ホームページをリニューアルしました。
下記リンクよりご覧いただけます。

LORO BICYCLES新ホームページ

こんにちは。 野々山です。

本日で最新Domane試乗会が終了となります。

沢山の方にご試乗頂いております。

ただ、ご試乗されたお客様のお声としてEmondaも乗ってみたいという意見がありました。


そこで、7/15(金)~7/22(金) まで

2017summerSALE.png
Domane と Emonda の乗り比べ試乗会 を開催致します。


また、期間中にご成約頂いた皆様に

1-DSC01901.JPG
TREK限定 コインケース をプレゼント致します。
※なくなり次第終了となります。


国内最速の、この時をお見逃しなく!



~ 試乗車リスト ~

開催日: 7月15日(金)〜7月22日(金)※木曜日定休日を除く

試乗受付時間: 10:30〜18:00

 DOMANE

◆DOMANE SLR 6  52cm
◆DOMANE SL 6  52cm
◆DOMANE S 6  54cm
◆DOMANE ALR 4  52cm

 EMONDA

◆EMONDA SLR 9  50cm
◆EMONDA SL 6  52cm
◆EMONDA S5  54cm
◆EMONDA ALR 6  54cm

 FX

◆FX3  17.5in


参加費: 無料

持ち物: 身分証明書
※ ヘルメット、シューズ、ビンディングペダルなどお持ちのものを持参してください。





本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

Domane or Emonda

こんにちは、笹沼です。

毎年恒例のチームレプリカカラー、アルミロードバイク

今年も入荷しました!!

DomaneとEmondaの様々な違いがあるので

写真で比較してみます。



                           [Domane ALR 4]                [Emonda ALR 5]

        ¥169,000円(税込)     ¥189,000(税込)

1-DSC01574.JPG1-DSC01632.JPG

[フレーム]

1-DSC01645.JPG1-DSC01629.JPG

[ヘッドチューブ]

Domaneが太く、剛性感溢れる作りに対して

Emondaはエアロ効果を意識した加工がされています。

1-DSC01657.JPG1-DSC01650.JPG

[コンポーネント]

Tiagraと105

1-DSC01655.JPG1-DSC01652.JPG

ここからが注目の違いです。


[ブレーキ]

Domane ALR 4はなんとShimano規格のダイレクトマウントブレーキになっています。

付いてくるブレーキはTektro T731

今後、全てのコンポーネントをShimanoでそろえる事も出来ます。

1-DSC01658.JPG1-DSC01660.JPG

次にリアブレーキのワイヤーがDomane ALR 4では

フレーム内を通っており

クラシックレース等で荒れた路面を走る事を意識し

フレームの洗浄が簡単に出来るようになってます。

1-DSC01591.JPG1-DSC01643.JPG

[サドル]

DomaneはAffinity Comp
快適性と効率性のバランスに優れた、自然な骨盤の前傾と
サスペンション中空クロモリレールが衝撃を緩和してくれます。

EmondaはMontrose Comp
柔軟性の高いアスリート向けの、骨盤の深い前傾姿勢と
端が丸まりサドルの上で動きやすい形状になっています。

1-DSC01647.JPG1-DSC01648.JPG


安定性、快適性を高め、悪路や長時間のライド向きのDomaneか

Trek史上最軽量のアルミロードバイク。カーボンフォーク&コラム

バランスとハンドリングに一切の妥協がない。加減速の多い街中やレース向きのEmonda

お客様に最適な1台を見つける事ができます。


その他にも探すともっとたくさんの違いがあるので

是非、店舗にて、その違いをご覧になってください。



↓7月8日まで新型Domane試乗会もやってます。↓

↓新型Domaneブログ↓



本日のBlog担当
笹沼


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png




こんにちは、笹沼です。

只今、ローロバイシクルズでは新型Domaneの試乗会を行っております。


↓試乗会に付いて↓




本日は試乗車の1台である

2017年モデルのDomane S6について詳しく紹介して行きます。


1-DSC01597.JPGのサムネール画像
1-DSC01611.JPG
Domane S6[Crystal White/Deep Dark Blue]
¥359,000(税込)

