ホームページをリニューアルしました。
下記リンクよりご覧いただけます。

LORO BICYCLES新ホームページ

こんにちは。 野々山です。

今日は昨日の淡路島ネタからは離れて、TREK WORLDのお話です。

淡路島の続編は、また次の機会に。


1-DSC02452.JPG
さて、今日は先日発表された Aeolus XXXアイオロス トリプルエックス

試乗インプレッションをご紹介致します。


試乗インプレッション!?


と思われる方もいらっしゃると思いますが、

実は、TREK WORLDの会場試乗ホイールがあったんです!


この機会に使ってみなきゃ損でしょ!!

ってことで淡路島一周終わりの僕の自転車に載せ換えて試乗してきました~。


1-DSC02450.JPG
自転車:EMONDA SLR(SRAM RED)


僕の愛車は、EMONDA SLRのPROJECTONEで作成した自転車です。

コンポーネントはSRAM REDで組まれています。

普段のホイールは、もちろんAeolus 3 D3 Tubularホイールです。


1-DSC02460.JPG
普段の重量はライトやペダル、サイクルコンピュータを取り付けて6.44kgです。

UCIのレギュレーションは違反していますね(笑)


しかし!!!!



今回のAeolus XXX Tubularを挿入すると~

1-DSC02455.JPG
驚異の5.98kgです!


いやはや~。

メーカーのホイール重量公表値が

Aelous 3 D3 Tubular : F:510g / R:650g

Aeolus XXX Tubular : F:420g / R:556g
その差はF:90g / R:94g の合計184gとなります。


それとタイヤも幅が違ったので記載しておきます。

R4 320 Tubular 23c : 280g

R4 320 Tubular 25c : 300g
こちらはタイヤなので2本使いますよね?

という事で、(300-280)×2本=40gとなります。



いやいや待って下さいね。

460gは軽くなっているので、まだ何か差があるんですね。。。


むむむ~


あ!

僕のタイヤにはBontragerのタイヤシーラントが入っています。

その分の重量が2ozですので、グラムに変換すると56.699gとなるので57gです。

それでもまだ179g は足らない。。。


もう分からないので追及は諦めますが、かなり進化しているということですね!


さて、気になる試乗インプレッションですが、

自転車に取り付けた時点でその軽さにビックリです(^^)


人差し指で持ち上げられるくらい軽い!


この軽さから来ているのでしょうね。

初速がメッチャ良いです!

分かりにくい表現になってしまいましたね・・・(^^;

初速がキビキビになりました。

・・・。 やっぱり分かりにくいですね~(~_~;)

スプロケット(ギア)の歯が一枚重くても走り出せるようになりました!

今までが、フロントが50Tでリアが21Tくらいで走り出していました。

それが19Tでもイケてしまうくらいです。


これが何に影響するかって?


登り(登坂)って常に初速と言っても過言ではありません。

登坂時の走行速度も10km/h~20km/hくらいですから。


この部分で一枚重いギアを踏めるというのはメリットですよね!

