ホームページをリニューアルしました。
下記リンクよりご覧いただけます。

LORO BICYCLES新ホームページ

こんにちは。 野々山です。

今日は昨日の淡路島ネタからは離れて、TREK WORLDのお話です。

淡路島の続編は、また次の機会に。


1-DSC02452.JPG
さて、今日は先日発表された Aeolus XXXアイオロス トリプルエックス

試乗インプレッションをご紹介致します。


試乗インプレッション!?


と思われる方もいらっしゃると思いますが、

実は、TREK WORLDの会場試乗ホイールがあったんです!


この機会に使ってみなきゃ損でしょ!!

ってことで淡路島一周終わりの僕の自転車に載せ換えて試乗してきました~。


1-DSC02450.JPG
自転車:EMONDA SLR(SRAM RED)


僕の愛車は、EMONDA SLRのPROJECTONEで作成した自転車です。

コンポーネントはSRAM REDで組まれています。

普段のホイールは、もちろんAeolus 3 D3 Tubularホイールです。


1-DSC02460.JPG
普段の重量はライトやペダル、サイクルコンピュータを取り付けて6.44kgです。

UCIのレギュレーションは違反していますね(笑)


しかし!!!!



今回のAeolus XXX Tubularを挿入すると~

1-DSC02455.JPG
驚異の5.98kgです!


いやはや~。

メーカーのホイール重量公表値が

Aelous 3 D3 Tubular : F:510g / R:650g

Aeolus XXX Tubular : F:420g / R:556g
その差はF:90g / R:94g の合計184gとなります。


それとタイヤも幅が違ったので記載しておきます。

R4 320 Tubular 23c : 280g

R4 320 Tubular 25c : 300g
こちらはタイヤなので2本使いますよね?

という事で、(300-280)×2本=40gとなります。



いやいや待って下さいね。

460gは軽くなっているので、まだ何か差があるんですね。。。


むむむ~


あ!

僕のタイヤにはBontragerのタイヤシーラントが入っています。

その分の重量が2ozですので、グラムに変換すると56.699gとなるので57gです。

それでもまだ179g は足らない。。。


もう分からないので追及は諦めますが、かなり進化しているということですね!


さて、気になる試乗インプレッションですが、

自転車に取り付けた時点でその軽さにビックリです(^^)


人差し指で持ち上げられるくらい軽い!


この軽さから来ているのでしょうね。

初速がメッチャ良いです!

分かりにくい表現になってしまいましたね・・・(^^;

初速がキビキビになりました。

・・・。 やっぱり分かりにくいですね~(~_~;)

スプロケット(ギア)の歯が一枚重くても走り出せるようになりました!

今までが、フロントが50Tでリアが21Tくらいで走り出していました。

それが19Tでもイケてしまうくらいです。


これが何に影響するかって?


登り(登坂)って常に初速と言っても過言ではありません。

登坂時の走行速度も10km/h~20km/hくらいですから。


この部分で一枚重いギアを踏めるというのはメリットですよね!

