魅力的な内容です。
愛車の修理、メンテナンス費用に結構な金額がかかっちゃう場合は思い切って買い替える手も。。。
それでも普段使っている自転車は愛着が湧きますし、長く乗って頂きたいものです。
修理代はどんなもんなの?ってご相談にも乗りますので一度ご来店ください。

大阪店 タナカ(BD-1三昧)
今日は11/26ということで、いい風呂の日だそうです。
シャワー派なんですが今日はお風呂にゆっくり入ろうかと思います。
a0002_006556.jpg
お風呂に入れば大体は体や頭を洗って綺麗になってさっぱりしますよね。
日頃使っている自転車も使っているうちにいつの間にか汚れてきてしまいます。
これからだんだんと寒くなって自転車に乗る機会も少なる方も多くなると思います。
そこで今日はお家で自転車をきれいにできるメンテナンスアイテムをご紹介!

DSC_0638.JPG
PEDROS
Chain Machine Kit
価格:6,480円(税込)

PEDROS(ペドロス)はアメリカ発の環境を大切するケミカル&ツールブランドです。

DSC_0640.JPG
洗浄前のチェーンがこちら
雨の日も乗っているので結構汚れが溜まってますね。
このチェーンにチェーンマシーンをセットします。

DSC1_0641.JPG
セットしました。
お店で何回も使っているのでマシーンが汚れていますが新品は透明です。
マシーンは上下に分離するようになっていて上のタンクに洗浄液を入れます。
赤いレバーは上下のボディーをロックする役目と
リアディレーラーに引っかけれるアームになっていますが
今回はBROMPTONなので反対側に回してロックしています。
液の量は容器に1cm貯まる程度でOKです。

DSC_0141645.JPG
クランクを逆回転させながら赤いボタンを適時押して洗浄液を垂らしチェーンを洗います。
この時の注意点は
速く回さないこと
速く回してしまうとチェーンに付いた洗浄液が飛び散ってしまいます。
あとご自宅で行う場合は新聞紙などを下に敷いて作業するといいでしょう。

DSC_10648.JPG
ある程度まわしたら上のタンクに水を入れて洗います。
付属しているオレンジピールズは水溶性なので水と一緒に流れ落ちます。
この時も早く回さないように気を付けてください。
水を入れてシャバシャバになっているので余計飛び散りやすいです。

十分水洗い(すすぎ)したあとはタオル等でしっかり水分を取り除いてください。

DSC_01651.JPG
いかがでしょうか。
けっこうキレイになったのではないでしょうか。
これでチェーンに触ってしまっても汚れにくくなりますし
漕いだときのじゃりじゃりした感触から解放されます。
ミッシングリンクを付けていない車体にもおススメ!

洗浄後はチェーンオイルを塗布するのを忘れずに。
チェーンのリンク部分に水分が残っているかもしれないので
水置換性のオイルがオススメです。

チェーンがキレイになると気になるのがディレーラーやスプロケの汚れ。
そのような細かい部分の汚れにはこれです。

DSC_052637.JPG
FINISH LINE
GEAR FLOSS
20本入り
価格:907円

歯間ブラシをヒントに作られた自転車用歯間ロープ。
51cmもあるので使い勝手はよさげです。
まだ使ってないので使ったらご報告いたします。

大阪店サイトウ(逆回転遅回し)
brompfication.JPG
Brompficationオンラインストア

colorplus.JPG
COLORPLUSオンラインストア
*****************************************************************************************************
11月のキャンペーン!!
15THTYREL.jpg
*****************************************************************************************************
こんばんは、タナカです。
皆様三連休いかがお過ごしですか。
旅行に行ったりゴロゴロしたりサイクリングしたり。。。
LORO大阪は納車にメンテナンスに賑やかに営業しています!!
今日はBD-1のメンテナンス。