従来のDomaneのフレームに新たなグラフィックとカラーで登場。

従来のフレームとありますが、性能はまだまだ衰えていません。

縦方向の振動吸収性、しなやかさは、競合バイクの2倍。

シートチューブを他のチューブから独立させるIso Speedテクノロジ―と

剛性を30%高め、絶妙な曲がりのフロントフォークが

最高の乗り心地とコントロール性能を実現しています。

1-DSC01602.JPG1-DSC01597-001.JPG

カラーはホワイト、ブラックに見えますが、光の加減によって見え方が変わる

ダークブルーになっております。

1-DSC01606-001.JPG1-DSC01619-001.JPG
              【電球】                            【太陽】

更に注目する所はホイールです。

通常、フロントとリアで¥175,000(税込)のaura5が

何と標準で付いてきます。

エアロダイナミックな50mmカーボンリムとアルミブレーキトラック。

重量はフロント760g、リア960g

チューブドタイヤからチューブレスタイヤへの変更も簡単にする事の出来る

チューブレスレディホイール。

また、コンポーネントは全てShimano Ultegraとなっております。


1-DSC01599.JPG1-DSC01600.JPG

1-DSC01601.JPG


大変、お買い得な1台を是非この機会に試乗してみて下さい。




本日のブログ担当
笹沼


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは、今野(男)です。

いやぁ〜OPENからびっくりする位の大盛況!(◎_◎;)

本日は、【国内最速Domane S,SL,SLR】試乗会です!

ご来店、ご注文の皆様、誠にありがとうございます!!


さて、そんな中!早速ご注文いただいたDomane SL6 に

「ガラスの鎧」を施工させて頂きました。

ガラスの鎧は、フレームに薄く強いガラスの膜を作ることで、

小傷が入りづらくなる表面コーティングです。

FullSizeRender1.jpg
それにしても、この新型Domane SL6 カラーがとっても綺麗です。

カラーリング名は[ BlackPearl / CrystalWhite ]


IMG_2610.JPG

ブラックの部分もよーく見ると、大人しめに細かなラメが入っています。


FullSizeRender.jpg

宇宙感ありありです♪


IMG_2608.JPG
かっこいいですね!

Domane SL6 はこのカラー以外に、[ Matte Viper Red / Point Red ]があります。

そちらのカラーは、先日のこちらのブログでご紹介しておりますので、

チェックしてみてください!! それでは、後半も行ってまいりまーす!!!

DSCF8472-001.jpg



こんにちは、今野(男)です。

突然ですが、待ち遠しいですね...


7/1(金)〜7/8(金)
@LORO BICYCLES 【 新型Domane S,SL,SLR試乗会 】です。


カラーや外観は皆様すでにチェック済みでしょうか?
TREKサイトをリンクしておきます。 → ⭐︎⭐︎⭐︎


まぁどこを見ても大変話題となっています!! ですので表面的には大体わかるのですが、
大解剖しちゃいましょう、どうなってるのか見たいですよね!?


ジオメトリーは、ホイールベース長く・BB低く・ハンドル高くなどなど、
大好評だった第1世代の特徴をそのままに、さらに進化を果たしております。

↓「新型Domane ジオメトリー表」↓ 左から50,52,54,56,58,60cmサイズ

Domaneジオメトリ.png


ジオメトリーも大切!ですが、カーボン繊維、またその方向を自在にコントロールし、

その自転車に求める「最適な乗り味」をフレームパイプ形状に実現させる

マテリアルから設計しているTREKですから、ジオメトリーだけでは語れません。

まずは、いつものようにフレームを丸裸にしてみました!


DSCF8472-001.jpg

パイプ形状はシートチューブにスライダー機構がないこと以外は、

ハイエンドグレードのSLRそのままですね!


ダウンチューブは逆台形をしたような形状

剛性的には真円パイプ(チューブ)形状が理想的なのですが、

加速性能と快適性能を高い次元で両立するDomaneでは、

パワートランスファーコンストラクション」と名付けられた、ダウンチューブ

ヘッドチューブ、チェーンステー、ボトムブラケットがあり、

ダウンチューブはこの逆台形型が、パワーを無駄にすることなく推進力へと転換する

最適形状なのでしょう!