僕の場合は、登坂時に平均2km/h~3km/hの速度アップが出来ました。


しかし、良い事だけではありません。

巡航速度というスピードを維持する力が減少します。

初速が3km/hアップしたと共に巡行時は2km/h程減少しました。

重いモノの方が惰性で進む距離は長くなりますからね~。



ちょっと踏み込んでお話をするとこういう事です。

D3のハブとXXXのハブは同じモノでした。

という事はハブ重量は変わりません。

スポークの数に変更も見られませんでした。

スポークメーカーやスポークグレードはまだ公表されていないので分かりません。

もし同じモノが付いているとしたら、単純にリム重量が軽くなっているという事です。

円の外周重量・内周重量と走りの違いというのがあります。


面白い動画がありました。

同じ重量で、一つはリムの外周が重いモノ。

もう一つはリムの外周が軽いモノ。

動画では少しだけ傾斜の付いた部分を同時にスタートさせ、結果を見るというモノでした。

結果は、外周が重いモノに比べて、外周が軽いモノの方が転がりが速かったのです。


Aeolus 3 D3とAelous 5 D3の両方を持っている僕の経験上、


リム外周が軽いモノは踏み出しが軽く、反応が良い乗り味になります。

しかし巡行性能は落ち惰性で進む距離も短くなりがちです。

こうなることで、常にペダルを回し続けなくてはなりません。


リムの外周が重いモノは逆で、ペダルを回さなくてもスピードが低下しづらくなります。

また、ある程度スピードに乗ってからの速度の伸びはかなり良く、

その速度を持続させる事も容易になります。

しかし、踏み出しは重く漕ぎだしの反応が鈍くなりがちです。

これ以外にも、ダンシング時のグニャグニャって感じのヤワサが全く感じられませんでした。

これは恐らくスポークのテンションと強度がD3と同じという事でしょうね。

それによって、体重が重くても安心して使えるホイールという事です。

メーカーも体重制限は全くありません!と言っていましたし。


剛性がしっかりありながらも、硬過ぎる感も全くない良く出来ているホイールです。

そして、Bontragerホイールの良い点が今回のTREK WORLDで更に判明しました。

1-DSC02435.JPG
Bontrager製品の風洞実験は何回かyoutubeでも紹介されており、見たことがありました。

ヘルメットのBallistaでも同様の風洞実験を行っていましたね。


1-DSC02438.JPG
ただ、今回僕が「TREKって凄いな」と思えたのはそこではありません。

それは、この放熱性の実験です。

カーボンは熱に弱いです。

それを体験したのがさかのぼる事 今から5~6年前の事です。

当時のBontragerから販売されていたAeolus 5.0というが店舗に持ち込まれました。

それは、ヒルクライムレースの下りでブレーキを掛けていたらリムが溶けた。

という状態のホイールでした。

リムが溶けてムの面が変形していました。

直しようもなく、捨てといてという事で処分した経験があります。
あれから、Aeolusもモデルチェンジしリム強度がかなり向上しました。

放熱性の実験も行い、リムに熱が溜まりにくくしつつも、冷やす事も考える。

ブレーキを安心して掛けられる。

そこに乗り手の技術はそこまで必要とされない。

そんな作りのホイールです。


しかもカーボンの保証も付いているので、例え起こしてしまっても下取りが可能です。

それは、カーボン・ロイヤリティ・プログラムというオーナー救済プログラムです。

購入した時の証明書と身分証があれば受ける事は可能です。



いずれ、試乗ホイールもご用意しようと考えていますので

その時は是非、一度ご使用ください!



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


ドン!
DSC02213-001.JPG

こんにちは。小峰です(^^)/
ドン!?と載せた黒い塊は...無地~なツールケースです。
本日は、タイトル通りツールケ―スの紹介になります。


早速ですが文頭写真のツールケースのジップを開くと...

パカ!
DSC02215.JPG

アイテムが詰め込んであります。
サドルバックやツール缶のように工具や小物を収納するのがツールケースの役目です!



今回ツールケースに収納したのは下記5点です。
DSC02219.JPG

パンク修理に必須なチューブ、タイヤレバー、携帯空気入れ(CO2ボンベ)はもちろんの事ツールセットやABUSのチェーン鍵が収納できました。


実際サドルバックでもこれくらいなら余裕?で収納可能ではあります。
しかし、サドルバックでは折角軽量化したお尻周りのパーツの意味が無くなってしまったり...
エアロロードではそもそも取り付けが困難であったり見た目がよろしくなかったりしてしまうこともしばしば。

ツールケースはボトルケージに収納が可能なので見た目はスマートです。
当店のツールケースですとカラーもブラックの無地なので変に主張しないところもGOOD!


DSC02220.JPG
鍵はチェーン鍵をチョイスしましたが、小さめのワイヤー鍵にすればより多くのパーツを収納可能です!
ツールケースはあまり収納できないイメージを持たれていることが多い?のですが意外と仕事の出来る凄いやつなんです!