DSC_0070-001.JPG
2008年モデルにお乗りのお客様、一回乗ると60~80㎞の距離を走るそうで
タイヤの消耗や駆動部分の汚れがひどかったのでオーバーホールすることに。

DSC_0058-001.JPG   DSC_0059-001.JPG

DSC_0075-001.JPG   DSC_0060-001.JPG

6年間頑張ってきたパーツ達。
スプロケ、ディレイラ―、チェーン、オイルと粉塵の固まりがコッテコテにこびりついています。
チェーンも測ってみるとがっつり伸びちゃってます。
伸びたチェーンで走っているのスプロケット類の消耗を早めてしまいます。
新しい物に交換ですね。

DSC_0104-001.JPG   DSC_0103.JPG

DSC_0079-001.JPG   DSC_0105-001.JPG

スプロケ、チェーンは新品に交換。
9速チェーンはSHIMANO CN-7701が価格、性能、見た目共に申し分なしでオススメです。
チェーンリングは磨きまくりました。
コテコテの汚れを落とすのは大変ですが気持ちキレイになれば気持ちいです。

DSC_0061-001.JPG   DSC_0109-001.JPG

タイヤもすり減っているのと側面が割れてきて限界だったので交換。
すり減ってくるとパンクのリスクが高くなり、
地面との接地面積も増えるので走行感も重くなってしまいます。
ちょっと前にデザインとトレッドパターンが変更されたシュワルベのデュラノS。
タイヤを新品に交換するだけでも見た目はグッとリフレッシュします。

DSC_0108.JPG
オーバーホール完了のBD-1
試走チェックしましたが乗り心地もしっかりリフレッシュ!
愛好家が多いBD-1なのでメンテナンスの依頼も多いです。
ここまでコッテコテになっていても、ピッカピカにします。
メンテナンスをしっかりしてあげれば長く乗れるしっかりした自転車です。
長く乗れる自転車をお探しの方
BD-1に乗ってるけどメンテしてないなって方
LOROでお待ちしております!!

大阪店 タナカ(プーリーの掃除好き)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

御舟かもめ2014.11.16.jpg
クルーズポタVol.14~秋の特別版 枚方航路~【in LORO大阪】
クルーズポタVol.14予約開始!
詳しくはこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近 "肉" にしか興味の無いイワサです。
固くても柔らかくてもいいからとにかく肉が食べたい欲求に駆られております。
たぶん2~3行ほどで飽きますが、今回語尾に肉を付けてブログ書きます肉。
ちなみに今日のランチもロースカツ定食でした肉。

さて先日STRIDAのメンテナンスをしましたのでご紹介いたします肉。

DSC_9576.JPG
ペダルを踏み込んだ際の異音がするという事でしたので、先ずはベルトの清掃です。


・・・まだ鳴る。

で、ではペダル・クランクの分解・清掃で。


・・・まだ鳴る。しかし今まで和音だったのが単音に。

よーしよし、関節部分の分解・清掃・グリスアップだな。

!!


鳴りやみました~♪



・・・ところが今度は歯飛びするように。

スプロケを見てみると、、
DSC_9575.JPG
ちょっと!エベレスト山みたいに尖ってるよ!!

手前の新品にもピント合わせてみると、、
DSC_9574.JPG
はいはい新品は安定の富士山型ですね。

プラスチックのスプロケがこれだけ削られているのであればゴムのベルトも交換時期なので一緒に新品に交換しまして無事にすべてのメンテナンスと修理が完了です。

もうご購入いただいてから6年位経ちますかねぇ?
ご協力いただきました長崎県のY様ありがとうございました~。

そんなSTRiDAは大阪店にて豊富に在庫しております。
DSC_9758-001.JPG
STRiDA LT (70,000円税抜


DSC_9761-001.JPG
STRiDA EVO (145,000円税抜


試乗車もご用意しておりますので是非どうぞ~。

大阪店 イワサ(メンテナンスは無料)
facebook.jpg
こんばんは、タナカです。
台風が過ぎてから本格的に気温が下がり始めましたね。
特に朝晩は結構寒いので皆様風邪ひきなど、体調には気を付けて下さい。
日中は程よい日差しで自転車に乗るととても気持ちが良さそうです。
僕も走りたいなーなんかと考えているうちに真冬が来てしまいそうです。

