お待たせしました‼ブロンプトン用コンチネンタルタイヤ大量入荷いたしました‼

皆さまこんにちは、大阪店フジイです‼10月に入り朝夕のサイクリングは少し肌寒くなりましたね‼

本日は入荷情報お届けいたします‼
20211005001.jpg
Continental CONTACT URBAN 16x1.35/35-349 (税込 ¥3,850/本)
お待ちの方、お探しの方お待たせしました、暫く品切れ状態がつづいてましたがようやく入荷です‼
先ずはタイヤのスペックからご紹介します‼
20211005002.jpg
サイズは16インチの349規格のサイズになります‼ほぼブロンプトン用と言ってもいいでしょう‼
202110050010.jpg
タイヤの太さは1.35インチ(約35mm)空気圧はMin.65psi~Max.116psi(4.5気圧~8気圧)
自動車では考えれない高気圧ですね‼自転車の高圧タイヤではこれが普通です‼
20211005003.jpg
ワイヤービードの重量は約270g、ケーシングは180tpiです。

TPIとは、「Thread Per Inch(スレッド パー インチ)」の略語であり、ケーシングの1インチ(2.54cm)あたりの繊維の総数を意味します。 ケーシングはタイヤを構成する繊維のカタマリであり、空気(チューブ)の受け皿となっています。ケーシングはゴムと繊維(ナイロン、コットン、ケブラー、ポリコットン等)で出来ています。この数値が低い場合、タイヤのケーシング(内側)内の繊維1本1本が太い繊維で構成されていることになります。その場合、剛性が高く、タイヤの変形が少ないタイヤとなります。逆にこの数値が高い場合、繊維は細く軽量で、より柔軟性の高いしなやかなタイヤとなります。 柔軟性の高いタイヤは、路面に合わせてタイヤの周りを柔軟に変形させることで路面の凸凹による振動を吸収することが可能です。
TPIが低いタイヤ
→繊維が太く、剛性が高い。タイヤの変形が少ない。
TPIが高いタイヤ
→柔軟性が高く、しなやか。グリップ力が上がる。

つまりTPIが高ければいいタイヤということですね‼
20211005004.jpg2021100500201.jpg
今回デザインも微妙な変更がありました‼やっぱりコンチネンタルカラーが入ってると満足感ありますよね‼
20211005006.jpg20211005007.jpg
トレッドパターンです、非常に転がり抵抗が少なく特にオンロードでのグリップ感はしっかり路面に食いついてくれる感じです‼タイヤ自体は若干固めで、耐久性も高そうです‼また完全スリックタイヤと比べて、雨の日やマンホールや金網を走った時のスリップや制動距離の大幅な低下も溝がある為、安心して乗れます‼特に耐久性は今後もどれだけ長持ちするか楽しみですね‼
20211005008.jpg20211005009.jpg
ブロンプトンの装着例です、サイドウォールリフレクターはホイール反射板がないブロンプトンにとっては嬉しい安全性ですね‼
タイヤ交換を考えられてる方、丈夫でよく転がるタイヤをお探しの方是非この機会にタイヤとチューブ一式交換して秋のサイクリングに出かけてみてはどうでしょうか⁉
当店では試乗車にもコンチネンタル装着してますのでぜひお試しください‼


大阪店フジイ(自転車の秋)
インスタグラム.jpg

期間延長決定!乗り倒せキャンペーン第1弾
2021STRiDAキャンペーン_4-thumb-600x276.jpg

乗り倒せキャンペーン第2段!10/1~10/31
2021Birdyキャンペーン_ブログ.jpg

Shop Info.

住所:大阪府大阪市中央区東高麗橋4-7
電話:06-4793-1707
Fax:06-4793-1708
営業時間:10:30~19:30
定休日:年末年始

アーカイブ