ホームページをリニューアルしました。
下記リンクよりご覧いただけます。

LORO BICYCLES新ホームページ

こんにちは。 野々山です。

今日は昨日の淡路島ネタからは離れて、TREK WORLDのお話です。

淡路島の続編は、また次の機会に。


1-DSC02452.JPG
さて、今日は先日発表された Aeolus XXXアイオロス トリプルエックス

試乗インプレッションをご紹介致します。


試乗インプレッション!?


と思われる方もいらっしゃると思いますが、

実は、TREK WORLDの会場試乗ホイールがあったんです!


この機会に使ってみなきゃ損でしょ!!

ってことで淡路島一周終わりの僕の自転車に載せ換えて試乗してきました~。


1-DSC02450.JPG
自転車:EMONDA SLR(SRAM RED)


僕の愛車は、EMONDA SLRのPROJECTONEで作成した自転車です。

コンポーネントはSRAM REDで組まれています。

普段のホイールは、もちろんAeolus 3 D3 Tubularホイールです。


1-DSC02460.JPG
普段の重量はライトやペダル、サイクルコンピュータを取り付けて6.44kgです。

UCIのレギュレーションは違反していますね(笑)


しかし!!!!



今回のAeolus XXX Tubularを挿入すると~

1-DSC02455.JPG
驚異の5.98kgです!


いやはや~。

メーカーのホイール重量公表値が

Aelous 3 D3 Tubular : F:510g / R:650g

Aeolus XXX Tubular : F:420g / R:556g
その差はF:90g / R:94g の合計184gとなります。


それとタイヤも幅が違ったので記載しておきます。

R4 320 Tubular 23c : 280g

R4 320 Tubular 25c : 300g
こちらはタイヤなので2本使いますよね?

という事で、(300-280)×2本=40gとなります。



いやいや待って下さいね。

460gは軽くなっているので、まだ何か差があるんですね。。。


むむむ~


あ!

僕のタイヤにはBontragerのタイヤシーラントが入っています。

その分の重量が2ozですので、グラムに変換すると56.699gとなるので57gです。

それでもまだ179g は足らない。。。


もう分からないので追及は諦めますが、かなり進化しているということですね!


さて、気になる試乗インプレッションですが、

自転車に取り付けた時点でその軽さにビックリです(^^)


人差し指で持ち上げられるくらい軽い!


この軽さから来ているのでしょうね。

初速がメッチャ良いです!

分かりにくい表現になってしまいましたね・・・(^^;

初速がキビキビになりました。

・・・。 やっぱり分かりにくいですね~(~_~;)

スプロケット(ギア)の歯が一枚重くても走り出せるようになりました!

今までが、フロントが50Tでリアが21Tくらいで走り出していました。

それが19Tでもイケてしまうくらいです。


これが何に影響するかって?


登り(登坂)って常に初速と言っても過言ではありません。

登坂時の走行速度も10km/h~20km/hくらいですから。


この部分で一枚重いギアを踏めるというのはメリットですよね!