さてさて今日は、ちょっとしたメンテナンスのお話です。

DSC_8883.JPG
こちらはキャリーミーのステーを留めている部分。
よく見るとブッシュが割れてしまっていますね。

DSC_8884.JPG
ステーを外してみると分かりやすいです。
小さなパーツですが、スムーズに折りたたみする際に重要なパーツです。

DSC_8886.JPG
新しい物に交換。
部品はひとつ180円、気づいたらすぐに交換してあげましょう。
在庫もありますよ。

DSC_9184.JPG
こちらはternのヘッドパーツのベアリングです。
ステム交換の際に分解してみるとグリスが劣化して茶色くなってます。

DSC_9189.JPG
分解ついでにキレイにしてグリスアップしてからもとに戻しました。
ベアリングなどは分解しないと中の状態がほとんどわかりません。
ゴリゴリした感触があったり音が鳴ったりすれば異変に気付くことが出来ますが
気付いた時には手遅れで、パーツの交換が必要って事が多いです。
なのでハブやヘッドパーツ、ボトムブラケット等の回転部分は、
異常を感じなくても定期的にオーバーホールしてあげないといけません。
気持ちいい季節はガンガン乗って、寒くなったらメンテナンスお待ちしています。

大阪店 タナカ(明日はそごう試乗会)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

御舟かもめ2014.11.16.jpg
クルーズポタVol.14~秋の特別版 枚方航路~【in LORO大阪】
クルーズポタVol.14予約開始!
詳しくはこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
どうもこんばんは、タナカです。
僕はいつもコンタクトレンズを付けているのですが、先日度数を少し上げました。
見える!見えるぞ!!私にも...
はい、以前より良く見えるようになって快適です。
目も、普段から悪くならないように労わってあげないといけませんね。
身体のメンテナンスもそうですが、自転車のメンテナンスも大事ですよって事で
本日はフレームのメンテナンスに便利なグッズをご紹介。

DSC_9673.JPG

バリアスコートはスプレーして拭き取るだけでガラスコーティングが出来る優れものです。

DSC_9680.JPG
箱の中にはスプレーと、拭き取り用の特殊マイクロファイバークロスが2枚入っています。
マイクロファイバークロスは柔らかくて、フレームの塗装面にも優しそう。

DSC_9684.JPGDSC_9686.JPG

お客様の自転車に見本となって頂きました。
左の写真が何もしていない状態。
汚れをきれいに落としてから、バリアスコートをスプレーして拭き取ります。
さすがに新車の様な艶!とまではいきませんでしたが、
かなり艶がよみがえりました。

DSC_9688.JPGDSC_9691.JPG

今度は当店の試乗車の泥除けです。
この泥除けは樹脂パーツですが、バリアスコートは樹脂パーツにも使用OK。
雨がかかって汚れているのと、細かい擦れたような傷がついています。
これも汚れを落としてから、バリアスコートを吹き付けてマイクロファイバークロスで拭き取ります。
こちらは新品の様にピカピカになりました!
さらにバリアスコートはピカピカにキレイにしたスプロケットのような
金属パーツのコーティングにも使えるのです!!

