ホームページをリニューアルしました。
下記リンクよりご覧いただけます。

LORO BICYCLES新ホームページ

こんにちは。 野々山です。

今日は昨日の淡路島ネタからは離れて、TREK WORLDのお話です。

淡路島の続編は、また次の機会に。


1-DSC02452.JPG
さて、今日は先日発表された Aeolus XXXアイオロス トリプルエックス

試乗インプレッションをご紹介致します。


試乗インプレッション!?


と思われる方もいらっしゃると思いますが、

実は、TREK WORLDの会場試乗ホイールがあったんです!


この機会に使ってみなきゃ損でしょ!!

ってことで淡路島一周終わりの僕の自転車に載せ換えて試乗してきました~。


1-DSC02450.JPG
自転車:EMONDA SLR(SRAM RED)


僕の愛車は、EMONDA SLRのPROJECTONEで作成した自転車です。

コンポーネントはSRAM REDで組まれています。

普段のホイールは、もちろんAeolus 3 D3 Tubularホイールです。


1-DSC02460.JPG
普段の重量はライトやペダル、サイクルコンピュータを取り付けて6.44kgです。

UCIのレギュレーションは違反していますね(笑)


しかし!!!!



今回のAeolus XXX Tubularを挿入すると~

1-DSC02455.JPG
驚異の5.98kgです!


いやはや~。

メーカーのホイール重量公表値が

Aelous 3 D3 Tubular : F:510g / R:650g

Aeolus XXX Tubular : F:420g / R:556g
その差はF:90g / R:94g の合計184gとなります。


それとタイヤも幅が違ったので記載しておきます。

R4 320 Tubular 23c : 280g

R4 320 Tubular 25c : 300g
こちらはタイヤなので2本使いますよね?

という事で、(300-280)×2本=40gとなります。



いやいや待って下さいね。

460gは軽くなっているので、まだ何か差があるんですね。。。


むむむ~


あ!

僕のタイヤにはBontragerのタイヤシーラントが入っています。

その分の重量が2ozですので、グラムに変換すると56.699gとなるので57gです。

それでもまだ179g は足らない。。。


もう分からないので追及は諦めますが、かなり進化しているということですね!


さて、気になる試乗インプレッションですが、

自転車に取り付けた時点でその軽さにビックリです(^^)


人差し指で持ち上げられるくらい軽い!


この軽さから来ているのでしょうね。

初速がメッチャ良いです!

分かりにくい表現になってしまいましたね・・・(^^;

初速がキビキビになりました。

・・・。 やっぱり分かりにくいですね~(~_~;)

スプロケット(ギア)の歯が一枚重くても走り出せるようになりました!

今までが、フロントが50Tでリアが21Tくらいで走り出していました。

それが19Tでもイケてしまうくらいです。


これが何に影響するかって?


登り(登坂)って常に初速と言っても過言ではありません。

登坂時の走行速度も10km/h~20km/hくらいですから。


この部分で一枚重いギアを踏めるというのはメリットですよね!