ツールケース ¥2484(税込)



初めてのスポーツバイク選び、分からない事も多いと思います。
どのような自転車を選べばいいのか最初に何が必要なのか、どんな些細なことでも構いません何でもご相談下さい。



本日のブログ担当:小峰


お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


おはようございます。徳田です。

もう!夏ですね!
梅雨は一体どこに行ってしまったんでしょうか?
まずは、水分補給と急な体調変化にご注意下さいませ!

さて、さて、続報その2ですが・・・
cf-lg.jpg

さて、皆様これは一体何でしょうか?
もう、うっすらとお気好きの方もいらっしゃる
と、存じますが・・・
実は・・・・

 Vector™ Cartridge Kit for Shimano®     Ultegra® PD-6800 Pedals

                  
             なんと、LOOK KeoのVector2の中身をUltegra
             PD-6800に付け替えてシマノクリートで使えるのです!
                                

まずはご覧くださいませ!まさに、目から鱗ですね!
もちろん、正規代理店様からの情報&発売予定ですので、
気になる方はご来店のうえご相談下さいませ!
Part Number: 010-01657-00
価格、納期ともに未定。


本日のブログ担当は徳田でした。


toku.jpg



こんにちは。徳田です。

梅雨本番に突入しまして、乗れない時期が続きそうですね!
振ったり、止んだりが7月半ばまでかと思うと
ん~気が滅入りそうです!

しかし!ワタクシが先日導入致しました、
Garmin Vector2J スタンダード
ですが・・・

DSC01765 (800x533).jpg

機能満載で、楽しくて仕方ありません!

簡単にご説明致しますと・・・・
ペダル交換のみで左右独立した計測が可能なパワー計です。
左右それぞれのペダルにパワーが直接加わりますので、
左右バランスや平均パワーなど、正確でかつ信頼性が高い
様々なデーター項目を測定する事ができます。

また、ペダルポッドは重要なセットアップアップや
メンテナンス情報を表示するLEDライトを搭載。
カラーと点滅数によって、電池残量やペアリング状況などの
ステータスが一目で分かるようになりました。

「特徴」

                 左右バランス: 左右バランスを確認しながら

                   ぺダリングの効率アップが図れます。

               平均パワー: 任意計測時間における平均パワー(ワット)の計測

                       トレーニングストレススコア(TSS):

運動強度と継続時間により算出された値により回復の目安が分かります。

標準化パワー(NP):コースや天候などの差によるパワー計測結果の変動を補正し、

                より現実に近い負荷を算出します。                        

            強度係数(IF): 標準化パワー(IF)を1時間持続可能な最大出力

                 (FTP)で割ったものである運動強度を表します。

                     kj(キロジュール): そのトレーニングのキロジュール数を求めます。

         パワーゾーン: 運動強度をゾーン別に管理する事が可能です。

           ケイデンス: クランクアームが毎分何回転しているか分かります。

        LOOK KEO クリート互換 ANT+無線インターフェース

         稼働時間: 175時間  重量 (ペダル1つあたり)ペダル:156g

ペダルポッド:23g   クリート及びネジ類:38g

DSC01761 (533x800).jpg

DSC01762 (533x800).jpg

Vector2_cyclingdynamics.jpg

ペダルに力が加わっている範囲と角度が分かります。
(上記の濃いブルーところ)
ペダル面の中心をしっかり踏んでいるかどうかが分かります。
(ブルーラインは過去30秒間の踏込み位置のプロット、
レッドラインは過去10秒間の踏込み位置の平均)

と、まあ~走行中、簡単にEdgeで確認できるのが素晴らしいですね!

