オリンピックレポート!

こんばんは、大阪店DJツカモトです。

先日開催されたTOKYO2020オリンピックのトラック競技を見てまいりましたので感想を書いていこうと思います。

観戦してまいりました競技はもちろん自転車競技のトラック競技。
開催地は、日本で唯一国際自転車競技連合の規格(1周250m)に沿った木製走路を備えた伊豆ベロドローム。

1-IMG_5883.jpg
残念ながら会場へ自転車の持ち込みはできませんので体験できませんでしたが、
スタートは、サイクルトレインでも有名な伊豆箱根鉄道の修善寺駅からシャトルバスが出ておりました!
修善寺では改札を出るとメディアの方がめちゃくちゃ写真を撮っておりました。

1-IMG_5884.jpg
写真は少なめなのでいきなり入場しておりますが、プレハブ小屋の窓に覗く各国の選手たち用のバイクを運ぶ遠征ボックスのようなものが見え、興奮いたしました。
プラ段をメインで使っており、飛行機輪行のお手本的なものを垣間見ることができました。

IMG_5887.jpg
人生初の本格トラック競技場に大興奮いたしました。
同時に会場入りしている選手などもおり、早くも歴史的な瞬間に立ち会えているような気持です。

1-IMG_5889.jpg
観客数はほとんど埋まっておらず、悲しさを感じましたが会場は本当に広く圧巻でした。
人生で二度と経験できない体験を出来ていると実感いたしました。
(応援はマスク着用、拍手のみ。)

1-IMG_5893.jpg
1-IMG_5906.jpg
1-IMG_5894.jpg
会場で走っていたバイクは各国の最新鋭の技術を駆使したトラックバイクたちで埋め尽くされており、純粋に自転車が好きな僕は大興奮でした。

1-IMG_5909.jpg
そして、世界で最も注目を集めたバイクがコチラ。
英国代表選手(Team GB)たちが跨っていたスーパートラックバイク。
こちらはHand made in the UKでお馴染みのHOPE Techと同じくイギリスのスパーカーブランドのLOTUSが共同開発をしたトラックバイク。
フレームセット、ホイール、ハンドル、クランクセット、チェーンリングなどの自転車を構成するほとんどのパーツをハンドメイドでこのTokyo2020で勝利をつかむために開発、制作した希望の結晶。

従来の自転車の形状を逸脱するこのバイクはどのバイクよりも無音で走り抜けておりました。
価格は何と日本円で約500万円!!

めちゃくちゃカッコイイです。
シートステーやフロントフォークは極限までに幅を持たせて薄くしておりますね。
カーボンの接合にはチタンが使われているんだとか。

1-IMG_5915.jpg
1-IMG_5916.jpg
決勝戦まで目の当たりにすることができた女子チームスプリントでは、中国チームが快進撃を見せ、金メダルを獲得しておりました。
続いてドイツが銀メダル、ROC(ロシア)が銅メダルを獲得しておりました。
他にも、予選にあたる女子チームパシュートでは、ドイツチームが今までの記録を3秒近くも塗り替えるワールドレコードを叩き出したりと多くの感動を経験することができました。

一応見逃し配信のリンクを置いておきますので、皆様も感動を共にしていただければと思います!

1-IMG_5940-00.jpg
最後に辛うじて富士山とツーショットのブロンプトンを。

大阪店ツカモト(T.T.って書いてるシャツの人映ったら僕です)

インスタグラム.jpg

LOS2ndバナーkai.png
ユーチューブ-バナー3.jpg
LORO20thー予約バナーai.png

Shop Info.

住所:大阪府大阪市中央区東高麗橋4-7
電話:06-4793-1707
Fax:06-4793-1708
営業時間:10:30~19:30
定休日:年末年始

アーカイブ