僕の場合は、登坂時に平均2km/h~3km/hの速度アップが出来ました。


しかし、良い事だけではありません。

巡航速度というスピードを維持する力が減少します。

初速が3km/hアップしたと共に巡行時は2km/h程減少しました。

重いモノの方が惰性で進む距離は長くなりますからね~。



ちょっと踏み込んでお話をするとこういう事です。

D3のハブとXXXのハブは同じモノでした。

という事はハブ重量は変わりません。

スポークの数に変更も見られませんでした。

スポークメーカーやスポークグレードはまだ公表されていないので分かりません。

もし同じモノが付いているとしたら、単純にリム重量が軽くなっているという事です。

円の外周重量・内周重量と走りの違いというのがあります。


面白い動画がありました。

同じ重量で、一つはリムの外周が重いモノ。

もう一つはリムの外周が軽いモノ。

動画では少しだけ傾斜の付いた部分を同時にスタートさせ、結果を見るというモノでした。

結果は、外周が重いモノに比べて、外周が軽いモノの方が転がりが速かったのです。


Aeolus 3 D3とAelous 5 D3の両方を持っている僕の経験上、


リム外周が軽いモノは踏み出しが軽く、反応が良い乗り味になります。

しかし巡行性能は落ち惰性で進む距離も短くなりがちです。

こうなることで、常にペダルを回し続けなくてはなりません。


リムの外周が重いモノは逆で、ペダルを回さなくてもスピードが低下しづらくなります。

また、ある程度スピードに乗ってからの速度の伸びはかなり良く、

その速度を持続させる事も容易になります。

しかし、踏み出しは重く漕ぎだしの反応が鈍くなりがちです。

これ以外にも、ダンシング時のグニャグニャって感じのヤワサが全く感じられませんでした。

これは恐らくスポークのテンションと強度がD3と同じという事でしょうね。

それによって、体重が重くても安心して使えるホイールという事です。

メーカーも体重制限は全くありません!と言っていましたし。


剛性がしっかりありながらも、硬過ぎる感も全くない良く出来ているホイールです。

そして、Bontragerホイールの良い点が今回のTREK WORLDで更に判明しました。

1-DSC02435.JPG
Bontrager製品の風洞実験は何回かyoutubeでも紹介されており、見たことがありました。

ヘルメットのBallistaでも同様の風洞実験を行っていましたね。


1-DSC02438.JPG
ただ、今回僕が「TREKって凄いな」と思えたのはそこではありません。

それは、この放熱性の実験です。

カーボンは熱に弱いです。

それを体験したのがさかのぼる事 今から5~6年前の事です。

当時のBontragerから販売されていたAeolus 5.0というが店舗に持ち込まれました。

それは、ヒルクライムレースの下りでブレーキを掛けていたらリムが溶けた。

という状態のホイールでした。

リムが溶けてムの面が変形していました。

直しようもなく、捨てといてという事で処分した経験があります。
あれから、Aeolusもモデルチェンジしリム強度がかなり向上しました。

放熱性の実験も行い、リムに熱が溜まりにくくしつつも、冷やす事も考える。

ブレーキを安心して掛けられる。

そこに乗り手の技術はそこまで必要とされない。

そんな作りのホイールです。


しかもカーボンの保証も付いているので、例え起こしてしまっても下取りが可能です。

それは、カーボン・ロイヤリティ・プログラムというオーナー救済プログラムです。

購入した時の証明書と身分証があれば受ける事は可能です。



いずれ、試乗ホイールもご用意しようと考えていますので

その時は是非、一度ご使用ください!



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは。 野々山です。

昨日までの晴天とは打って変わって雲行きが。。。

夜には雨みたいですね。


2016春大試乗会Vol.2_02.jpgのサムネール画像
さて、4/29(金)行ってきた試乗会も残すところあと3日となりました。


TREK新生活応援キャンペーン.jpg
TREK 自転車生活応援キャンペーンもあと3日で終了します。

急かすわけではありませんが、

TREKはこういったキャンペーン滅多にしませんからお見逃しなく~(^^)/



さてさて、この試乗会でDOMANE SLRをご試乗頂いた方の中で、

「ISO SPEEDの構造がどうなっているか気になります」というお声を頂きました。

ずーっと更新が出来なかった部分でもあるので、

今日はこの部分を徹底解剖してみましょう!