もちろん、シッティング、ダンシング時の平均、最大パワーやケイデンス
もしっかり出ますし、何より、パワーNP(標準化パワー)や
パワーIF(強度係数)、パワーTSS(トレーニングストレススコア)などが、
素早くチェックして、走り続ける事が出来るのは何よりです。

まだまだ、走り込みが足りませんが・・・・
(姉妹店までの往復、数回・・・)
必ずや、使いこなしたいと目論んでおります。

またまた、ご報告いたします。


本日のブログ担当は徳田でした。


toku.jpg








 


 


k



こんにちは。 野々山です。

本日は富士ヒルクライム前日受付の日ですね~。

心配された天気も快晴になりました。

先程、スタッフ今野を含むレース参加のご一行が出発しました。

中央道の集中工事もありますので、混雑すると思いますが

無事に現地入りして頂きたいです。



さて、当店のホームページのトップ部分にも掲載しておりますが、

昨日、一部商品が入荷しました。


PEACE_CHAIN.JPG
Bontrager PEACE CHAIN T-shirt 3,900円(8%税込)


こちらは、数量限定でメーカーから販売しているTシャツです。

サイズはS/M/Lの3サイズ販売です。

既にメーカーは全て完売しておりますので、店舗にある在庫のみとなります。

この他のデザインは8月入荷予定となります。


着た感じ.JPG
スタッフ一同、皆様のご来店お待ちしております。




本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは。徳田です。

遂に梅雨入り宣言ですが・・・
まだ、雨は大丈夫そうなので、今のうちにさらっと
RIDEしておきましょう!

さて、曇り空の下、昼夜を問わずに安全を高めるなら、
やっぱり高性能なF/Rライトですね!

ION700RT.jpg
fileforward (1).jpg
REMOTE.jpg
700ルーメンのFライトと65ルーメンのRライトの
最強タッグですね!

Ion700 RT 19,900円(税込)
FlareRT Tail Light 10,900円(税込)
TransmitR Wireless Remote 9,500円(税込)

さてさて、ここからがお楽しみタイムです!

皆様がお使いのGARMINですが・・・

DSC01556 (533x800).jpg


Edge1000では、センサー追加で、上記のF/Rライトの設定ができるのです。
つ・ま・り・・・
トレイン全員のテールライトを記憶しておけば、
牽引役のライダーが一番後方のライダーのテールライトを
コントロールできるという、夢の実現が可能なんです!

さらに、精査して・・・楽しい使い方を模索中ですので、
気になる皆様!ご期待下さいませ!

本日のブログ担当は徳田でした。

toku.jpg
facebookはコチラから
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは。 野々山です。

今日はツアー・オブ・ジャパンですね!

生憎の天気となっていますが、観戦に行かれた方も多いと思います。

今朝、スタッフ徳田が通勤でツアー・オブ・ジャパンに参加する選手達が

乗ったバスを見たと言っておりました。

当店のFacebookにもその写真が載っていますね!

そういった機会がなかなかないので正直うらやましいです~(^^)



話は変わりますが最近、当店ではレースやイベントに参加する方が増えて来ました。

その中でペダリングのお話を良く耳にします。

そんなペダリングにお悩みの皆さんにこんな商品をご紹介です(^^)


Qrings写真①.jpg
ROTOR Q Rings


こちらはROTOR(ローター)から販売されているQ Rings(キューリングス)です。

Ringsってくらいだからギアなんですけど、、、

これはクランクに取り付けるフロントチェーンリングなんです。



これの何が良いかってことなのですが、、、

SHIMANOから販売されているチェーンリングは「真円」ですよね?
(というか真円なんですよ~)

こちらのROTORは「楕円」なんです。


だから??


自転車のペダリングは極端に言うと「効率化」なのです。

効率よく踏み込み、効率よく回すのが重要なのです。

ですので、ROTORはこの効率を良くする為に開発されたアイテムなんですよね。

写真だとより分かりやすいと思います。


踏み込み時.JPG踏み込み後.JPG

サドルに座った状態でペダルを踏み込む時


↑の写真では踏み込み時です。
左の写真の位置で力を掛け出し、右の写真の時に最大トルクが掛かります。



引き足時.JPG引き足後.JPG

サドルに座った状態でペダルを引き上げる時


続いて引き足の時です。
ペダルが左の写真の位置にある時に力が入れ出し、右の写真が最大トルク位置です。



逆に、、、



死点.jpg
上死点の時 / 下死点の時


ペダルが上死点・下死点の位置にある時は力が入れにくいです。

この「力が入れやすい位置」と「入れにくい位置」の時を効率よくしよう!