僕の場合は、登坂時に平均2km/h~3km/hの速度アップが出来ました。


しかし、良い事だけではありません。

巡航速度というスピードを維持する力が減少します。

初速が3km/hアップしたと共に巡行時は2km/h程減少しました。

重いモノの方が惰性で進む距離は長くなりますからね~。



ちょっと踏み込んでお話をするとこういう事です。

D3のハブとXXXのハブは同じモノでした。

という事はハブ重量は変わりません。

スポークの数に変更も見られませんでした。

スポークメーカーやスポークグレードはまだ公表されていないので分かりません。

もし同じモノが付いているとしたら、単純にリム重量が軽くなっているという事です。

円の外周重量・内周重量と走りの違いというのがあります。


面白い動画がありました。

同じ重量で、一つはリムの外周が重いモノ。

もう一つはリムの外周が軽いモノ。

動画では少しだけ傾斜の付いた部分を同時にスタートさせ、結果を見るというモノでした。

結果は、外周が重いモノに比べて、外周が軽いモノの方が転がりが速かったのです。


Aeolus 3 D3とAelous 5 D3の両方を持っている僕の経験上、


リム外周が軽いモノは踏み出しが軽く、反応が良い乗り味になります。

しかし巡行性能は落ち惰性で進む距離も短くなりがちです。

こうなることで、常にペダルを回し続けなくてはなりません。


リムの外周が重いモノは逆で、ペダルを回さなくてもスピードが低下しづらくなります。

また、ある程度スピードに乗ってからの速度の伸びはかなり良く、

その速度を持続させる事も容易になります。

しかし、踏み出しは重く漕ぎだしの反応が鈍くなりがちです。

これ以外にも、ダンシング時のグニャグニャって感じのヤワサが全く感じられませんでした。

これは恐らくスポークのテンションと強度がD3と同じという事でしょうね。

それによって、体重が重くても安心して使えるホイールという事です。

メーカーも体重制限は全くありません!と言っていましたし。


剛性がしっかりありながらも、硬過ぎる感も全くない良く出来ているホイールです。

そして、Bontragerホイールの良い点が今回のTREK WORLDで更に判明しました。

1-DSC02435.JPG
Bontrager製品の風洞実験は何回かyoutubeでも紹介されており、見たことがありました。

ヘルメットのBallistaでも同様の風洞実験を行っていましたね。


1-DSC02438.JPG
ただ、今回僕が「TREKって凄いな」と思えたのはそこではありません。

それは、この放熱性の実験です。

カーボンは熱に弱いです。

それを体験したのがさかのぼる事 今から5~6年前の事です。

当時のBontragerから販売されていたAeolus 5.0というが店舗に持ち込まれました。

それは、ヒルクライムレースの下りでブレーキを掛けていたらリムが溶けた。

という状態のホイールでした。

リムが溶けてムの面が変形していました。

直しようもなく、捨てといてという事で処分した経験があります。
あれから、Aeolusもモデルチェンジしリム強度がかなり向上しました。

放熱性の実験も行い、リムに熱が溜まりにくくしつつも、冷やす事も考える。

ブレーキを安心して掛けられる。

そこに乗り手の技術はそこまで必要とされない。

そんな作りのホイールです。


しかもカーボンの保証も付いているので、例え起こしてしまっても下取りが可能です。

それは、カーボン・ロイヤリティ・プログラムというオーナー救済プログラムです。

購入した時の証明書と身分証があれば受ける事は可能です。



いずれ、試乗ホイールもご用意しようと考えていますので

その時は是非、一度ご使用ください!



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは、今野(男)です。

今日は、皆様に意外と知られていない「DEMOホイール」というサービスをご案内します。

DEMOホイールとは、そのまま単純に「試乗ホイール」です。

良いホイールは車体価格に匹敵するお値段ですから、決してお安いとは言えないので、

「本当に価値があるのか自分自身で確かめたい!」誰だってそうですよね?!

LORO BICYCLESにて、是非お試しください m(__)m


DSCF8529.jpg




Q.どんなホイールが試せるの?
A. 試乗ホイール ラインナップ 
・Bontrager Aura5  TLR
・Bontrager Aeolus 5 D3 TLR
・Bontrager Aeolus 3 D3 TLR




Q.どんなホイールなの?
A. それでは、一つずつご紹介していきます。


11446_D_2_Aura_TLR_pair.jpg 
まずは上写真の、
・Bontrager Aura5 TLR オーラ5 チューブレスレディ)

「アルミカーボン コンポジット クリンチャーホイール」

オーラ5の合言葉は、

「普段から最高のエアロダイナミクスを!!」

 カーボンカウルの高いリムハイトからくる中速度域の巡行のし易さは、ワングレード上位のフレーム完成車(デフォルトのパーツ類の時に)をも凌ぐ性能を発揮してくれます。その辺りの真相は、7月15日から始まる試乗会で是非ご体験でお確かめください!

(試乗会詳細 ↓ 

 また、リムは丈夫なアルミ製なので万一のパンクや縁石等への接触によるリムの破損もカーボンリムよりも安心です。

 なので、「普段から最高のエアロダイナミクスを!!」なのです。

重量は、Front: 760g  Rear: 960g なので、軽量ホイールではないのですが、
トレーニングにはモッテコイです!!