トップチューブからシートステーにかけては細身の綺麗な弓なり型

この細身で弓なり型なシートステーと、横に大きく扁平させたトップチューブにも、

Domaneの秘密が隠されてそうです〜♪


なんども申し上げますが、加速性能と快適性能を高次元で兼ね備えるために、

世界でもトップの各種エンジニアたちが導き出した寸分の狂いのない形状なのでしょう。


加速性能の部分で言うと、

このトップチューブとシートステーが、「弓」で言うところの「弦」にあたるでしょうか? 


DomaneSLトップチューブ.jpg


弦のように引くわけではないですが、

両輪にかかる振動や衝撃を品やかに受け流しつつ、反発してくれる。

結果的に、「弓の弦を弾く」のと似た、自転車で言うと「加速する」となるかなと。

力強いバネがあるようなDomane独特の粘り強い加速感は、

両輪へと弧を描くこの上部チュービングも一役かっているのではないでしょうか?

ダート系の自転車で、パンプトラックをペダルを漕がずに周回する

プッシュプル」というテクニックがあるのですが、それに似たようなイメージです。


DomaneSLシートステー.jpg


逆に、快適性能の部分で言うと、下で紹介するリア・フロントISOSPEEDの

それぞれしなるパイプ(チューブ)の邪魔をしない、

もしくはしっかりと支えるために、柔軟に対応する最適な形状でしょう



ヘッドチューブは樽型 & フロントISOSPEED搭載!

上部に何やら気になるギミックがあります。

ここがフロントISO SPEEDですね!


DSCF8474-001.jpg

白いのはグリスです。コラムをつかむ上腕ベアリングが、

揺籠のように可動し、コラム自体をしならせる構造になってます。

しなる?と思いますよね? 是非7/1〜7/8 LORO BICYCLES試乗会でご体験ください。

一切の効率性や操作性を失うことなく、振動を低減させるために作られたこの機構は、

従来のロードバイクと比較して、縦方向の振動吸収率を10%向上させてます。

効果は絶大で、もう...ハンドルでの痺れはオサラバです( ^ ^ )/□

フロントISOSPEEDステム比較.png



◯さぁさぁ続いて、リアISO SPEEDを見てみましょう〜!

ISOspeedリア1.jpg

上からみた図です。右から伸びてきたトップチューブがシートチューブ手前で

二手に分かれ、それぞれ左右のシートステーとなっていきます。

そのスリットの間にシートポストが独立して立ち、ベアリングを介して

それぞれが接合されています。

これより後部へとシートポスト自体がしなるので、サドル高の上下運動を最小限に抑え、

ペダリング効率を下げることなく、身体にかかる不快な振動を吸収してしまうんですね〜

それ自体は 第1世代 Domaneと一緒なのですが、

ハイエンド機種であるDomane SLRには、さらにスライディング機構(硬さ調整)が

追加されました。 SLグレードには、そのスライディング機構はありません。

それじゃ〜第1世代とリアISOSPEEDは一緒〜??

ではないんです!

◯リアISO SPEEDもさらに進化

DSCF8451-001.jpg

上写真は、新型Domane SLのリアISO SPEEDを横から撮影したもの。

接合部であるベアリングの「位置」に注目してください。

シートチューブの真ん中あたりに軸がありますね〜♪

これ、実は第1世代のISO SPEEDとちょっと違うんです。


DSCF8453-001.jpg

上写真が第1世代 Domane のISO SPEED です。

ベアリングは、ちょうどISOと書かれた位置にきます。(カバーつけたままですみません...)

新型はシートチューブ中心:第1世代はちょっと前よりですね。

上から見るとこんな感じです↓


DSCF8452-001.jpg

シートチューブ自体を変形させて、支点は前にきてますね。

もう一度、新型 Domane SL の ISOSPEED を上から見た写真がこちら↓


DSCF8449-001 のコピー.jpg

シートチューブとスリットの間にあるのは、硬いゴムのようなブッシュですので、

シートチューブ自体はストレートです。実はこれ、ある車種でもそうなんです。

それがこちら↓


DSCF8455-001.jpg

どのモデルだと思われますか?

