ホームページをリニューアルしました。
下記リンクよりご覧いただけます。

LORO BICYCLES新ホームページ

こんにちは、今野(男)です。

今日は、暖かいですね☆夕方は風が強くなるようなので、

自転車通勤の皆さんは、気を付けましょうね~!私も気を付けます!


今日は、開封式の模様をお届けいたします。

K様いつも本当にありがとうございます!!

当店では、初となるマウンテンバイクのPROJECT ONE 「TOP FUEL」 をご注文いただきました。

KsTF001.JPG
KsTF002.JPG
完成車でご注文頂いた場合は、このような箱で入荷してまいります。

さぁ!開けますよ~

KsTF003.JPG
ホイールからお目見えです。フレームはまだ見えません(^^) じらしますね~


KsTF005.JPG
KsTF008.JPG本当に、良い笑顔ですね! こちらも幸せいっぱいになります!

KsTF015.JPG
とても良いお色です!Chi Redの差し色が何とも良い雰囲気を醸し出してますね☆


KsTF021.JPG
KsTF022.JPG
お乗り頂けるまで、今しばらくお待ちください。

ちなみに、先日、全バラシを行い、ガラスの鎧の施行が完了しました。

本日、ニップルのカラー変更を実施中です。

KsTF025.JPG
KsTF031.JPG
KsTF034.JPG
KsTF040.JPG

本日のBlog
今野

こんにちは、今野(男)です。

昨晩に続き、太いタイヤの自転車「TREK Farley」のご紹介です。

海と深い川 それ以外は全てフィールドと化してしまう、そんなバイクです。

もう少しヤンチャになって欲しいお子様に、もしくはお友達に、はたまた

ご自身へのプレゼント♪に、いかがでしょうか?

雪原で多少のヤンチャをしても怪我はしづらいですよ〜


徳さんFARLEY.JPG


こちらのお写真の方は、少々ヤンチャが過ぎますかね?‼︎ 

これだけの迫力のバイクだと、みんなこんなお顔になっちゃうんですけどね😁



 さて、まずはファットバイクについてご質問の多い、「何をする自転車なの?」

について、軽くご説明いたします。

 ファットバイクはもともと、サスペンションのオイルが硬くなってしまうほどの

極寒冷地でも、ソフトな乗り心地になるよう、タイヤの可能性に原点回帰したバイクです。

もちろん、タイヤが太いことで、雪や砂の中にタイヤが刺さって行ってしまわないとか、

たくさんの荷物を積んでもパンクのリスクが低いなど、副次的なメリットも兼ねています。


 その後、そのフワフワとした乗り心地や、サスペンションを排することで

メカトラブルが少なくなる事、トレイルを痛めづらい事など様々なメリットから、

極寒冷地のみならず、都心や山道を含め様々なフィールドで楽しまれています。


 何をする自転車なのか? それは、都心で街乗りをしてもフワフワで面白いです。また

オフロードでフィールドを問わず走っても面白いです。はたまた、キャンプに持って

行って炭や飲み物、食べ物を運んでも大活躍です。もっともっと、雪やまでも、ビーチでも

地球を走り尽くしちゃってくださいっ!というバイクなのです。


 
 そんなファットバイクも昨今、色々進化をしておりまして、後発ながらそれを引率している

のではないかというのが、TREKのファットバイク「Farley (ファーリー)」です。


 今日はその「Farley」が入荷してきておりますので、ご紹介いたします。


•Farley 9

DSCF7457.jpg
DSCF7476.jpg
DSCF7489.jpg
DSCF7488.jpg
Farley 9  27.5インチの最新規格ホイールに、3.80インチのタイヤを履かせたファットバイク

さらには、TLR(チューブレスレディ)なので即チューブレス化が可能です。

完成車のファットバイクでは、まだこの仕様は少ないので、非常に嬉しい仕様です。

チューブレス化することで、空気圧を落としてもリム打ちパンクのリスクが低くなりますので、

本来のフワフワとした乗り心地を堪能することができます。

 さらにさらに、サスペンション搭載ということでこちらも最新仕様。

トレイルに持っていっても、大きなギャップを気にせずアグレッシブに走行できます。

サスペンション [ ROCKSHOX  bluto ]
 