やっぱりきれいな自転車に乗る方が気持ちがいいですよね。
きれいにしていると愛車のちょっとした変化にも気が付いて、
トラブルも未然に防げます。
皆さんの愛車もメンテナンスしてあげて下さいね。

大阪店 タナカ(月食見れず)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★運動の秋 食欲の秋 ライドinLORO★
淀川RUN告知2aaa.jpg
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんばんは、タナカです。
お盆の帰省ラッシュによる渋滞がすごいそうですね。
通勤電車もいつもより混んでいました。

最近BB(ボトムブラケット)が錆びている自転車を
何台か整備する機会があったので紹介します。

DSC_8638-001.JPG
本日お預かりした自転車ですが、BBのシャフトの部分が錆びてしまっています。
手で回すと少しゴリゴリした感触がするので、グリスも無くなってしまっているようです。

DSC_8646-001.JPG
外したBBは劣化したグリスでコテコテに汚れていました。
BBを外した後のハンガーもタップを立て直したのですが、写真を撮り忘れてしまいました。。
以前のブログで錆がひどいBBハンガーがあったのでどんな感じかはコチラを見て下さい。

DSC_8643-001.JPG
こちらが新品のBBです。
ピカピカ!!
タンゲ精機が生み出すBBは回転も滑らかで高品質。
BROMPTONのBBをこちらに交換するカスタムは定番ですね。
お預かりした自転車もこちらのBBに交換して滑らかな回転を取り戻しました。

DSC_8644-001.JPG
こんなのもあります。
こちらのTOKENのTK868CTという商品です。
BBはケースにカーボンが使用されていてアクスルがチタン!
なのでタンゲのBBに比べて軽量です。

DSC_8648-001.JPGDSC_8647-001.JPG

軸長によって重さも少しだけ変わりますが
83グラム軽いです。
軽量化を重視する方には大きな差ですね。

BBは普段外して整備することはめったにないので
外してみるとフレーム内部に入り込んだ水などですごく汚れていることが多いです。
回転が悪くなると走行性能にもダイレクトに影響してきます。
自転車に乗る環境によっても違いますが、
2~3年に一度は外してチェックしてみた方がいいですね。
メンテナンスお待ちしております。

大阪店 タナカ(クーラーまだ故障中)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ooobd-1-15周年イベント-1.jpg
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

夏真っ盛り、色々な所を走っているタイムラインを見つめて
行った気になっているサイトウです。(ホントは行きたい)

DSC_21437.jpgDSC_24318.jpg
先日奈良県五條市の方を走ってきましたが、
自らの足で登った山からの眺望は格別でしたねー。
また行きたいですね、リベンジ高野山。

そのとき思ったのが
昔から遠出するときは空気圧は高めに入れてました。
空気圧を高めに入れた方が転がりがいい=疲れにくい、というのが理由です。

はたして、高圧に入れていれば間違いないのだろうか?

高圧に入れれば
接地面積が減る=路面抵抗が減る=よく転がるようになる
しかし
接地面積が減る=グリップ力が弱くなる=スリップしやすくなる
空気圧が高い=タイヤのクッション性ダウン=振動が増える
ということにもなります。

じゃあ空気圧低くすれば正解か、というと
転がりが悪くなる、タイヤがヒビ割れやすくなる、パンク(リム打ち)しやすくなる
とこれも正解ではなさそうです。

DSC_8500.JPG
タイヤの横には適正空気圧が記されてます。
タイヤごとに適正空気圧が異なりますのでタイヤを履き替えた際は
よく確認してくださいね。

シュワルベコジャック(16×1-1/4)の場合適正範囲は5.0-8.0BAR(70-115PSI)です。
この範囲内ならリム打ちもしにくく転がりも良さそうですね。
じゃあ、この範囲のどこに合わせたらしたらいいの?
ってなりますよね。

ネットで検索するとロードバイクの場合は結構ヒットするんですが小径車の場合は見かけません。
なのでこの5.0-8.0barを使用する人の一番分布が多そうな50~80キロで分けてみると

~50kg 5.0bar
50-60kg 6.0bar
60-70kg 7.0bar
70-80kg 8.0bar

ちょっと無理やりな配分な気もしますがあながち間違いでも無いような数字になりました。

この数値はあくまでも目安でしかないので後は乗り心地と使用感で
自分の好みに合わせていけばいいと思います。

タイヤによっては~PSIとしか書いていないもの(BROMPTON純正タイヤなど)がありますが
「~PSIまで入れろ」という意味ではなく
「~PSIまでしか入れないでね」
という意味ですのでお間違いのないようにお願いいします。