タイヤがヒントかもしれませんね〜(^O^)


⌚︎⌚︎⌚︎‥



はい、そうです!シクロクロスバイクのBOONE(ブーン)です!

ストレートなシートチューブですね!横から見ると...

DSCF8454-001.jpg

やっぱりシートチューブの真ん中にベアリングの中心軸が来てます。


どう違うのでしょうか?


第1世代のDomane、Booneともに、他社製品と比較して2倍

縦方向の振動吸収性。...同じ値なのですが、

Domane:Booneの比較数値は公表されてません...


しかし、片やDomaneはロードバイク、一方Booneはシクロクロスバイクです。

オフロード走行にも耐えうるため強度を高く作ってあるのはBooneでしょう。

ということを考えると、硬い素材(作り方)でも快適性が向上するように

設計し直されたのが、Boone ISO SPEED...


この、シートチューブ中心にISO SPEEDの軸がある方が「しならせられる」という

解釈でよろしいでしょうか? って誰に質問!?という感じですが...


実際に、新型Domane SL に乗ってみると、より後方の振動吸収が高いように感じます。

それは、Domane SLRで公表されている「第1世代よりも 14% 振動吸収性が向上」の

それにかなり近い感覚です。

DomaneSLRスライダー比較.png


ちょっと、長くなってしまいましたが、何が言いたいかと言いますと、

◯リアISO SPEEDは第1世代のそのままではない
◯Domane SL は SLRの可変スライダーなしバージョン!
◯第1世代よりも振動吸収性はさらに向上している

ということになりますね!




さぁ!まだ続きますよ〜 毎度ながらクドくてすみませんm(_ _)m
お次は、
◯ボトムブラケットシェルも進化!

DSCF8459-001.jpg

Emondaシリーズから採用されているワイヤールーティングに対応したシェル形状。

比較として先に、第1世代の Domane5.2 のボトムブラケットシェルをご覧ください↓


DSCF8458-001.jpg


真ん中に黒いパーツがネジ止めされてますね。今まではこのパーツを収めるために、

ここに大きな穴が空いてました。



DSCF8462-001.jpg


上写真の新型Domane SLでは、フレームに開ける穴を最小限にできています。

それにより、適正な剛性を確保するための素材をより薄くできる軽くできますので、

ここも軽量化や剛性アップに一役かっていそうです。

こう見てみると、それぞれのチューブとの接合がとても滑らかで、

有機的な、美しさがありますね。何かの生き物のようにも見えてきます。

BB付近には、こんなメッセージも↓


DSCF8464-001.jpg


「 TAME ROUGH WITH SMOOTH 」


TAME:飼いならす

ROUGH:荒れた

WITH:と

SMOOTH:滑らかな、平坦な


「荒地を飼いならす、滑らかに」といった感じでしょうか?



◯その他の特徴

ベントフォーク:湾曲したフォークブレードで振動吸収性を高くし、エンドを手前に

クイッと戻すことで、最適なトレール値を得ています。


DSCF8513-001.jpg


コントロールセンター:Simano Di2の内蔵式バッテリーに対応したフレーム

DSCF8518-001.jpg


500OCLVカーボン

DSCF8520-001.jpg


前後ダイレクトマウントブレーキ:シマノダイレクトマウントブレーキ規格

DSCF8511-001.jpg

最後に全体を。

DSCF8504-001.jpg

 赤の色をしっかりだそうと調整してはみたのですが、逆に青みが強く... 
撮り直そうにも本日は雨...申し訳ありません。現物確認をお願い申し上げます!!


DSCF8501-001.jpg



それでは、今日は新型Domane SLのフレームを見ていただきました〜

長文お付き合いただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?




語るだけならいくらでも語れるのですが、

どれだけ多くテクノロジーや売り文句を語っても、

乗った時にそれを感じられなければ、全く意味はないですよね?