僕の場合は、登坂時に平均2km/h~3km/hの速度アップが出来ました。


しかし、良い事だけではありません。

巡航速度というスピードを維持する力が減少します。

初速が3km/hアップしたと共に巡行時は2km/h程減少しました。

重いモノの方が惰性で進む距離は長くなりますからね~。



ちょっと踏み込んでお話をするとこういう事です。

D3のハブとXXXのハブは同じモノでした。

という事はハブ重量は変わりません。

スポークの数に変更も見られませんでした。

スポークメーカーやスポークグレードはまだ公表されていないので分かりません。

もし同じモノが付いているとしたら、単純にリム重量が軽くなっているという事です。

円の外周重量・内周重量と走りの違いというのがあります。


面白い動画がありました。

同じ重量で、一つはリムの外周が重いモノ。

もう一つはリムの外周が軽いモノ。

動画では少しだけ傾斜の付いた部分を同時にスタートさせ、結果を見るというモノでした。

結果は、外周が重いモノに比べて、外周が軽いモノの方が転がりが速かったのです。


Aeolus 3 D3とAelous 5 D3の両方を持っている僕の経験上、


リム外周が軽いモノは踏み出しが軽く、反応が良い乗り味になります。

しかし巡行性能は落ち惰性で進む距離も短くなりがちです。

こうなることで、常にペダルを回し続けなくてはなりません。


リムの外周が重いモノは逆で、ペダルを回さなくてもスピードが低下しづらくなります。

また、ある程度スピードに乗ってからの速度の伸びはかなり良く、

その速度を持続させる事も容易になります。

しかし、踏み出しは重く漕ぎだしの反応が鈍くなりがちです。

これ以外にも、ダンシング時のグニャグニャって感じのヤワサが全く感じられませんでした。

これは恐らくスポークのテンションと強度がD3と同じという事でしょうね。

それによって、体重が重くても安心して使えるホイールという事です。

メーカーも体重制限は全くありません!と言っていましたし。


剛性がしっかりありながらも、硬過ぎる感も全くない良く出来ているホイールです。

そして、Bontragerホイールの良い点が今回のTREK WORLDで更に判明しました。

1-DSC02435.JPG
Bontrager製品の風洞実験は何回かyoutubeでも紹介されており、見たことがありました。

ヘルメットのBallistaでも同様の風洞実験を行っていましたね。


1-DSC02438.JPG
ただ、今回僕が「TREKって凄いな」と思えたのはそこではありません。

それは、この放熱性の実験です。

カーボンは熱に弱いです。

それを体験したのがさかのぼる事 今から5~6年前の事です。

当時のBontragerから販売されていたAeolus 5.0というが店舗に持ち込まれました。

それは、ヒルクライムレースの下りでブレーキを掛けていたらリムが溶けた。

という状態のホイールでした。

リムが溶けてムの面が変形していました。

直しようもなく、捨てといてという事で処分した経験があります。
あれから、Aeolusもモデルチェンジしリム強度がかなり向上しました。

放熱性の実験も行い、リムに熱が溜まりにくくしつつも、冷やす事も考える。

ブレーキを安心して掛けられる。

そこに乗り手の技術はそこまで必要とされない。

そんな作りのホイールです。


しかもカーボンの保証も付いているので、例え起こしてしまっても下取りが可能です。

それは、カーボン・ロイヤリティ・プログラムというオーナー救済プログラムです。

購入した時の証明書と身分証があれば受ける事は可能です。



いずれ、試乗ホイールもご用意しようと考えていますので

その時は是非、一度ご使用ください!



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは。 野々山です。

本日で最新Domane試乗会が終了となります。

沢山の方にご試乗頂いております。

ただ、ご試乗されたお客様のお声としてEmondaも乗ってみたいという意見がありました。


そこで、7/15(金)~7/22(金) まで

2017summerSALE.png
Domane と Emonda の乗り比べ試乗会 を開催致します。


また、期間中にご成約頂いた皆様に

1-DSC01901.JPG
TREK限定 コインケース をプレゼント致します。
※なくなり次第終了となります。


国内最速の、この時をお見逃しなく!



~ 試乗車リスト ~

開催日: 7月15日(金)〜7月22日(金)※木曜日定休日を除く

試乗受付時間: 10:30〜18:00

 DOMANE

◆DOMANE SLR 6  52cm
◆DOMANE SL 6  52cm
◆DOMANE S 6  54cm
◆DOMANE ALR 4  52cm

 EMONDA

◆EMONDA SLR 9  50cm
◆EMONDA SL 6  52cm
◆EMONDA S5  54cm
◆EMONDA ALR 6  54cm

 FX

◆FX3  17.5in


参加費: 無料

持ち物: 身分証明書
※ ヘルメット、シューズ、ビンディングペダルなどお持ちのものを持参してください。





本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

Domane or Emonda

こんにちは、笹沼です。

毎年恒例のチームレプリカカラー、アルミロードバイク

今年も入荷しました!!

DomaneとEmondaの様々な違いがあるので

写真で比較してみます。



                           [Domane ALR 4]                [Emonda ALR 5]

        ¥169,000円(税込)     ¥189,000(税込)

1-DSC01574.JPG1-DSC01632.JPG

[フレーム]

1-DSC01645.JPG1-DSC01629.JPG

[ヘッドチューブ]

Domaneが太く、剛性感溢れる作りに対して

Emondaはエアロ効果を意識した加工がされています。

1-DSC01657.JPG1-DSC01650.JPG

[コンポーネント]

Tiagraと105

1-DSC01655.JPG1-DSC01652.JPG

ここからが注目の違いです。


[ブレーキ]