DSCF7485.jpg


デフォルトでは、フロントギアは一枚です。28Tという小さなギアですので、

山に行く方は、まずこのままで。街乗りをされる方は、フロントダブル化も良しです。

Fメカ台座がしっかりとついてますので、フロントダブル化も可能になってます。


DSCF7494.jpg

DSCF0127.JPG
 
 写真中央の穴2つがFメカ台座です。SHIMANO とSRAMのダイレクトマウントタイプが

取り付け可能です。

 細かいことですが、雌ねじが剥き出しは嫌ですので、ボルトで蓋をしました。

DSCF0140.JPG


昨晩のBlogでご紹介したStache同様、リアエンドはスライド式なのでシングル化も◎

DSCF0132.JPG
 
DSCF0142.JPG

ROCKSHOX bluto は、太く大きなタイヤを取り回すため、剛性感バッチリのテーパードコラム仕様です。


DSCF7459.jpg

カラーリングも爽やかな Matte Waterloo Blue に VoltGreenの差し色でカッコイイです。

Farley 9  定価:400,000円(税込) 

※現商品1台のみ、特価にてお求めいただけます。詳しくはスタッフまで、お尋ねください。




・Farley 5
DSCF7441.jpg
DSCF7452.jpg
DSCF7446.jpg
DSCF7449.jpg

TREKファットバイクのラインナップ中、一番太いタイヤ26×4.70 迫力満点です😅

もちろん、TLR(チューブレスレディ)なのでチューブレス化もOKです☝︎


DSCF0113.JPG

極太のリムは、振れ取り台に乗りませんでした...なので、こんな方法で振れ取りを。


DSCF0116.JPG

何から何まで太いですから、ホイールやタイヤは自立してます😅

これだけでも、安定感が高いことがわかりますね☝︎


DSCF0025.JPG


DSCF0107.JPG

リアエンドは、他のモデル同様スライド式なのでシングル化もバッチリです。

リアメカのワイヤーには、私の大好きな↓これ。「安心してください、入れておきましたよ☝︎」...


DSCF0108.JPG

 150mmもあるクランクシャフト。一昔前はクランク選びも大変でしたが、最近は

ファットバイク用も色々出てきましたので、安心です。


DSCF0081.JPG

 他のFarleyやStacheにも共通していますが、フロントギアに特徴があります。

下の写真をよくご覧いただくと、交互に厚い歯と薄い歯になっているのが分かると思います。


DSCF0141.JPG

 チェーンキャッチャーなしでも、チェーンが脱落しないようになってます。

チェーンを外して洗浄される方は、戻すときに、厚い歯は広いリンクに、

薄い歯は狭いリンクに収まるように取り付けてください。


DSCF7453.jpg

 カラーリングは渋い Matte Black に Firebrand の差し色でキマってます!

Farley 5  価格:249,000円(税込)



 さて、今日もくどかったですね...すみません。沢山お話ししたいことがありすぎて...

百聞は一見に如かず、ならぬ、百聞は一乗りにしかず。ご希望であれば試し乗りもできますので、

ぜひ一度乗ってみてください。それでは、最後に(最初からやってよ?) Farleyの動画をどうぞ。





本日のBlog担当
今野
今野1.JPG

こんにちは、今野(男)です。

12月もあっという間に半ばをむかえ、「時間が経つのが早い...」と

あちらこちらで聞こえてきますね。

そんな師走の折、待ちに待った限定モデルが入荷してきました!



20151214-1.jpg

Stache5 (スタッシュ5)

 本家、サーリーさんが始めた規格で、29+(ナイナープラス)と呼ばれます。

用途は主にオフロードですが、太いタイヤからくる安定感や安心感、乗り心地の良さ、

走破性から、最近では街乗りでも乗られる方が多くなった規格。

通常のMTBのタイヤと比較すると、約3㎝ほど太いタイヤです。

・通常:2〜2.5インチ(5〜6.5cm)
・29+:3インチ(約8㎝)


なぜ、こんなに注目されているか?その謎は、もちろん、このバイクの中にあります...

ということで今日は、このTREKのStache 5を大解剖した内容をご紹介いたします!!


bst148.jpg


前置きとして、ちょっとイメージをしてみてください。綱渡り。

長い棒を横にして持ってます、長ければ長いほど安定しますね。

地面に降りて、その棒を振り回そうとしてください、長ければ長いほど回し辛いですね。

その脳内感覚を覚えておいてください。それでは...



Stache 5の特徴を、まずは写真で見ていきましょう!!