しかし、TREKバイクは、その「体感」をいつも与えてくれます!



遠い海の向こうの自転車大好きエンジニア達の顔が浮かんでくるようです。



TREKバイクは本物の体験を与えてくれる、本物の最新バイクです。



事実、Domaneをご試乗されたほぼ100%の方が、

大変驚かれた様子で戻ってこられます(^^)

「想像以上だった! こんなに良いの?! えっどうしよう!?」 と



まだ「体感」されていらっしゃらない方は、ぜひこの機会をご活用ください。

Domaneで皆様は「新しい体験」をされると思います。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【 国内最速 】新型Domane S,SL,SLR試乗会
・場所:LORO BICYCLES
日時:7月1日 〜7月8日 10:30〜19:30
 ※定休日(木曜日)を除く
・参加費:無料
・持ち物:ヘルメット、身分証明書
 ※ペダル、シューズはお持ちのものを取り付けられます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


本日のBlog担当
今野

「ご来店おまちしております!」

DSC01744.jpg


2012年の発表から圧倒的な人気を博してきたDomane(ドマーネ)が遂に先日

新型 Domane SLRとして発表され、それに続くSシリーズ、SLシリーズと

進化したDomaneのその全貌が明らかになりました。


Domaneは普段のサイクリングから100kmを超えるロングライド、

またシリアスなレースシーンまで幅広いニーズに応えた代表的エンデュランスロード

その第二世代の乗り心地を皆様にご堪能いただきたい!ということで、


国内最速!?Domane試乗会を行います!

EmilyMaye-Trek-6302_edit-thumb-500x333.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------
開催日:7月1日(金)〜7月8日(金)※木曜日定休日を除く
時間:10:30〜19:30
参加費:無料
持ち物:身分証明書 
※ヘルメット、シューズ、ビンディングペダルなどお持ちのものを持参してください。
------------------------------------------------------------------------------------------------
こんにちは。小峰です!

TREKのChoose Your Weaponの一つ、エンデュランスロードDOMANE SLR。
新型DOMANEに組み込まれている新しいIsoSpeedテクノロジーについて、これまでも数回紹介させて頂きました。

↓過去記事のリンクになります↓



皆様は、このDOMANE SLRに二つの顔がある事はご存知でしょうか?

通常の完成車モデルではエンデュランスジオメトリーといい長めのホイールベースとヘッドチューブに低めのボトムブラケット高で安定感と衝撃吸収性を高めたフレーム設計をしています。
DSC01646.JPG
荒れた路面が嘘のようにスムーズなものに感じさせてくれ、ライドをより快適なものにしてくれる最高のエンデュランスロードバイク。
そんなDOMANEには、実はもう一つの姿があります。


PROJECTONEでオーダーする際、MADONEやEMONDAはライダーのレベルや体形などに合わせてH1、H2フィットというフィットの選択が可能になっています。

実は、新型DOMANEにもフィットの選択肢があります!
PROJECTONEでは、通常のエンデュランスジオメトリーの他にプロエンデュランスジオメトリーという設定が選択可能なんです!


プロエンデュランスフィットとは?
通常のエンデュランスフィットに比べてホイールベースやボトムブラケット高はそのままに、ヘッドチューブ長を短くし前傾を深くしたフレームフィット。

見てください、このホリゾンタルフレーム!

IMG_2458-001.JPG
IMG_2459-001.JPG
最高の快適性はそのままに、この攻撃的なシルエット!
使用するカーボンも通常のDOMANE SLRはOCLV600カーボンですがプロエンデュランスモデルではOCLV700カーボンになります。
より軽く、より堅牢に重量と剛性のバランスも最高レベルのものになります。


新型DOMANEの二つ目の顔、、、それはまさに本気で走れる最速の快適ロード。
ストイックに走りの質を求めるシリアスライダー向けのこのフィットはPROJECTONEにてオーダーが可能です。

※PROJECTONEではディスクブレーキモデルのオーダーが非対応となっております。



店舗では完成車モデルにてDOMANE SLRのご試乗が可能です。
最新技術がてんこ盛りの快適ロードバイクの乗り心地を是非体験してみませんか?

