2016年モデル以前のBROMPTONにラピッドミニを付ける方法

こんにちはタナカです。
今日はすごくいい天気でしたがまだ風は冷たいですね。
新生活で使う自転車を見に来ていただくことが多くなってきました。
もう3月、春ですね。

さてさて、最近発売された新しいBROMPTON純正のUSB充電式リアライト、
ラピッドミニの情報が各店でアップされていましたが
福岡店にもがっつり入荷していますよ~!

DSC04835.JPG

CATEYE
Rapid mini
価格:4,200円(税別)

_DSC8343.JPG

2016年モデルの途中から専用のマウントで
サドルの裏にライトを付けられるようになりました。

IMG_6210-001.jpg

サドルの裏にこんなネジ穴が開いてれば取り付け可能です。
2017年モデルからは全てのサドルがこの仕様になっていますが、
2016年モデルの場合はネジ穴がないものもあるので要確認です。

2016年モデル以前のBROMPTONオーナーで
「サドルの裏にネジ穴無いし。ガーン」って方は
別のところに取り付けする方法を発見(お客様のFさんに教えてもらいました)ので
こっそりと教えちゃいます。

1DSC_8498.JPG
取り付けする場所は標準でリフレクターがある場所です。
キャリア無しの場合はここのリフレクターと入れ替えます。

1DSC_8499.JPG
ここで登場のキャットアイのリアラックブラケット。
何かの顔に見えないこともないこのブラケットがミソなのです。

1DSC_8500.JPG

リフレクターを外したハート形の金具に取り付けできます。
リアキャリア付きの場合もリフレクターと入れ替えで取り付けできます。

1DSC_8501.JPG

するとここにラピッドミニが取り付けできます。
この写真はラピッドミニじゃなくラピッド3オートです。
このライトは単三電池を使用するタイプ。
明るさと振動を察知するセンサー内蔵で走行時に周囲が暗くなると自動で点灯します。

_DSC8424.JPG

こっちがラピッドミニです、
ミニという名前だけあって小さいですね。
器用な人はブラケットのはみ出る部分をカットすれば
もっとスッキリした見た目に出来そうです。

1DSC_8506.JPG

後輪を折りたたんだ際の地面とのクリアランスも問題なし!

1DSC_8510.JPG

サドルに取り付けするのと比べ、点灯する位置が低くなってしまいますが
普通の目線からだと視認性は十分です。
リフレクターを外すことになるので夜間走行時は必ず点灯し、
電池残量には気を付けましょう!

ライトの取り付け場所に悩んでいた方はこんな方法もはいかがでしょうか。

-------------------------------------------

3.jpg
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
スタッフ募集のお知らせ

LOROグループはスタッフを募集しています。
自転車先進国ヨーロッパやアメリカなどの
ニュースタイルビークルを広めていく夢のある仕事です。

ご興味ある方は→コチラのリンクをご覧ください。
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

Shop Info.

3月17日オープン!
住所:福岡市中央区大手門1丁目2-1 花房ビル1F
営業時間:10:30~19:30
定休日:水曜日