①まずは、すぐに目に入る特徴の「エレベーテッド チェーンステー」

DSCF7360-001.jpg

上写真のワイヤーが貫通している部分がチェーンステーです。

通常は、BB(ボトムブラケット)からリアエンドへと接合されますが、

シートチューブの途中からエンドへと接合されてます。 ここがポイント①です。



②お次は、リアエンド幅

DSCF7378.jpg
DSCF7408.jpg


MTB(Disc化が進むロードも最近そうですが)は、リアエンド幅の規格が乱立してます。

135×9mm,135×12mm,150×15mm,142×12mm...

そして新たに登場し、今後主流となるであろう148×12mmこれが

Stache 5で取り入れた規格「Boost148」 これがポイント②です。



③幅広のBB幅

DSCF7358.jpg


BB(ボトムブラケット)も規格乱立です。

従来型が68mm,73mm ファットバイクなどでは100mmというのもあります。

Stach 5で取り入れた規格は、カーボンMTBに近い92mm これがポイント③です。



さて、今ご紹介したStache 5のポイント①②③は全てこのためにあります。それは、

DSCF7411.jpg

最高に楽しい遊べるバイクにするためです!

前後輪がこんなに近いバイクは非常に珍しいです。

あれれ?と思われる方も多いのでは。G2ジオメトリーは?と。



まずは、冒頭「綱渡り」の棒を思い出してください。

◉長い棒を持って綱渡り = 安定する ≒ 29erホイールの安定感、走破性

 ☝︎Stache 5 (29+) より太く大きな径のホイールによって快適性が非常に高い。 



◉長い棒を振り回す ≒ 29erのホイールのハンドリング = ちょっとモタッとする。

 → 通常のMTBはG2ジオメトリーで対応 → ハンドリングが最適化する 

 ☝︎Stache 5  ホイールベースを短めに設計し軽い取り回しができて楽しい。


 ☝︎Stache 5は最高に楽しい遊べるバイク!

DSCF7436.jpg


タイヤとギアの間が10mmに満たないです。ここにチェーンステーを通すのは不可能

逆に言うと、①②③をする事でここまで近づけられてます。


DSCF7433.jpg


しかし、まだ終わらないです。

さらなる楽しいギミックがStache 5にはあります。

バイクと同じく大注目なのが、TLR(チューブレスレディ)


DSCF7384.jpg
DSCF7386.jpg
DSCF7393.jpg


SUNringle MULEFUT 純正のチューブレスキット付属

リリースしてからまだ国内に入っていなかったキットで、僕自身も待っていたパーツです。

なぜなら、これだけ太いタイヤなので、チューブだけでもかなりの重量です。


DSCF7395.jpg

チューブ2本で780g!乱暴に言うと約1kg!! これを一気に軽量化できるからですね。


DSCF7367.jpg

上の写真は、リアエンドです。スライディング機構付きですので、

シングルスピード化が容易にできます。ギア周りをシンプル化することで、

メカトラブルを少なくすることができるのと、タフネスな方にはピッタリの仕様になります。



ドロッパーホール.jpg

上写真は、シートポストに空いている穴ですが、たったこれだけでは無いんです。

この穴が如何に重要か。これはドロッパーシートポストというシートポストの

一部のパーツを使えるようにするための穴です。それはまた別でご紹介いたします。

とにかくフレームにドリルで穴を開けるのは、誰でも嫌ですし、もちろん

生涯保証外となります。

Stache 5は既存でそう言った設計になってますので、スタイリッシュなドロッパーシート

ポストを選ぶことができます。



実際に私もこのタイヤ規格のフルリジットバイクで里山に出かけておりますが、

サスペンンション付きにはない、29+ならではの素晴らしい楽しさがあります。

さらには、これだけTREKの開発陣(生粋のバイカー達)の意匠が詰まった

Stache 5ですから、里山での扱いやすさは最高でしょう。

山を純粋に楽しむということができるでしょう。



Stache 5
価格:210,000円(税込)

セカンドバイクに如何でしょうか?きっと新しい発見があるはずです。


本日のBlog担当
今野
今野1.JPG




こんにちは、今野です。

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋・・・ すっかり空気の匂いも秋を感じさせる今日この頃。

今日は、運動会!という方も多いでしょうか?


さて、秋~冬にかけて、マウンテンバイクで山に乗りに行くという方も少なくないですよね?

今期、TREKから発売された「Procaliber」で、秋の紅葉を見に行きませんか?