完成車モデルのランナップは全3種類

電動アルテグラ搭載モデル
・DOMANE SLR7 ホワイト 680000円(税込)

アルテグラ搭載モデル
・DOMANE SLR6 マットブラック 590000円(税込)

油圧ディスクブレーキ搭載モデル
・DOMANE SLR6 DISC マットブラック 640000円(税込)


本日のブログ担当:小峰



こんにちは。 野々山です。

昨日までの晴天とは打って変わって雲行きが。。。

夜には雨みたいですね。


2016春大試乗会Vol.2_02.jpgのサムネール画像
さて、4/29(金)行ってきた試乗会も残すところあと3日となりました。


TREK新生活応援キャンペーン.jpg
TREK 自転車生活応援キャンペーンもあと3日で終了します。

急かすわけではありませんが、

TREKはこういったキャンペーン滅多にしませんからお見逃しなく~(^^)/



さてさて、この試乗会でDOMANE SLRをご試乗頂いた方の中で、

「ISO SPEEDの構造がどうなっているか気になります」というお声を頂きました。

ずーっと更新が出来なかった部分でもあるので、

今日はこの部分を徹底解剖してみましょう!


まず、調節式ISO SPEEDですね。

◆リアの調節式IsoSpeed◆

初代Domaneはすでに、ライダーのパワーを全て路面に伝えながら、

従来のロードバイクよりも2倍の振動吸収性を持つバイクでした。


Domane SLRは2対からなるシートチューブの中心に、

新たに調整式スライダーを設置しました。

このスライダーにより、ライダーの好みやコースのコンディションに応じて、

縦方向の振動吸収を調整出来るようにしました。


スライダーを一番低い位置に調節した際の縦方向の振動吸収は、

初代Domaneと比べ、全体的に14%も向上している。
上記はメーカー公表の文章です。

意味は分かりますが、伝わりにくいのでまたまた分解して解説しようと思います。

1-DSC01397.JPG1-DSC01398.JPG

シートチューブ&トップチューブにある赤丸の部分です。

この間をスライダーが上下する仕組みです。

それによりフレームのしなりが調節できるというものです。

シートチューブの部分から分解してみます。


1-DSC01394.JPG
4mmのアーレンキーでネジを緩めると分解できます。


1-DSC01373.JPG
この部分は分解するとこれだけのネジが使用されています。

ここのトルクは5.2Nm Maxです。


1-DSC01374.JPG
ネジを外すとシートチューブはこんな感じなります。

この状態だと↓のように稼働できます。

1-DSC01375.JPG1-DSC01376.JPG

リアタイヤがないとかなり稼働できるのですが、それはまたの機会にしましょう。


続いて、トップチューブに位置しているISO SPEEDを分解します。


1-DSC01397.JPG
先程の写真を借ります。

赤丸の部分に蓋がありますので、ここを外します。


1-DSC01396.JPG
ネジ等は一切使っていないので、先の尖ったモノで簡単に外れます。

これを外すと↓のようにベアリング(オレンジ)が見えます。


1-DSC01377(1).JPG
ただ、ベアリングが簡単に外せる訳ではなく、ネジでしっかりと固定されています。

次はこのネジを外していきます。

5mmのアーレンキーを二つ使用します。

ドライブ(チェーン)側とノンドライブ(チェーンがない)側にアーレンキーを指します。

1-DSC01381.JPG
正ネジなので反時計回しに回すとネジが緩みます。

1-DSC01390.JPG
片側のネジが外れると次は6mmのアーレンキーと5mmのアーレンキーに持ち替えます。

外したネジの奥に6mmのアーレンキーが入れられます。

これで外側にいた5mmのネジは両方が外れます。


1-DSCF8022.JPG
別の時に外したシート部分です。 ネジを全て外すと完全に外せます。


1-DSC01384.JPG
シート部分を外した状態でネジだけ入れてみました。


1-DSC01385.JPG
ベアリング部分に直接触れないように1mm程のワッシャーが入っています。

これを外すと、ベアリングがむき出しになります。


1-DSC01386.JPG
ワッシャーはただ添えてあるだけなのでサクサク外せます。


1-DSC01388.JPG
フレームの固さを調整するレバーです。