峠の下り等でブレーキを掛けたまま下るとリムがものすごい暑くなります。
その熱でチューブ内の空気が膨張してパンク、という話もよく聞きます。

まして只今夏真っ盛り。
クーラーの効いた部屋で空気を入れて外に出ただけでも多少の変化があります。
カンカンに入れ過ぎないようにご注意を。

空気いっぱい入れ過ぎて乗り心地を悪くしていませんか?
乗り心地が硬いと思ったら空気圧のチェックしてみてください。

参考文献
大阪店サイトウ(6.5bar)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ooobd-1-15周年イベント-1.jpg
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こんばんは、タナカです。
一日中雨が降っています、大阪。
寝るときに涼しいのは嬉しいですが、靴下まで濡れるのはすごいイヤです。

今日も足元の悪い中たくさんのお客様にご来店頂きました。
ありがとうございます。
靴下まで濡れてしまった方もいるかもしれません。
そんななかでシマノAlfineの内装ハブのオイル交換のご依頼がありました。
お客様も「以前より、乗り味が重たくなった気がする。」とのことだったので、
早速オイル交換の作業に入ります。

DSC_8471-001.JPG
オイルを抜くための専用の注射器をつないで中のオイルを抜き取ります。

DSC_8472-001.JPG
真っ黒!!
新車時から700kmほど走って頂いているそうなのですが
予想以上の汚れ具合です。
ハブの中に入っているオイルなので、
実際に抜き取ってみるまでどれだけ汚れているかわかりません。

DSC_8473-001.JPG
こちらが新しいオイル。
綺麗なグリーンです。
新しいオイルと比べると700km走ったあとのオイルが、
どれだけ汚れているのかが良くわかります。

Alfineの内装変速を使っている方、乗りっぱなしになっていませんか?
最初のオイル交換は使用開始から1,000km走行時、
その後は5,000km毎か、そんなに走らないよって方も2年に1度の交換が必要です。
特に小径車は、ホイールの回転数が多いので、
メーカー推奨よりも早めに交換してあげた方がいいかもしれませんね。
作業時間は30分~1時間程度です。
メンテナンスご依頼お待ちしております。

大阪店 タナカ(替え靴下常備)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ooobd-1-15周年イベント-1.jpg
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こんばんは、タナカです。
今年は寝るときにクーラーを使わないと決めました。
暑くて汗かきますが、何とか寝れます。
小さな節電に貢献しているつもりです。

今日はメンテナンスのご紹介です。

DSC_8425.JPG
最近発売されたCLASSICのグラファイトカラーではなく
モノコックフレームになる前のストレートフレームのBD-1です。

チェーンリングを大きくしたい、傷んでいる所があれば部品を交換して欲しい
とご依頼を頂きました。
エアーやブレーキ、変速調整などの基本的なメンテナンスに加えて、
ワイヤー類の全交換、ホイールの振れ取り、RDハンガーの調整を行う
リフレッシュメンテナンスをベースに作業させて頂きました。

DSC_8384.JPG
DSC_8426.JPG
回すのも大変なほど錆びてしまっているボルトも新品に交換。
交換が必要なパーツは、お客様とご予算を相談させて頂いて交換していきます。
こういった細かいパーツもBD-1コーナーにいろいろ並べてありますよ!

DSC_8380.JPG
BBも錆びていたので外してみるとコテコテに錆がたまってしまっています。
そのまま新しいBBを取りつけるわけにはいきませんので、
清掃しタップも綺麗に立て直してやります。

DSC_8381.JPG
綺麗になりました!