という商品なのです。


1-DSC01544.JPG
店舗にはShimanoやSRAMで使用できる5アーム用のチェーンリングや


1-DSC01542.JPG
内側のギア(インナーチェーンリング)もご用意があります。


恐らく、一度使ってみないと~

って方も多いと思います。


そんな方に!!


1-DSC01541.JPG
試乗で使って頂けるTEST Crank も3240円(税込)/1dayでご用意しています。

この機会に是非!

体験してみてください。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png
こんにちは。 野々山です。

今日は朝から雨ですね~。

急に涼しくなると風邪をぶり返しそうです(^^;


さて、今日はベルについてです。

最近TREKではエアロハンドルなるものが増えてきました。

店舗でも多くの方にカッコイイと評判です。

ちなみにエアロハンドルってどういうのか分からない方もいらっしゃると思います。


1-DSC01465.JPG
エアロハンドルとういうのは↑のような翼断面のハンドルを言います。

実車の写真だとちょっと分かりにくいですよね。。。

1-DSC01466.JPG
ドロップハンドルのハンドル上部が扁平になっていて丸くないモノを言います。

これは分かりやすいはず!


これがなんだ!って話なのですが、、、

こういった形状のハンドルはベルが付けにくいんですよね~。

なぜ付けにくいかと言うと、変速レバーから出たワイヤーが、

ハンドルを固定する部分にかなり近い場所から出てくるんです。

1-DSC01467.JPG
写真の赤丸の部分からワイヤーが出ていますが、

ハンドルを留めているステムにワイヤーが干渉しています。

このまま無理にベルを取り付けると、、、

ベルがワイヤーと干渉してしまい、変速が悪くなってしまったり、

ワイヤーが切れてしまったりと様々な障害が出るのです。


それに見た目がね。。。

という事で、色々探してみました。

やっと見つかりましたよ~。

それがこれです。

1-DSC01460.JPG
NUVO バーエンド ベル 540円(8%税込)


これはハンドルの先端に取り付けるベルです。

専門用語でバーエンドという部分ですね。

実際、僕のEmondaに入れてみました~。


1-DSC01462.JPG
これがバーエンド部分ですね。

このキャップを外して入れ替えます。

1-DSC01463.JPG
入れ替えはかなり簡単です。

入れてみるとバーテープの太さと同じくらいなので

ドロップ部分を握った際に手が当たる事もありません。

幸い、ハンドル位置が低い事も相まって輪行時にフレームに直撃する事もありませんでした。


ロードバイクにベルを付けていない方はまだ多いと思いますが、

これだったら、簡単に取り付けが出来ます。

しかもお値段もお手頃です(^^)


この位置で鳴らせるのか?という質問が来そうですね~。

僕は鳴らせました。

気になる方は僕の実車で試してみてください。




本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんにちは。 野々山です。

今日は榛名山ヒルクライムですね~。

参加者の皆さん頑張ってください!


さて、本日はアパレル・コーディネートの紹介です。

1-DSC01446.JPG
こちらは、今TREKから発売しているベストとTシャツを組み合わせたモノです。


1-DSC01448.JPG
Tシャツの袖口からSegafredoの文字が見えるのがワンポイントでカッコイイですよね~。


Vest.JPGTsyatu.JPG

Trek Segafredo Champlain Vest ¥13,900
Trek Segafredo T-Shirt ¥3,900


赤Tシャツに黒のベストで今年から来年を過ごしてみては?