Domane ALR 4はなんとShimano規格のダイレクトマウントブレーキになっています。

付いてくるブレーキはTektro T731

今後、全てのコンポーネントをShimanoでそろえる事も出来ます。

1-DSC01658.JPG1-DSC01660.JPG

次にリアブレーキのワイヤーがDomane ALR 4では

フレーム内を通っており

クラシックレース等で荒れた路面を走る事を意識し

フレームの洗浄が簡単に出来るようになってます。

1-DSC01591.JPG1-DSC01643.JPG

[サドル]

DomaneはAffinity Comp
快適性と効率性のバランスに優れた、自然な骨盤の前傾と
サスペンション中空クロモリレールが衝撃を緩和してくれます。

EmondaはMontrose Comp
柔軟性の高いアスリート向けの、骨盤の深い前傾姿勢と
端が丸まりサドルの上で動きやすい形状になっています。

1-DSC01647.JPG1-DSC01648.JPG


安定性、快適性を高め、悪路や長時間のライド向きのDomaneか

Trek史上最軽量のアルミロードバイク。カーボンフォーク&コラム

バランスとハンドリングに一切の妥協がない。加減速の多い街中やレース向きのEmonda

お客様に最適な1台を見つける事ができます。


その他にも探すともっとたくさんの違いがあるので

是非、店舗にて、その違いをご覧になってください。



↓7月8日まで新型Domane試乗会もやってます。↓

↓新型Domaneブログ↓



本日のBlog担当
笹沼


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png






Émonda(エモンダ)ALR / 
史上最軽量アルミロードバイク

ÉmondaのトップグレードSLR10では完成車重量4.65kgという異次元の軽さと、快適性を備えたオールラウンドロードバイクÉmondaシリーズに、満を持して、遂にアルミシリーズ「Émonda ALR」が2016年モデルから登場しました。2016年の最注目株となってます。



【新旧アルミロード比較】

・従来アルミロード = 硬い(疲れやすい)
      ≠  
 Émonda ALR = 快適

・従来アルミロード = 重い 
      ≠  
 Émonda ALR = 軽い

・従来のアルミロード = 安い
       
 Émonda ALR =大満足価格



【注目されるポイント】

・街乗りが基本だけど、カッコよくて、気持よく走る本物の性能が欲しい

・ロードバイク最初の一台で予算は高くない、でもしっかり長く楽しめるモデル

・レース参戦で集団落車をしたとしても、自転車へのダメージが少ない 
etc...




【ピックアップポイント】
1-DSCF7759.JPG【インビジブル・ウェルド製法】

革新的な溶接技術により、各チューブは

よりしっかりと接合され、より少ない素材

で高い強度を発揮します。

溶接痕が殆どなく、カーボンの

バイクと見まごう美しさです。





1-DSCF7758.JPG
【300 ALPHA ALUMINUM】

Émonda ALRは、新たに300シリーズ

アルファ アルミニウムが採用され、

最軽量のアルミロードバイクとなります。

軽量性とアルミフレーム特有の高剛性

から、カーボンロードに引けを取らない

反応の良さがあり、純粋にロードバイク

の楽しさを味わう事ができます。

1-DSCF7772.JPG




【統一コンポーネント】

カセットスプロケット・チェーン・

チェーンリング・クランク・ブレーキ

キャリパー・前後ディレーラー・

デュアルコントロールレバーの全てが

統一グレードのコンポーネントになります。


1-DSCF7776.JPG
ブレーキやクランク、チェーン、

カセットスプロケットに他メーカー品

が使われているという事はありません

完成車でこういった仕様はめずらしく

価格も抑えられているというところが

人気を博しているポイントでもあります。




1-DSCF7782.JPG



【TLR チューブレスレディ】

昨今注目されているチューブレス

対応ホイール標準装備です。

もちろんチューブ入りでも使用可です。

チューブを排する事で、軽量化と共に

転がり抵抗を軽減させ、乗り心地も

良くすることが可能です。


BLENDR.jpg




【BLENDR システム】

サイクルコンピューターや、ライトを

ステムのど真ん中にマウントできます。

このBlendrシステムにより、

ハンドル周りはスッキリとさせる事が

できます。痒い所に手が届く、トータル

設計がTREKの素晴らしい所ですね。






【ラインナップ】

Émonda ALR 6
カラー:Matte Dinster Black
コンポーネント:SHIMANO ULTEGRA 11speed
価格:259,000円(税込・完成車) フレームセット:129,000円(税込)