まず、調節式ISO SPEEDですね。

◆リアの調節式IsoSpeed◆

初代Domaneはすでに、ライダーのパワーを全て路面に伝えながら、

従来のロードバイクよりも2倍の振動吸収性を持つバイクでした。


Domane SLRは2対からなるシートチューブの中心に、

新たに調整式スライダーを設置しました。

このスライダーにより、ライダーの好みやコースのコンディションに応じて、

縦方向の振動吸収を調整出来るようにしました。


スライダーを一番低い位置に調節した際の縦方向の振動吸収は、

初代Domaneと比べ、全体的に14%も向上している。
上記はメーカー公表の文章です。

意味は分かりますが、伝わりにくいのでまたまた分解して解説しようと思います。

1-DSC01397.JPG1-DSC01398.JPG

シートチューブ&トップチューブにある赤丸の部分です。

この間をスライダーが上下する仕組みです。

それによりフレームのしなりが調節できるというものです。

シートチューブの部分から分解してみます。


1-DSC01394.JPG
4mmのアーレンキーでネジを緩めると分解できます。


1-DSC01373.JPG
この部分は分解するとこれだけのネジが使用されています。

ここのトルクは5.2Nm Maxです。


1-DSC01374.JPG
ネジを外すとシートチューブはこんな感じなります。

この状態だと↓のように稼働できます。

1-DSC01375.JPG1-DSC01376.JPG

リアタイヤがないとかなり稼働できるのですが、それはまたの機会にしましょう。


続いて、トップチューブに位置しているISO SPEEDを分解します。


1-DSC01397.JPG
先程の写真を借ります。

赤丸の部分に蓋がありますので、ここを外します。


1-DSC01396.JPG
ネジ等は一切使っていないので、先の尖ったモノで簡単に外れます。

これを外すと↓のようにベアリング(オレンジ)が見えます。


1-DSC01377(1).JPG
ただ、ベアリングが簡単に外せる訳ではなく、ネジでしっかりと固定されています。

次はこのネジを外していきます。

5mmのアーレンキーを二つ使用します。

ドライブ(チェーン)側とノンドライブ(チェーンがない)側にアーレンキーを指します。

1-DSC01381.JPG
正ネジなので反時計回しに回すとネジが緩みます。

1-DSC01390.JPG
片側のネジが外れると次は6mmのアーレンキーと5mmのアーレンキーに持ち替えます。

外したネジの奥に6mmのアーレンキーが入れられます。

これで外側にいた5mmのネジは両方が外れます。


1-DSCF8022.JPG
別の時に外したシート部分です。 ネジを全て外すと完全に外せます。


1-DSC01384.JPG
シート部分を外した状態でネジだけ入れてみました。


1-DSC01385.JPG
ベアリング部分に直接触れないように1mm程のワッシャーが入っています。

これを外すと、ベアリングがむき出しになります。


1-DSC01386.JPG
ワッシャーはただ添えてあるだけなのでサクサク外せます。


1-DSC01388.JPG
フレームの固さを調整するレバーです。


1-DSC01392.JPG
これもはめてあるだけなので簡単に外せます。

このギザギザが固定に繋がっているんですね~。



ISO SPEEDは造りとしては意外に簡単なのですが、

これを壊れないところまで高めているという事が流石TREKといった所でしょうか。

分解してみると調節式レバーで全体のしなり量を調節しているのが分かります。

ネジの締め付けが重要になりますね!

トルク管理さえしっかりとしていれば安全に使用できます。

そのために、トレックからトルクレンチのプレゼントもあるんですよね~。

TREKだからこそ出来る構造ですよね~。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは。 野々山です。

毎週木曜日は雨!という残念な今月です。。。


さて、4/5(火)に海外ローンチで発表されたDOMANE SLR。

当店では早くもPROJECTONEでご注文頂きました~。

W様、掲載ご協力ありがとうございます~(^^♪


W様DOMANESLR開封式 (8).JPG
今回のPROJECTONEはAeolus5D3 TLRホイールを選択頂きました~。


W様DOMANESLR開封式 (9).JPGW様DOMANESLR開封式 (10).JPG

ホイールを取り外すとガッチリ固定されたフレームが登場!

スタッフ徳田が懸命に外します。


W様DOMANESLR開封式 (12).JPGW様DOMANESLR開封式 (14).JPG

梱包材を剥すのはフレームを吊った方がやりやすいですね~。


W様DOMANESLR開封式 (1).JPGW様DOMANESLR開封式 (3).JPG


W様DOMANESLR開封式 (5).JPGW様DOMANESLR開封式 (4).JPG

ついにそのベールが明らかに!?


ドドーン!!


DOMANESLR完成形 (2).JPG
DOMANE SLR
PROJECTONEモデル


Matte塗装の艶消しで仕上げています。

赤の差し色がかなりカッコイイです(^^)


DOMANESLR完成形 (5).JPG
シートチューブに入っている差し色の赤は、

ワインレッド➡レッドとなるようにグラデーションになっています。


DOMANESLR完成形 (3).JPG
コンポーネントはDura-Aceです。

しかも電動Di2です(^^)


DOMANESLR完成形 (1).JPG
Garminをお使いになるので、マウントも取り付けました。

Di2との連動させる秘密のスイッチが使えますね~。

今からご納車が楽しみです(^^♪



こんな素晴らしい自転車に乗れる機会が登場です!

