Sunrise Cycles大阪展示会に行ってきました!

オーダーフレーム。
自転車に夢中になった方なら一度は欲しくなる、自分の為に作られたフレーム。

オーダーフレームはロードバイクなど大きな車輪の自転車だけと思われがちですが、
小径車でもオーダーフレームが可能なんです!

LOROグループで取り扱いしていますオーダーフレームメーカーは
東京は中落合に拠点を構えます「Sunrise cycles」さん。

110615_01.JPG
オーダーフレームの魅力は自分に合ったサイズで自転車を作れることもそうですが、
既存メーカーが作っていない仕様のものが作れるところも魅力の一つです。

上の画像は2011年6月にデモバイクを持ってきたときのものです。
シングルスピードディスクブレーキ専用フレームという
この形状は2015年末の今でも他で見たことがありません。

「こんな自転車が欲しいな(楽しいな)」を形にできるのがオーダーの魅力です。

DSC06145-001.JPG
Sunrise cyclesビルダー 高井氏

小径車にも精通している氏は小径以外にもロード、MTB、コミューター、ジャンル問わず
様々なフレームを今まで作成してきています。
Sunrise cyclesの特徴は高井氏自ら作るスモールパーツやラグにあります。
他のブランドでは既存の物を使うことが多いそうですが、氏はそこにまでこだわりを持っています。

今日は天王寺「BICYCLE STUDIO MOVEMENT」さんで開催された展示会へ行ってきました。
小径車の展示はありませんでしたが、非常に独創的で魅力的なフレームが
展示してありましたのでご紹介いたします。
フレームオーダーする際のご参考になればと思います。
DSC06147.JPG

こちらはBB下のワイヤー受けです。左が前方になります。
BB下のワイヤー受けはシマノのSTIを買えば付属してきますがそれでは面白くない。

DSC06150.JPG

フロントフォークはダイレクトマウント専用設計。

DSC06154-001.JPG

こちらはマウンテンバイクのフレームです。
本来溶接されているはずのシートステーとシートチューブが繋がってない!
ウェーブ状のフレームもとても面白いです。

DSC06156.JPG

ボトルケージのダボ穴にエンブレムが!
細かな装飾ができるのもオーダーならではですね。

DSC06158.JPG

圧巻のフロントフォーク!
はじめどういう構造なのか理解できていませんでしたが
詳しく見てみると「あぁ、なるほど!」な構造でした。

DSC06164.JPGDSC06165.JPG

これはISP(Integral Seatpost)と言ってフレームとシートポストが一体となっている形状です。
通常はカットして高さ調整するんですが、これは蓋をしてカットできないのでまさに自分仕様!
サドルを付けてしまえば見えなくなってしまう場所ですがこういったところにまで拘れるのが
オーダーフレームのいいところです!

オーダーフレームは敷居が高そうに思われがちですが「こんな感じで使いたい」
「こういう乗り味がいい」などざっくりしたイメージでオーダーしてもOKです!
まずはご相談ください!

DSC_1965a.JPG
Sunrise cycles
M535(ロードタイプ)
C-T間:535mm
マルチトラックエンド
Fフォーク付き
価格:120,000円(税別)

現在大阪店ではSunrise cyclesのフレーム在庫がございます。
フレームサイズは535mmですので適正身長は170cm~となります。
こちらのフレームもシートステーとシートチューブが繋がっていない
変則的なフレーム構造となっております。

まだまだ形が定まり切っていないですが
ボクもいつかはオーダーフレームを!と考えています。
自分にピッタリのって特別ですもん、大切に乗っちゃいますよね。

大阪店サイトウ(小径ディスクロード興味あり)
ィンターキャンペーン実施中!
詳細はバナーをクリック!
全画面キャプチャ 20151209 141205.jpg

全画面キャプチャ 20151209 141047.jpg

Shop Info.

住所:大阪府大阪市中央区東高麗橋4-7
電話:06-4793-1707
Fax:06-4793-1708
営業時間:10:30~19:30
定休日:年末年始

アーカイブ