ちなみに、ベストもTシャツもそれぞれ残り4着となっています。

これが販売されてしまうと完売となります。

お早めに~。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像

facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


こんにちは。徳田です。
ようやく、五月晴れが続き気持ちの良い日々ですね!
あちらこちらにサイクリングしたいです。

さて、さて、先日より悩みに悩みまくっています、
パワーモニターですが・・・
STAGESパワーメーターは、訳ありで一旦白紙にしました。
そこで・・・Garmin Edge1000Jを使用している
ワタクシにとって、Vector2Jを取り付けるのは、
とても、シンプルで簡単な事だと
気が付きました!

Vector2_cyclingdynamics.jpg


Vector2Jは直接ペダルに装着するので、左右独立した計測が可能な新しいパワー計です。
左右それぞれのペダルにパワーが直接加わるので、左右バランスや平均パワーなど、
正確でより信頼性が高い様々なデータ項目を測定することが出来ます。
一般的なパワー計は取付け工程に手間がかかるのが普通ですが、
GARMINのVector2Jはペダルの交換だけでほとんどのクランク製品に簡単に装着できます。
旅行先のレンタサイクル、レース先など、複数の自転車間での着脱もストレスがありません。
また、Vector2Jのペダルポッドは重要なセットアップやメンテナンス情報を表示する
LEDライトを搭載。
カラーと点滅数によって電池残量やペアリング状況などのステータスが一目で
わかるようになりました。

DSC01439 (800x533).jpg

データ項目(一例)
  • 左右バランス: 左右バランスを確認しながらぺダリングの効率アップが図れます
  • 平均パワー: 任意計測時間における平均パワー(ワット)の計測
  • トレーニングストレススコア(TSS): 運動強度と継続時間により算出された値により回復の目安が分かります
  • 標準化パワー(NP): コースや天候などの差によるパワー計測結果の変動を補正し、より現実に近い負荷を算出します
  • 強度係数(IF): 標準化パワー(IF)を1時間持続可能な最大出力(FTP)で割ったものである運動強度を表します
  • kj(キロジュール): そのトレーニングのキロジュール数を求めます
  • パワーゾーン: 運動強度をゾーン別に管理する事が可能です
  • ケイデンス: クランクアームが毎分何回転しているか分かります
  • トルク効率: ぺダリングサイクル毎の総出力に対する有効出力の割合(%)
    ※Edge810J/510Jのみソフトウェア更新で対応
  • ペダルスムーズネス: ぺダリングサイクル毎の平均出力と最大出力の比率(%)
    ※Edge810J/510Jのみソフトウェア更新で対応
サイクリングダイナミクス(一例)

  • Vector2Jと互換性のあるGarmin製品(fenix2J、Edge1000J、Edge810J、Edge800J、Edge510J、Edge500J、ForeAthlete920XTJ、ForeAthlete910XTJ)を併用することでさらに上のトレーニングを行うことが出来ます。
    測定した各データはEdgeやForeAthleteへ送信し、ガーミン社が運営するインターネットサイト「Garmin Connect」でデータの管理をすることが可能です。
  • ダンシングタイム: トレーニング中の合計ダンシング
  • シッティングタイム: トレーニング中の合計シッティング(座り漕ぎ)タイム
  • プラットフォームセンターオフセット: ペダリングをペダルの中心から左右に何ミリの位置で行っているか
  • パワーフェーズ-R(L): 右(左)ペダルのトルクがかかっている範囲(開始地点と終了地点)
Vector2Jと互換性のあるGarmin製品
(fenix2J、Edge1000J、Edge810J、Edge800J、Edge510J、Edge500J、ForeAthlete920XTJ、ForeAthlete910XTJ)を併用することでさらに上のトレーニングを行うことが出来ます。
測定した各データはEdgeやForeAthleteへ送信し、ガーミン社が運営するインターネットサイト「Garmin Connect」でデータの管理をすることが可能です。

いよいよ、次回の朝練でデビューしたいと思います。
パイオニアペダリングモニターとは
また、違ったアプローチをしてみたいと思います。
本日のブログ担当は徳田でした。

toku.jpg
facebookはコチラから
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


▲このページのトップへ