さらに、TLR (チューブレスレディ)なので、転がり抵抗やタイヤグリップが飛躍的に
よくなる「チューブレス化」ができるのも嬉しいですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 価格 / Front:75,000円(税込) Rear:100,000円(税込)

 


続いて...
2015年にパワーアップして登場した、下記2つの試乗ホイールをご用意しております。
・Bontrager Aeolus3 D3 TLR 
・Bontrager Aeolus 5 D3 TLR

新型アイオロス_page1_01-001.jpg
新型アイオロス_page2_01-001.jpg





新型アイオロス_page3-3_01.jpg
新型アイオロス_page4-2_01.jpg
新型アイオロス‗page5-003.jpg



いづれも、店頭にございますので、ご用命はスタッフまでお申し付けください。
よろしくお願い申し上げます!

本日のBlog担当
今野
DSC01744.jpg

2017summerSALE_01.png

こんばんは。 野々山です。

昨日、スタッフ徳田からホイールを借りてEmondaSLRでNight Rideしてきました~。

その時のインプレッションです。


ご存知の方も多いと思いますが、僕はBontragerのAeolus D3を2セット、

Race X Liteを1セット所有しています。

生粋のBontrager(TREK)ユーザーです。


今年のBontragerは本当に素晴らしいです。

以前はDT SWISSのスターラチェット(18ノッチ)が入ったホイールでしたが、

今年から倍の36ノッチに変わりました。
※ただ、アルミホイールに関しては18ノッチのままです。

10338243_709475959121714_6323552303981501494_n.jpg
ノッチというのは、上の写真のギザギザの量の事を言います。

ギザギザが18個あると18ノッチ。

ギザギザが36個あると36ノッチになります。


12-DSC00712.jpg
18ノッチの時は赤のマーク。36ノッチの時は黄色になります。

ノッチの数が増えると、今までより少ない動作でクランクを回せるようになります。


僕個人のお話ですが、今までより1枚~2枚重いギアを踏めるようになりました。

またそのギア比のまま、ケイデンス(足の回転数)は1分間に110rpmを維持できました。

しかも、今までより楽に足が回せるので巡航速度のキープもかなり楽になりました。


ここからは僕個人の意見です。絶対ではありませんのでそのつもりでお読みください。


ノッチの数が増えるとギザギザが深くなります。

それによりホイールとクランクが供回りしやすくなるはずです。

それにより坂道を下っている時の様な、

足の回転が楽になる作用が働いているんだと思います。

僕の持っているAeolusは前後で1150g。

今回借りたホイールは1450gです。

軽い方が初速(走り出し)は速い(軽い)はずなのですが、

借りたホイールの方が結果的に速く(軽く)走れました。


自分の脚質・好みに寄りますが、

僕個人はノッチの数が多い方が全てに置いて合っていると分りました。



でも、昔のホイールでもノッチの数を増やす事が出来るのか?

という質問が出そうですね~。

2012年からAeolus D3が登場しましたが、そこからDT SWISS製のハブが使用されています。

このDT SWISSであれば、ノッチの数を36ノッチや54ノッチと増やす事ができます。

1-DSC00713.JPG
ホイールの中央部分(ハブ軸)にDT SWISSと記載されています。
この記載があればカスタマイズ可能です。


ブログ読んでも分からないという方は、ご来店頂き店舗スタッフに直接聞いてください。

また、レンタルホイールも行っております。

3,240円(税込)/1日となります。




本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

LORO Bicyclesにいいね!を押してお得な情報を得よう!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんばんは。 野々山です。

先日ご納車しましたお客様とお写真を撮りました~。


1-DSCF0005.JPG
7.5FX WSDをお渡しさせて頂きました。

当店のお得意様、I様のご紹介でした。

楽しいサイクルライフを送って頂きたいですね~。

もちろん精一杯サポートさせて頂きます!


1-DSCF0006.JPG
こちらが7.5FX WSDです。

2016年モデルはNavyということで濃紺色なのですが、

ラメが入っているので光の下では青色に見えます。



1-DSCF0009.JPG
こちらは自転車のご納車という訳ではないのですが、

ホイールとブレーキのお渡しをさせて頂きました。


1-DSCF0011.JPG
ホイールはRolf PRIMAです。

え! TREK以外も取り寄せ出来るの??