DSC_8427.JPG
チェーンリングはPOWERTOOLSのチェーンガード一体式の60Tに交換。
ギア比が上がりより早く走れるように。
定期的にメンテナンスをしてあげることで自転車の寿命はだいぶ長くなります。
メンテナンスしないで乗りっぱなしの方!
壊れて直せなくなってしまう前にメンテナンスしてあげましょう。
自転車も傷んでいる所を早く見つけた方が修理にかかる費用も安く済む事が多いです。
暑くて自転車に乗るのはちょっと...って時はメンテナンスしてあげるのも良いですね。
キャリーミー夏トクキャンペーンの駆け込みも待ってます!

大阪店 タナカ(クーラー故障してるだけ)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

キャリーミー夏得キャンペーン
LORO15周年企画、第三段 詳細はこちら
キャリーミー夏トク_r2_c2.jpg
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日は待ちに待ったワークショップですね。

今回はBD-1、BROMPTONのタイヤ&チューブ交換のレクチャーです。
さらにホイールを外しますので、その際にできる整備や清掃ノウハウも教えちゃいます。

・・毎回この「整備や清掃ノウハウも教えちゃいます」が気になっておられた方多いと思います。

ほんの一例をご紹介しますと、、

まずは何はなくともフェンダー裏の清掃!
DSC_8058-001.JPG
これ結構重要なんです。
思わぬものがくっ付いてたりして、ふとした時にブレーキに挟まっちゃうと事故の元ですからね。

そしてそのブレーキも要チェック!
DSC_8059-001.JPG
シューの減りはもちろん、その減り方や異物が刺さってないか?とか。
鉄屑とか小石が挟まっているとダイレクトでリムを傷めますので、この部分もホイール外した時には必ず入念にチェックです。

あとこれも大事、
DSC_8060-001.JPG
ハブ軸の清掃

油汚れや泥や草、そしてなぜか髪の毛とかが巻き付いてたり・・・怖いけど。
回転を阻害するものばかりですので迷わず除去しましょう。

・・などなど、この他にもお使いのBROMPTONにあわせてご案内できることがたくさんあります。
是非この機会にレクチャーを受けにワークショップご参加ください。

DSC_8062-001.JPG
パンク修理グッズも充実させてあなたのご来店お待ちしております。

大阪店 イワサ(KTCタイヤレバー愛用)
facebook.jpg
ワンダイレクションのストーリー・オブ・マイライフ和訳版PVを見て、男子の切なさを知りました四十路真っ只中イワサです。

DSC_2706-001.jpg
さて大阪店前の東横堀川沿いの桜もぼちぼち咲き始めるくらい暖かくなってまいりましたので、そろそろまた自転車乗ろうかなと思っているあなた。
あなたの自転車メンテナンスしますよ。

冬の間乗らずにずーっと置きっぱなしにしていると、、

DSC_5854.JPG
このように地面に置いていたところが凹んだままになってしまいます。

さらに凹んだところをよく見てみると、、

DSC_5853.JPG
ゴムが劣化してヒビ割れていることが多いです。

このヒビ割れを見落として空気を入れちゃうと中のチューブが飛び出してきてバースト!、、つまり破裂しちゃいます。
『見落としバースト』は自転車店の新人あるあるです。

まぁうちの新人タナカは既に3年の自転車屋経験がありますからそういうミスはしませんけどね。
私はたまにします。

この場合はタイヤ&チューブ交換(1台分約10,000円~)メンテナンスをオススメいたします。

交換作業のついでに汚れたスポークを、、

DSC_5856.JPG
DSC_5857.JPG
一本ずつ綺麗に拭いたりもしますよ。

あとスプロケットも、

DSC_5861.JPG
分解清掃したりします。

・・なんて、
ひとつひとつの作業をここに書いていくと、
とんでもなく長いブログになるので、
静岡県の木造橋世界記録の蓬莱橋くらい長くなるので、
詳しくは店頭でご相談くださいね。