4/29(金)~5/8(日)まで

当店でMADONE / DOMANE SLR / EONDA SLR

乗り比べ試乗会を開催します!

上記車種以外にも試乗車のご用意があります。

試乗車リストについてはこちらをクリック下さい。




本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは。 野々山です。

DOMANE SLRが発表された昨日。

早速、お客様にご試乗頂きインプレッションを頂きましたのでご紹介致します。


S.I 様、ご協力ありがとうございますm(__)m



Q1.普段、どのような乗り方をされていますか?

A. ロングライド


Q2.お乗りのメーカーと自転車名をお教え下さい。

A. メーカー名:TREK  車種名:MADONE5.2


Q3 DOMANE SLRの感想をお聞かせください。

A. 前モデルから続き、視覚から認識する体へのショックが計算できないことは素晴らしい。
良い意味で何がどうなって、このようになるのかが全く理解できない。
ただ、確実に体へのショックは少ないので長時間乗る時ほど、効果は体感できる。


Q4. DOMANE SLRは、どんな使い方に向いていると思いますか?

A. レースよりもファンライド向け。
特に長距離を走るには最適だと思う。
前モデルと比較した場合、いつでもシートポスト側のISOZONEの調整が出来ることは、
一番の利点になると思う。


Q5. Q4の理由を教えてください。

A. Q3・Q4が理由。


Q3.最後にDOMANE SLRを5段階評価してください。

^5EC063DC351085F77EF13805700DF674CD86D87F68F01246BC^pimgpsh_fullsize_distr.jpgスピード:5点
振動吸収性:5点
安定性:5点
操作性:5点
剛性:5点

今後も皆様の試乗インプレッションをご紹介していきます。

インプレッションにご協力頂いたお客様には、心ばかりのプレゼントお渡ししています。

ご協力お願い致しますm(__)m



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは、今野(男)です。

今日は、暖かいですね☆夕方は風が強くなるようなので、

自転車通勤の皆さんは、気を付けましょうね~!私も気を付けます!


今日は、開封式の模様をお届けいたします。

K様いつも本当にありがとうございます!!

当店では、初となるマウンテンバイクのPROJECT ONE 「TOP FUEL」 をご注文いただきました。

KsTF001.JPG
KsTF002.JPG
完成車でご注文頂いた場合は、このような箱で入荷してまいります。

さぁ!開けますよ~

KsTF003.JPG
ホイールからお目見えです。フレームはまだ見えません(^^) じらしますね~


KsTF005.JPG
KsTF008.JPG本当に、良い笑顔ですね! こちらも幸せいっぱいになります!

KsTF015.JPG
とても良いお色です!Chi Redの差し色が何とも良い雰囲気を醸し出してますね☆


KsTF021.JPG
KsTF022.JPG
お乗り頂けるまで、今しばらくお待ちください。

ちなみに、先日、全バラシを行い、ガラスの鎧の施行が完了しました。

本日、ニップルのカラー変更を実施中です。

KsTF025.JPG
KsTF031.JPG
KsTF034.JPG
KsTF040.JPG

本日のBlog
今野

こんにちは、今野(男)です。

突然ですが、皆様、プレゼントの箱を開ける時ってワクワクしませんか?

箱を開ける喜びは何とも言えません!よね?

という事で、PROJECT ONEご成約のお客様と開封式を行いました!

U様、いつもありがとうございます!皆様にも見て頂きましょうね~♪


U様M9_2.JPG

とってもいい笑顔ですね~(^_^)/ 私達までハッピーになれますね♪ 

さぁ、開けましょう!


U様M9_3.JPG

ジョキジョキ!ワクワク!!


U様M9_4.JPG

開きました! でも梱包が厳重ですから、本体はまだ見えません。


U様M9_6.JPG

そっと覗いてみて、でもまだ梱包材でぐるぐる巻きです。


U様M9_7.JPG

はい、大変厳重に梱包されております!