1-DSCF7835.JPG


Émonda ALR 5 (3色展開) 実測完成車重量:8.3kg(54サイズ)
カラー:Viper Red / Waterloo Blue / Black Pearl
コンポーネント:SHIMANO 105 11speed
価格:199,000円(税込・完成車) 

1-DSCF7752.JPG1-DSCF7763.JPG1-DSCF7784.JPG




Émonda ALR 4 (2色展開)
カラー:Black Pearl / Matte Viper Red
コンポーネント:SHIMANO Tiagra(4700) 10speed
価格:159,000円(税込)

1-DSCF7794.JPG1-DSCF7814.JPG


全車種、店頭でご覧頂く事が可能です。試乗車のご用意もございます。

2016年、最注目のÉmonda ALRを是非ご体験ください。


こんにちは。 野々山です。

Emonda SLR6が入荷しました。

お客様のご注文品なのですが、ご厚意でしばらくお店に置かせて頂けます。

今しか見られてない貴重な自転車ですので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。


1-DSC00228.JPG
Emonda SLRは700OCLVカーボンで製作されていますので、Made In USAです。

ですので、送られてくる箱もPROJECTONEと同じ箱で入荷してきました。


1-DSC00229.JPG1-DSC00230.JPG

箱を開けてみると。。。

しっかり梱包されていました。


1-DSC00231.JPG1-DSC00232.JPG

梱包を外すと~

本体が出てきました!

ここから、5時間掛けて自転車を組立ました(^_^;)

完成した自転車はこちらです。


1-DSC00351.JPG
Emonda SLR6 (47cm) Red Smoke


Red Smokeは「カーボン地が見える赤色塗装」なんですが、

日陰でみると「えんじ色」ですよね~。


1-DSC00378.JPG
でも日向で見ると全く違います。

「えんじ色」だった塗装は「ワインレッド」になりました~。

各部を日向と日陰でとりましたので比較してみてください。


左が日陰                       右が日向
1-DSC00364.JPG1-DSC00354.JPG

この部分はトップチューブです。

自転車にまたがった時に1番目に入る部分です。

ちょっと違いが分かりにくいかな??


1-DSC00368.JPG1-DSC00360.JPG

同じくトップチューブのSLRの部分です。

違い分かりますよね??


1-DSC00366.JPG1-DSC00361.JPG

こちらはヘッドチューブという自転車の正面側ですね。

ヘッドバッチも入れて撮りました。

ここでも色合いの違いが出ていますね。


1-DSC00370.JPG1-DSC00355.JPG

ボトムブラケット付近です。

ペダルが付くクランクが取り付けてある部分です。

ここでも見え方の違いが出ています。


1-DSC00375.JPG
色んな写真を載せてきましたが、Red Smokeの魅力が伝わりましたかね??

冒頭でも述べましたが、日に当たるとカーボンの地が見えます。

また、深みのある赤が何とも言えません。

カタログなどでは絶対に判別できない部分です。

「人の目」だからこそ感じられ、分かる素敵な色です。

このRed Smokeは僕が今年1番好きな色です。


1-DSC00380.JPG
この他にもTREKでは、Blue SmokeやPurple Smoke、Carbon Smokeなどもあります。

これらの色は、オーダーメイドのPROJECTONEでのオーダーとなります。

いや~素敵な自転車に囲まれて幸せだなぁ~(^_^)



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは。 野々山です。

今日の自転車通勤はとても気持ちが良かったです。

九州は台風の影響が心配です。

何事もなければよいのですが・・・。


さて、2016年モデルが続々と入荷してきていますが、

ようやくNEW Tiagraモデルが入荷しました。


1-DSC00015.JPG
Emonda S4 50cm 199,000円(8%税込)


1-DSC00017.JPG
メインの塗装はBlackから一転、Whiteに変更になりました。

鮮やかなブルーのロゴが綺麗ですね。


1-DSC00019.JPG
バーテープもマイクロファイバーフォームを採用されています。

2色使いバーテープなのでフレームの色と相性が良いです。


1-DSC00021.JPG
ステムもBontrager Eliteステムを使用していますので、

ライトやサイクルコンピュータをステムに直接取り付けられるブレンダーが採用されています。


1-DSC00018.JPG
モデルチェンジになったTiagraです。

ブレーキの制動力は格段に上がりました。


1-DSC00022.JPG
今までのシルバーからブラック系の色に変更となり、

クランクも4アームになって剛性がUPしました。


1-DSC00023.JPG
リアディレイラーも色が一新。

変速の感じは5700の105と似ています。




店頭に実車があります。

皆様のご来店お待ちしております。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんばんは。

今年はなんとかして、ビアガーデンに行きたい野々山です。

2016年モデルの紹介です。

1-RIMG0058.JPG
Emonda ALR5 199,000円(税込)
(TREK Factory Racingカラー)