という声が聞こえて来そうですね~。

もちろん自転車はTREKのみです。

自転車以外はほとんどのメーカーが取り寄せ出来ますよ!


1-DSCF0014.JPG
ホイールが変わると走行速度も上がりますので、ブレーキ性能も向上させました。

SHIMANO 105(5800シリーズ)のブレーキです。

自転車が黒色なのでブレーキの色も合わせてあってカッコイイですよね~。


ちなみに、、、

こちらのお客様の自転車はTREKの1シリーズでした。

通常TREKの1シリーズには105のブレーキはご使用頂けません。

ですが、LOROにはオフセットカートリッジシューというのがあります。


1-DSC00453.JPG
左がオフセットカートリッジシュー、右が通常のカートリッジです。

ちょっと線が見づらいですが、赤と黄色の線は同じ位置なのですが、

紫の線がズレています。

この線のズレ分、ブレーキシューの位置を下に下げられます。

ちょっと初めての方には分かりにくいですので、

ご興味がある方は是非スタッフに聞いてください!



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png



こんにちは。 野々山です。

先日2012年から販売されているAEOLUS D3のベアリング交換をしました。

AEOLUS D3はDT SWISSのハブが使用されています。


1-DSC00075.JPG1-DSC00080.JPG

ですので、DT SWISS専用のツールが必要になります。


1-DSC00078.JPG1-DSC00073.JPG

もちろんベアリングとグリスも専用品です。


1-DSC00085.JPG
ベアリングのみTREKから販売されているモノをご使用くださいね。


1-DSC00081.JPG
というのもベアリングの外径がDT SWISSから販売されているものと違います。

そういった部分はオリジナルなのでしょうかね?


1-DSC00087.JPG
ついでなので分解して洗浄しておきました。


1-DSC00088.JPG
フリーボディを外してベアリング交換をします。


1-DSC00082.JPG
こうしてホイールのベアリング交換が完了です。

ホイールの回転に渋みが出てきたらベアリングの交換が必要となります。

そうなった時には是非ご相談下さい。





本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

Facebookで当店の情報をいち早くゲット!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png




こんばんは。徳田です。
外はザーザーの雨!

しかし・・・店内はHOTです。
ようやく、ご予約頂いておりました、限定30本という
とても貴重なホイールセットが入荷致しました。

今回の限定Vigorの特徴はセラミック成分主体の薄い膜を形成する技術を用いて、
ハードアルマイトと同じく、セラミックコーティングをアルミリムに施す表面加工です。

単純なアルミのハードアルマイトに比べ、傷やチップオフに対して
更に強い、ハード・カラー・コーティッドと呼ばれるロルフプリマ社
独自の技術が採用されています。

1-DSC00070.JPG
 
今回、すでに受注は終了しておりますが、
手に入らなかった皆様!
朗報です!
現在開催中のユーロバイクには別の形で、このセラミックコーティング技術が
紹介されており、既に、第2弾のプロジェクトも進めております。

今後の発表が気になります!
随時詳細が分かり次第、お知らせ致しますので、
ご期待くださいませ!

1-TdF4SL_front_2014.jpg

カーボン系も気になる所ですね!

詳細は是非店頭にてお尋ね下さいませ!

お待ち致しております。

本日のブログ担当は徳田でした。

toku.jpg
facebookはコチラから
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは。徳田です!

今日はBontrager Carbonホイールのお話しです。

1-DSCF5812.JPG

こちらは先日発表のあったTLRシリーズ。
Bontragerのデカールが渋いBLKになっています。

1-IMG_1538.jpg

こちらが、WHTデカールの現行モデルです。
ラチェットのノッチがやや違うだけですので、
高速安定性はほぼ同じです。

PROJECTONEでオーダー頂けないと、
デカールカラーは変更できませんので、
気になる方はお問い合わせ下さいませ!