U様M9_8.JPG

少しずつ梱包を解いていくと、本体が少しずつ見えて来ます♪ 

さぁ・・でますよ~♪

U様M9_9.JPG

U様M9_10.JPG

U様M9_11.JPG

U様M9_13.JPG

U様M9_15.JPG

U様M9_16.JPG

早く乗りたいですね。完成まで今しばらくお待ちください!!

現在、ガラスの鎧を施工中です!


U様、本当にいつもありがとうございます!!


本日のBlog担当
今野
今野1.JPG

こんにちは。 野々山です。

先日、PROJECTONEをご成約頂いたお客様と開封式を行いました。

その模様をご報告させて頂きます。


1-DSC00664.JPG
オーダーを頂いたのが10月末。

ご納車予定は12月末。

1ヵ月も早く届きました。


1-DSC00665.JPG
例の如く、段ボールを開けるとホイールが!

写真はYellowのAeolus 7 D3です。

PROJECTONEの醍醐味の一つがカラーオーダーシステムですよね(^_^)


1-DSC00667.JPG
今年のAeolus D3はリム・ハブがマイナーチェンジしています。

お客様も以前の型のD3はお持ちですが、今年のは初めてです。

持ってみると意外と軽いんですよ~。


1-DSC00669.JPG
ホイールの下には、フレームが!

ただ、塗装などはまたもや見えません(笑)

焦らすな~(^^)


1-DSC00670.JPG
シートピラーをフレームに差し込んで、吊れる準備をします。

この作業すら、初めて見る方には目新しいと思います。


1-DSC00672.JPG
フレームを吊ったら、残りのコンポー材を外します。

早くフレームの塗装にお目に掛かりたいですよね(苦笑)

もう少しお待ち下さいね。。。


1-DSC00673.JPG
TREKロゴをご確認頂いています。

メッチャ綺麗な仕上がりです。


1-DSC00676.JPG
こんな感じです。

Black Pearl にGoldenage を入れたSpeedConceptです。

これにYellow の塗装が入ったホイールを取付けると。。。

出来上がりが楽しみですね!(^^)


1-DSC00680.JPG
最後にお客様と自転車をパシャリ!

ご納車まで今しばらくお待ちくださいね~。




本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

LORO Bicyclesにいいね!を押してお得な情報を得よう!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは。 野々山です。

Emonda SLR6が入荷しました。

お客様のご注文品なのですが、ご厚意でしばらくお店に置かせて頂けます。

今しか見られてない貴重な自転車ですので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。


1-DSC00228.JPG
Emonda SLRは700OCLVカーボンで製作されていますので、Made In USAです。

ですので、送られてくる箱もPROJECTONEと同じ箱で入荷してきました。


1-DSC00229.JPG1-DSC00230.JPG

箱を開けてみると。。。

しっかり梱包されていました。


1-DSC00231.JPG1-DSC00232.JPG

梱包を外すと~

本体が出てきました!

ここから、5時間掛けて自転車を組立ました(^_^;)

完成した自転車はこちらです。


1-DSC00351.JPG
Emonda SLR6 (47cm) Red Smoke


Red Smokeは「カーボン地が見える赤色塗装」なんですが、

日陰でみると「えんじ色」ですよね~。


1-DSC00378.JPG
でも日向で見ると全く違います。

「えんじ色」だった塗装は「ワインレッド」になりました~。

各部を日向と日陰でとりましたので比較してみてください。


左が日陰                       右が日向
1-DSC00364.JPG1-DSC00354.JPG

この部分はトップチューブです。

自転車にまたがった時に1番目に入る部分です。

ちょっと違いが分かりにくいかな??


1-DSC00368.JPG1-DSC00360.JPG

同じくトップチューブのSLRの部分です。

違い分かりますよね??


1-DSC00366.JPG1-DSC00361.JPG

こちらはヘッドチューブという自転車の正面側ですね。

ヘッドバッチも入れて撮りました。

ここでも色合いの違いが出ていますね。


1-DSC00370.JPG1-DSC00355.JPG

ボトムブラケット付近です。

ペダルが付くクランクが取り付けてある部分です。

ここでも見え方の違いが出ています。


1-DSC00375.JPG
色んな写真を載せてきましたが、Red Smokeの魅力が伝わりましたかね??