1-RIMG0061.JPG
Emonda ALR5(Waterloo Blue)


1-RIMG0062.JPG
Emonda ALR5(Black Pearl)


大人気のTREK Emondaシリーズのアルミロードバイクです。

DSCF5976.JPG
カーボンロードを凌ぐ圧倒的重量です。


試乗車もご用意していますのでご来店お待ちしております。

こんばんは。 野々山です。

2016年モデルが先行入荷し始めました。

皆様にご覧頂けるように組み立ても行ってあります。

週末天気が悪いですが、是非ご来店下さい。


fileforward.jpgのサムネール画像

2016年モデルが入荷し始めてきたので2015年モデルセールを開始します。

2015年モデル全品20%OFFで大放出致します!


値段や在庫状況はスタッフにお尋ねください。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


マイヨジョーヌ記念201501_01.jpg


こんばんは。 野々山です。

明日以降は、梅雨らしく雨みたいです。。。

雨ばかりだと憂鬱な気持ちになる今日この頃です。


さてさて、先日の土・日にPROJECTONEの開封式を行いました。


1-DSCF6804.JPG
今回のお客様はEmondaSLRのフレームセットをご購入頂きました!


1-RIMG0026.JPG
こちらはご主人の自転車です。


1-DSCF6830.JPG
こちらは奥様の自転車です。


1-DSCF6836.JPG
実は、ご夫婦で同じカラーに乗られるんです(^_^)
本当に仲良しのご夫婦です。


1-DSCF6834.JPG
ボトルケージもこだわってお選び頂きました!
完成が楽しみです(^_^)


完成したら、またご紹介致します。
K.K様、A.K様、掲載のご協力ありがとうございます!m(__)m



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

MADONEorEMONDA?

こんにちは。徳田です。

あいにくの雨混じりの天気で、ちょっと頭皮が
気になる今日この頃ですが...

さてさて、思い起こせば2年前の京都、8月・・・
TREKワールドでの思い出。
私は、1台の試乗車の虜になっていました。
それは・・・
MADONE 7
1-IMG_5718.jpg

当時様々なメーカーを試し、暗中模索状態だった私が、
まさしく、出会うべくして出会った1台でした。

まず、ご覧の通り、胴長短足、おまけに腕も短い!
典型的な日本人体系の私にとって
TREKのジオメタリーがピッタリ!
つまり・・・適合サイズにおいて、
シートチューブ、トップチューブはほとんど差異がないのですが、
ホイールベースが約5ミリほど短いのです!

たかが5ミリ、されど5ミリと申しましょうか、
エアロ効果、超軽量フレームも相乗効果で
加速感、ダイレクト感は想像以上のものを体感致しました。
さらに、インナーマッスルをフル起動させて、
コンパクトな姿勢を保ち続け、ひたすらペダルを漕いだ結果
なんと、16:00過ぎから日没まで走ってしまいました。


そこで、ふと思ったのが、今までの私はロードバイクに乗っているのではなく
もしかしたら、乗らされていたのかもしれません(泣)
サドルの位置変更、ステムの長さを変更、
バイクフィットを毎月受けたり・・・・
どうしても、パワーが、踏み込んだ力が逃げてしまっているかも?
など、モワモワ考えて走っていたのが・・・・

答えが出ました!
TREK MADONEに乗るのだ!
1-TFR15_Spain_Teamcamp_Day5_1080_edit.jpg


KVF構造(チューブ、フォーク)によって風の抵抗を抑え、機敏な反応を
体験でき、ハンドリングもより正確にできた気がします。

しかし・・・この後私は人生最大の決断をする事になろうとは、
全く気が付かなかったのであります!

PC240319.JPG


TREK 新型ロードバイク
EMONDA SLR

madone本命としていた私にとって、この登場の仕方は
まさに、カウンターパンチに等しい物でした。

MADONEorEMONDA

この永遠のテーマは私にとって尽きるものではなく、
未来永劫に向き合って行かなければならないものとなりました!
では、また次回お楽しみに!


▲このページのトップへ