1-DSC01392.JPG
これもはめてあるだけなので簡単に外せます。

このギザギザが固定に繋がっているんですね~。



ISO SPEEDは造りとしては意外に簡単なのですが、

これを壊れないところまで高めているという事が流石TREKといった所でしょうか。

分解してみると調節式レバーで全体のしなり量を調節しているのが分かります。

ネジの締め付けが重要になりますね!

トルク管理さえしっかりとしていれば安全に使用できます。

そのために、トレックからトルクレンチのプレゼントもあるんですよね~。

TREKだからこそ出来る構造ですよね~。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは。 野々山です。

毎週木曜日は雨!という残念な今月です。。。


さて、4/5(火)に海外ローンチで発表されたDOMANE SLR。

当店では早くもPROJECTONEでご注文頂きました~。

W様、掲載ご協力ありがとうございます~(^^♪


W様DOMANESLR開封式 (8).JPG
今回のPROJECTONEはAeolus5D3 TLRホイールを選択頂きました~。


W様DOMANESLR開封式 (9).JPGW様DOMANESLR開封式 (10).JPG

ホイールを取り外すとガッチリ固定されたフレームが登場!

スタッフ徳田が懸命に外します。


W様DOMANESLR開封式 (12).JPGW様DOMANESLR開封式 (14).JPG

梱包材を剥すのはフレームを吊った方がやりやすいですね~。


W様DOMANESLR開封式 (1).JPGW様DOMANESLR開封式 (3).JPG


W様DOMANESLR開封式 (5).JPGW様DOMANESLR開封式 (4).JPG

ついにそのベールが明らかに!?


ドドーン!!


DOMANESLR完成形 (2).JPG
DOMANE SLR
PROJECTONEモデル


Matte塗装の艶消しで仕上げています。

赤の差し色がかなりカッコイイです(^^)


DOMANESLR完成形 (5).JPG
シートチューブに入っている差し色の赤は、

ワインレッド➡レッドとなるようにグラデーションになっています。


DOMANESLR完成形 (3).JPG
コンポーネントはDura-Aceです。

しかも電動Di2です(^^)


DOMANESLR完成形 (1).JPG
Garminをお使いになるので、マウントも取り付けました。

Di2との連動させる秘密のスイッチが使えますね~。

今からご納車が楽しみです(^^♪



こんな素晴らしい自転車に乗れる機会が登場です!

4/29(金)~5/8(日)まで

当店でMADONE / DOMANE SLR / EONDA SLR

乗り比べ試乗会を開催します!

上記車種以外にも試乗車のご用意があります。

試乗車リストについてはこちらをクリック下さい。




本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは。 野々山です。

今週末はワークショップ「チューブ交換講習会」です。

ライド中に一番困ることはパンクですね。

今回のTREKミーティングで、僕も自転車のパンクに遭遇しました。

外でパンクすると本当に困ります。

それを身をもって再認識しました。


今回はクリンチャータイヤの交換以外にも、

チューブラータイヤの交換方法をお伝え致します。




ワークショップ 「チューブ交換講習会」

開催日:2016年4月17日(日)

開始時間:11:00am

集合場所:LORO Bicycles

1-DSC01107.JPG
申し込方法:店頭、電話、メール

募集人数:5名 ※現在1名の参加申し込みがあります。

参加条件:どなたでも可

持ち物:①自転車 ②タイヤレバー(※) ③携帯ポンプ(※)
 ※に関してはお持ちの方のみお持ち込みください。
 お持ちでない方には販売も行っています。

参加費:無料

内容:
誰でも・簡単に出来る実演 チューブ交換 講座
 ※番外編として、チューブラータイヤの交換をお見せ致します。

皆様のご参加お待ちしております。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
新型DOMANE SLRのことはこちらをクリック!

New_Domane.jpg

▲このページのトップへ