先日の試乗会でご成約頂き、入荷してまいりましたので、ご紹介いたします。


Procaliber 9.7 SL

1-DSCF7339.JPG
1-DSCF7340.JPG
1-DSCF7353.JPG
ロードバイクのDomaneで開発されたISOspeedテクノロジーを搭載

1-DSCF7357.JPG
ISOspeed部分にはベアリングが入っており、シートチューブ全体をしならせる事で、

微振動を吸収し、体力温存ができます。またフレーム全体でエッジの効いた粘りのある

コーナリングが可能になると思います。

1-DSCF7345.JPG
パッケージ状態では、フロントはシングルになってます。

ギアをよくご覧頂くと、「交互に厚みが違う」のが分かるでしょうか?

チェーン(アウターリンク・インナーリンク)それぞれの隙間に合せた厚みにする事で、

チェーンの脱落を防止しています。

また、写真の三角のキャップをフロントディレーラー台座(付属品)に

付け替える事ができます。

1-DSCF7346.JPG
1-DSCF7349.JPG
ケーブル類は、この「MicroTruss(マイクロトラス)」を使ってフレームに内蔵されます。

1-DSCF7342.JPG
フロントのドロップエンド幅は110mm(BOOST110)

1-DSCF7344.JPG
リアドロップエンド幅は、148mm(BOOST148)

前後共に、このBOOST規格は今後主流になってくるのではないかと思います。

既に、DTswiss,SRAM,HOPE,INDUSTRY-NINE,などが、製品提供しています。

BOOST148/110の幅広なドロップアウトにより、29erのメリットすべてを持ちつつ、

27.5の剛性が得られます。Qファクターとペダリング効率に影響を及ぼさずに、

より太いタイヤと大きいチェーンリングが取り付けられるようになります。


剛性の高い足回りと、しなやかな乗り心地のフレーム。相性が非常に良いです!

相反する要素を、高いレベルで両立する技術はTREKならでは。

最後に、本日ご納車させて頂いたお客様のお写真を。

1-DSCF7361.JPG
1-DSCF7363.JPG
チョイスされた、SHIMANO 25周年記念モデル「PD-M990」のシマノブルーが

まるで、このバイクの為に、もしくはこのバイクの差し色は、このペダルの為に?と

思ってしまうような、完璧なマッチング。ペダルが付いてビシッ!と決まりましたね。

W様、ありがとうございます!楽しんでください。これからもどうぞ宜しくお願いいたします!!


本日のBlog担当
今野
今野1.JPG




こんにちは、今野です。

雨が続いて自転車に乗れないよ~と、お嘆きの皆様、

雨の日でも滑りづらい「マウンテンバイク」はいかがでしょうか?

太くて、ブロックがついたタイヤは比較的滑りづらく、

天候関係なしに自転車に「乗らなければいけない」、もしくは「乗りたい!」皆様には

大変おすすめです!!!

topfuel00.jpg

もちろん、「マウンテンバイク」ですから、こんなところ☝に行ったほうが

大変楽しいのですが、「路面があまりキレイに舗装されていない」ですとか、

「どうしても歩道に乗り上げる機会が多い・・」ですとか、何かと太いタイヤが

都会でも役に立ちます。

気が向けば、本格的なマウンテンバイクコースや野山を駆け巡ることもできますしね!


おすすめは、乗られる皆様によって異なるというか、マウンテンバイクは

ロードバイクよりも、もっとジャンルが多岐にわたっているので、

一概に「これ」というのは難しいのですが、そんな中でも今季TREKから

発表された、「Procaliber」「Topfuel」は多くの方々におすすめできます!

特に、わたくし今野のおすすめはProcaliberです!


Procaliber

_03X0705_edit.jpg
ロードバイクのDomaneで実績があるIsospeedテクノロジーが搭載された、

前にだけサスペンションがある「ハードテール」というジャンルのマウンテンバイクです。

でも、普通のハードテールとは全然違います。Isospeedにより乗り心地が非常によく、

体への負荷を減らしてくれます。また、コーナーリングでも車体が路面に張り付くように

走ってくれますので、初心者の方は「安心して」、熟練者の方は「より攻めた」走りが出来ると思います。

ProcaliberSL00.jpg
Procaliber 9.7 SL 完成車価格450,000円(税込)

こちらがシリーズ中一番お買い求め安い価格のモデルになります。

シートチューブをしならせる構造のため、ハイエンドカーボンフレームのみの

ラインナップになっており、少々、贅沢なモデルとなっておりますが、

この先、何十年も楽しんでいただける価値のある一台です。


でも、「じゃー思い切って!」とはならないと思いますので、

9/19(土曜日)~9/27(日曜日)の試乗会に、Procaliberもご用意いたします!!!!

