6月1日から道路交通法が改正されます。

本日はどなたでも身近な道路交通法改正についてお知らせします。

6月1日に道路交通法が改正され、自転車に対して今までは
相当な悪質の違反があったときに罰金刑が科せられることしかありませんでした。

今回の改正は自転車の違反に対して罰則を強化が大きなトピックになります。
自転車に乗る人が対象になりますので子供から大人まで全員が対象です。
6-11.jpg
内容は3年以内に2回取締りを受けり交通事故を起こした場合
警察が実施する「自転車運転者講習」を
受講しなければならない、というものです。
6-12.jpg
自転車運転者講習は受講料が5,700円です。
3時間の講習を受けた後テストもあります。
実際に掛かる費用もですが拘束時間も長いので
違反した場合に掛かる負担は大きいですね。
6-13.jpg
もし受講を拒否(しない)と裁判所への出頭命令を出され5万円以下の罰金刑となります。
こうなると前科が付いてしまいます。
6-14.jpg
そこで違反となる危険行為は上記の14種類です。
信号無視や遮断踏切立ち入り酒酔い運転などわかりやすいものもあります。
通行禁止違反は道路の右側走行(所謂逆走)はもちろんですが、
自転車は除くと書いていない一歩通行への逆走も違反対象です。

歩道がある道を通行する際は基本車道を走行しなければいけません。
やむを得ず歩道を走行する際は最徐行。

安全交通義務違反は非常に広義であり
傘さし運転、両耳をイヤホン・ヘッドホンで塞いでの運転、
携帯電話(スマホ)を操作しながらの運転などが含まれています。
あと無灯火運転も。

一旦停止の指示がある場合は地面に足をつけて完全に止まらなければいけないそうなので
ブラインドの十字路などは取締りポイントになりそうですね。

当たり前のことと言えば当たり前のことだったのですが
今より一層厳しく取り締まることになりそうです。

悪質な違反者を取り締まることには大いに賛成ですが
道路や法の整備がまだまだ完全でははいのも事実。

交通量の多い道を前後に子供を乗せたお母さんが
びゅんびゅん走る自動車の横を通るのがはたして安全なのでしょうか?
現在自転車の整備は任意となっています。
それって安全なんですか?

罰則を厳しくして自転車を使う人のモラルが向上することよりも
罰則が厳しくなる前にモラルが向上する社会になってほしいものです。

大阪店サイトウ(スマホ無灯火逆走、ダメ、ゼッタイ)

Shop Info.

住所:大阪府大阪市中央区東高麗橋4-7
電話:06-4793-1707
Fax:06-4793-1708
営業時間:10:30~19:30
定休日:年末年始

アーカイブ