本日のブログ担当は徳田でした。

toku.jpg
facebookはコチラから
facebook_color02_128x128.png


Circuit Asia Fit

こんにちは。徳田です。

梅雨の走りみたいな小雨ですが・・・
今日はヘルメットのNEWモデルをご紹介致します。

ついにCircuitにアジアフィット登場です。
いままでのモデルでご試着の皆様から
「なんか~乗っかってる感じ」
「側頭部が当ってます」
「前後に動きます」
など、など・・・・
多くのご意見を頂戴致しましたが、もう、大丈夫です。
しっがりとコメカミあたりまでフィットしています。

1-IMG_1514.jpg

1-IMG_1515.jpg

Circuit Asia Fit ¥14,900(税込)
BLK,WHT,RED,WHTxPINK(women's)
S/M(51~58cm)
M/L(55~61cm)
長時間のご使用が当たり前ですので、しっかりとフィットした物を
チョイスしたいですね!

本日のブログ担当は徳田でした。

toku.jpg
facebookはコチラから
facebook_color02_128x128.png



こんにちは。

ジロも今日で7ステージ目を迎え、
盛り上がっている徳田です。
いや~実に熱い,暑い走りがたまりません!

さて、先日PROJECT ONEのオーダーを頂きました。
しかも、不肖ワタクシのROLF PRIMA ARES 4を
ご覧頂き、「同じカラーで頼みたい」との事で、
本来であれば、このカラーは生産終了のはずが・・・
全米をくまなく捜査してほんの少し出てきたようです。
(今後、気になる方はご一報下さいませ。)

しかし、見事な仕上がりです。
個体差も殆どなく、リムサイドの完成度もずば抜けています。
ペアースポークならではの美しさが光ります。

組上がり、完成が待ち遠しいですね!

1-IMG_1482.jpg

ROLFPRIMA ARES 4 カーボンクリンチャー
本体¥286,200(税込)
ホワイトデカール¥9,936(税込)
1-IMG_1483.jpg1-IMG_1484.jpg

1365g (F/590g R/775g )

本日のブログ担当は徳田でした。

toku.jpg
facebookはコチラから
facebook_color02_128x128.png



こんばんは。 野々山です。

試乗会初日が只今終了しました。

本当に沢山のお客様にご来店・ご試乗頂きました!

Emondaの良さをTREKユーザーだけではなく、

他メーカーユーザーの方にも知って頂けたと思います。



~ 人気試乗車ランキング ~(本日付)
1位 Emonda SLR10

2位 Emonda SLR9

3位 Emonda ALR5
本日の番付ではEmondaSLR10が圧倒的に人気でした。

でも侮るなかれ!

EmondaSLR9も人気ランキングに入り込んでいます。
(冷静になったらどっちもEmondaSLRじゃん!というのはココだけの話に(笑))

2016年先行モデルのEmondaALRも初めての方がご試乗されています。

特に当店は初めての方が多いので、初めてのロードバイクなら

EmondaALRはかなりオススメです!


実は、今回の試乗会はそれだけではないのです!

実は当店、レンタルホイールも充実しています。

レンタルホイールというのは、読んで字の如くレンタルしているホイールです。

ラインナップは以下です。


~ レンタルホイール ~
1-DSCF6103.JPG
Aeolus 3D3 TLR


1-DSCF6106.JPGAura 5 TLR


1-DSCF6109.JPGRace X Lite TLR

主にBontragerホイールをラインナップとして置いています。


目玉はAeolus3D3 TLRです。

本年2月にモデルチェンジしました。

リムの変更と軽量化、フリーボディのノッチ数を倍増した事により、

走行と快適性をより追求したオールラウンダータイプに仕上がっています。


Aura5はエキスパートタイプで、平地巡航に抜群の性能を誇ります。

これは、HED社の空力抵抗を参考にされているからだと思います。

江戸川など、風が強い場所を走られる方には持って来いですね。


Race X Liteはややヒルクライム向けのオールラウンダータイプで、

使いやすさと価格では他メーカーより良いと思います。

全ホイールメーカー中、軽量アルミホイールの中ではトップ争いが出来ます。


試乗会と合わせて、存分に試乗ホイールをご堪能ください(^^)

明日も10:30~OPENです!



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

▲このページのトップへ