大阪店 イワサ(1Dゼイン派)
facebook.jpg
LOROではお買い上げ頂いた車体を、整備点検してからお渡しさせて頂いております。
その整備点検って何してんの?
という事で、改めてご説明を。
DSC_4792-001.JPG
↑こちら「KHS Cappuccino」で作業内容をご紹介。(続きは下をクリック!)
日曜日は天気が不安定ですね、、、
晴れてくれることを心から願うばかりです。
こんばんは、サイトウです。

最近オーバーホールのご依頼を多く受けさせて頂いております。
皆さまの自転車を大切にして頂けるお心、非常にうれしいです。

自転車も自動車や包丁などと一緒、
適時メンテナンスをしてあげないと
せっかくのいい物が100%の力を発揮しなかったり、
壊れてしまったりします。

当店で購入して頂いた自転車は永年基本メンテナンス無料で
行っておりますので是非お持込みください。

1376424_668826443147736_142621662_n.jpg
コチラのFBに画像をアップしたところアジアの方々に
いっぱい注目された超時空要塞マ〇ロス
Tyrell FX
先日オーバーホールのご依頼にてお預かりした1台です。

作業風景は作業に没頭してしまうので撮れてませんが
もうじき完成予定です。

LORO大阪店では各種メンテナンスを行っております。
車体全般のメンテナンスメニューはこちらから

その他ALFINEのオイル交換、
BROMPTONのリアハブオーバーホール、
ブレーキ本体オーバーホール等
各種受け付けております。
詳しい内容、費用などはスタッフまで。

今年の夏、自転車でいっぱいお出掛けした方お待ちしてます!

DSC_2942-001.JPG
少し前(と言っても8月ですが、、、)に納車させて頂いた
BSモールトン BSM-R9です。
(Y様撮影ご協力ありがとうございます!)
そろそろ定期メンテナンスお待ちしてますね!

当店ではBSモールトン、アレックスモールトンも
取り扱いしてございますので
気になる方はお問い合わせお待ちしております。

大阪店 サイトウ
クルーズポタ大盛況! ご参加有難う御座います~! 

定員いっぱいで参加出来なかったお客様申し訳ありません。。

定期的に開催しておりますのでブログを要チェックでお願いします!

DSC_0099.JPG 
しまなみ海道へ行かれたお客様より差し入れを頂きました!
いつも有難う御座います!!

本日はメンテナンスのご案内です。

自転車シーズンに突入し眠っていた自転車で久々に走られたお客様もきっと多いことでしょう。

でも以前よりも・・・ なんか走らない・変速が変わりにく・動きが・・ 等々出ていることでしょう
 
LORO大阪店ではメンテナンスメニューをご用意しております。

今回はメンテナンスメニュー「リフレッシュ」をご指定頂きました。

DSC_004585.JPG
(メンテナンス前の写真を撮り忘れました・・すいません。)

BD-1 ご購入後初めてのメンテナンスという事でお持込頂きました。

未だ人気の高いストレートフレームモデル。
かなり使い込まれた状態でお持込頂きましたが写真のとおりよみがえっております。

DSC_004594.JPG
アウターに折れた癖がつきやすいBD-1。
ブレーキ・シフトのアウターインナーを全交換です。

DSC_004587.JPG

DSC_004589.JPG

前後のブレーキシューの消耗で交換予定でしたが、
今回はブレーキ本体ごとDEOREへ。
制動力・精度共にアップグレードします!

ブレーキシューのみ片側916円(税込)。 DEOREブレーキ本体で片側1,793円(税込)

皆さんならどちらを選択されます!? 