冒頭でも述べましたが、日に当たるとカーボンの地が見えます。

また、深みのある赤が何とも言えません。

カタログなどでは絶対に判別できない部分です。

「人の目」だからこそ感じられ、分かる素敵な色です。

このRed Smokeは僕が今年1番好きな色です。


1-DSC00380.JPG
この他にもTREKでは、Blue SmokeやPurple Smoke、Carbon Smokeなどもあります。

これらの色は、オーダーメイドのPROJECTONEでのオーダーとなります。

いや~素敵な自転車に囲まれて幸せだなぁ~(^_^)



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

MADONE9入荷!

こんにちは。 野々山です。

昨日、京都で行われたTREKワールドとスタッフライドと称して琵琶湖1周から戻りました。

いや~今年は良い思いをさせて頂いております!

琵琶湖1周のお話しやTREKワールドのお話はまた今度ブログにてご報告致しますね~。



さて~、今日は耳よりな情報です!

7/1に発表されたばかりのMadone9(マドン・ナイン)

実車が見てみたい!

とお思いのあなたに!

MADONE9(1).JPG
Madone9が入荷しましたよ~

しかも、

700_OCLV.JPG
700 OCLVカーボン

という事は、H1フィット
※H1フィットというのは、自転車のポジションが前傾になりやすいジオメトリーということです。


TREK_FACTORY_RACING.JPG
しかも~

TREK FACTORY RACINGモデルです


TEAM_ISSUE.JPG
TREKワールドでも1番人気でした!


Madone_ハンドル.JPG
ガーミンマウントも取り付けています。

しかもハンドルには「MADONE」の文字が!


今週末、皆様のご来店お待ちしておりま~す。



ちなみに、、、









本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png



fileforward.jpgのサムネール画像





こんばんは。 しまなみ大好き・野々山です。

本日、Madone9がTREKより送られてきました。

1-DSCF7027.JPG
Madone9.9 H2Fit 52cm


試乗用という事で明日までのレンタルとなってしまっていますが、

何名かのお客様にはご体験頂きました。

1-DSCF7047.JPG1-DSCF7048.JPG

1-DSCF7053.JPG1-DSCF7050.JPG

・EmondaSLRより踏込みがダイレクトで加速が良い。
・ISO Speedのお陰で、Domaneと同等の乗り心地がある。
・XXX AEROハンドルよりしなりが少なく剛性感のあるハンドルだった。

K様インプレッションありがとうございました!


さて、僕個人のインプレッションを掲載させて頂きます。

前情報として僕は、EmondaSLRとSpeed Concept7.5に乗っています。

1-DSCF7033.JPG
まずは新機構:Vector Wingによって、Speed Conceptのように

ハンドルの操作がしにくくなるかと思っていたのですが、

ハンドル操作はスムーズで、コーナーリングも大回りにならないクイックさがありました。

1-DSCF7029.JPG
これはきっと、ハンドル・ステム・フォークが比較的軽量なのが要因となっていると思われます。

また、EmondaSpeed Concept よりもホイールベースが

広いという事が安定性に繋がっているはずです。

1-DSCF7051.JPG
AERO形状のフレームという事もあって、縦剛性は抜群に良いです。

Speed Concept は横剛性がちょっと弱く感じる事がありましたが、

Madone はそれが感じられませんでした。

1-DSCF7056.JPG
ブレーキはEmondaのダイレクトマウントの方が効きが良く感じました。

1-DSCF7057.JPG
ただし、Emondaのワイヤーはヘッドの前にごちゃ~っとしているのでとても気になります!

1-DSCF7038.JPG
ここからが本題です!

Madoneはケイデンスを80rpm~90rpmで回すと気持ちよく感じられました。

また、Emondaは90rpm~100rpmで回すと僕は気持ち感じられます。

僕は普段のケイデンスは100rpmくらいで回しています。

そういった、理由でEmondaの方が好きです。


しかもヒルクライムで考えると、軽さも欲しいところなので

Emonda LOVEなのです。(^_^)



他のスタッフはどう感じるのでしょうかね??

明日以降、当店スタッフ:徳田と

プロフェッサー:今野のインプレッションにご期待下さい!



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


マイヨジョーヌ記念201501_01.jpg

▲このページのトップへ