DSC_004591.JPG

走りと・耐久性を両立させたシュワルベ「マラソンレーサー」を選択。

DSC_004593.JPG

サドルは新商品のPDW「Dios Thronous」雨・破れに強く お尻が滑って力が逃げません。
クッション性も良くスポーティーなフォルムです。3,200円(税込)


メンテナンスメニュー「リフレッシュ」    

●LOROでご購入頂いた車体 10,500円(税込)  ●他店でご購入頂いた車体 14,700円(税込)

空気圧チェック・ブレーキ消耗チェック・チェーン消耗チェック・エアー充填・ブレーキ調整・シフト調整・
各部ネジ増し締め・ホイール振れ取り・ブレーキワイヤー交換・シフトワイヤー交換・RDハンガー調整

上記の作業内容をさせて頂きます。

※作業時間 約120分 混雑状況によりお預かりさせて頂く場合が御座います。
※交換パーツは別途

リフレッシュの目安としては6ヵ月~1年以上使用された車体がおすすめです。

リフレッシュ以外にもメンテナンスメニューをご用意しております。
車体の状態に応じてご案内させて頂きますのでお気軽にご相談下さい!

ご来店お待ちしております~!


おばんどす、アキヤどす。

寒い中、昨日なんか雨も降る中わざわざワークショップにご来店頂き、
誠にありがとうございました!!!

IMG_7865.JPG
顔色は青くとも心は熱く燃えているサイトウによる丁寧かつみっちりとしたレクチャー、大変ご好評頂きまして、本人も喜んでおります。

IMG_7882.JPG
多くの方にご来店頂き過ぎてしまって、ちょっと距離感あり過ぎたかも知れませんね。。。また今後も続けて行くので、何度でもご参加ください。

暖かくなって晴れていれば、近くの東横堀川とかでみんなでワイワイってのも楽しそうですね。今後もあの手この手で盛り上げていきますのでよろしくお願いします。
あ、「ここレクチャーしてよ」なんてなリクエストももちOKです。ご遠慮なく!

IMG_7896.JPG
今日はLEZYNからお待ちかねのLEDライトとかも入ってまいりましたが、明日のイワサ、いやコブラに引継まーす。

そうそう、『BROMPTON LOVERS MEETING』としてしまなみ海道行ったり、クルーズポタで枚方行ったり(これは絶対に参加すべき!!!近々詳細UPします)と他にも色々イベント盛りだくさんなんで、一緒に春を迎えましょねー。

あ、今年は花見もやりますよ!!!持ち寄って飲みまくりましょー

大阪店 アキヤ(ドミニク)

facebook.jpg

LORO大阪店限定販売の福袋まだあります!
買い逃した方はお早めに!
こんばんは、サイトウです。

寒くなると自転車に乗る機会も減ってくる方もいるのでは?
なら乗ってない時に日頃使っている自転車のメンテナンスしませんか?

今日はメンテナンスのおはなし。
~チェーンの掃除編~

本日参考にするのは、チェーンメーカー「KMC」が
youtubeにアップしたばかりのこちらです。

動画の冒頭でなかの人が言ってますが
なぜチェーンのメンテナンスをするのか?
①駆動系の物持ちが良くなります
②キレイな見た目は気持ちいいです
③メカトラブルが少なくなります

あとチェーンの音鳴りも少なくなるし、漕ぎも軽くなりますね!

映像ではチェーンの伸びも測っていますが、
今回はお家でもできる範囲でご説明させていただきます。
作業に必要な物は
潤滑油(チェーンオイル)
②ブラシ(これは必要ならば)
③ウェス(布)
クリーナー(ディグリーザー)

作業の手順は
①ギヤをアウタートップへ
②ウェスにクリーナーを染み込ませチェーンをきれいに拭く
③汚れがひどい場合はチェーンリングやディレーラーの
プーリー、スプロケットもブラシやウェスでキレイにする
④潤滑油をチェーンに塗る
⑤余分な潤滑油をふき取る

潤滑油を塗るときはリムのブレーキ当たり面に付かないように
気を付けながら作業してください。

ワークショップでも稀に開催してますので
その際は是非ご参加ください~。

大阪店 サイトウ

Shop Info.

住所:大阪府大阪市中央区東高麗橋4-7
電話:06-4793-1707
Fax:06-4793-1708
営業時間:10:30~19:30
定休日:年末年始

アーカイブ