都心では、なかなかマウンテンバイクの試乗は機会が少ないと思いますので、

この機会を見逃さないようにしてください。たぶん年内は、最初で最後のご用意と

なってしまいますので・・・ 申し訳ありません。


アジアチャンピオンの山本幸平選手に「普通のハードテールじゃない!」と言わしめたProcaliber。

ぜひ、皆様もご体験ください。


そのほか、X-caloberやSuperfly、Faley、DSシリーズもご用意しておりますので、

マウンテンバイクにご興味の皆様、是非ご来店おまちしております。

MTB20150908.jpg

~試乗会情報~

2015秋大試乗会_01.jpg



facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png




こんにちは。 野々山です。

朝方はちょっと肌寒いくらいになってきましたね~。

早く秋が来てほしいです。


さて、2016年モデルが発表され店舗にカタログを持ち帰りましたが、

カタログには載っていない、限定車種が入荷しました。


昨年、突然発表され数百台限定で販売されたFarleyシリーズ。

当店に入荷したFarleyはこちらです。


1-DSC00013.JPG
Farley5 17.5in 249,000円(8%税込)


カラーはこの1色のみとなります。


1-DSC00014.JPG
艶消しの黒にオレンジが映えますね~。


皆様のご来店お待ちしております。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんばんは。 野々山です。

2016年モデルが先行入荷し始めました。

皆様にご覧頂けるように組み立ても行ってあります。

週末天気が悪いですが、是非ご来店下さい。


fileforward.jpgのサムネール画像

2016年モデルが入荷し始めてきたので2015年モデルセールを開始します。

2015年モデル全品20%OFFで大放出致します!


値段や在庫状況はスタッフにお尋ねください。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


マイヨジョーヌ記念201501_01.jpg


全国のシートポストファンの皆さん、こんにちは。 シートピラーコンノです。

最近は、シートマストペイント(ご存じない方はコチラ⇒)など、ISP系に押され気味ですが、

シートポストにしか出来ないカスタム、ドロッパーシートポストをご存知でしょうか?

DSCF6746.JPG

ドロッパーシートポストは、手元のスイッチで、サドルを上げ下げ出来るアイテムです。


1-DSCF6768.JPG
手元のスイッチ


1-DSCF6783.JPG
上げている状態


1-DSCF6784.JPG
下げてる状態


こちらのドロッパーシートポストは100mmの高さ調整が出来ます。

ROCKSHOX reverb stealth 31.6φ 100mm 64,800円(税込)

本来は、山道を走る際に上げ下げ出来る様に開発されたものですが、

街中でも、ひじょ~に役立ってくれます。とっても安全に。

使い方は簡単、こうです。

①走っている時 ⇒ 上げる(サドル高を適正に)
②止まる時    ⇒ 下げる

1-DSCF6786.JPG

はい!足がちゃんと地面に着くんです♫ これでいいのだ~!安全に安心して止まれます♫


色々なメーカーから、様々なタイプ、様々な価格帯のモノがご用意されてますので、

気になられた方は、是非ご相談ください。

本日のBlog担当の今野でした。



こんにちは!先日の朝練で自分の弱さを

痛感した、コンノです。強くなりたい!!

さて最近、けっこう増えてきております、カスタマイズ!!

また、カッコイイ一台が出来上がりました。



〇Today's CUSTOM BIKE 
Remedy 8 ]

1-DSCF6356.JPG
Remedyは、昨今、人気が高まっている「エンデューロ」

此れに該当するTREKのフルサスペンションMTB。

フロントフォーク/140mm リアユニット/7.75" のストロークを持つMTBです。



まずは、カスタム前の写真がこちら。


1-1186600_2015_A_1_Remedy_8_27_5_650b_01.jpg


Starry Night Black に Trek Cyan の差し色。

落ち着きがありながらも、スピード感があるような、

鮮明な印象を持たせるデザインになってます。

今回は、フレームデザインに合わせて、ホイールに少し手を

加えてみたいと思います。

スポークはメタリックブルーに、そしてニップルは、レッドアルマイトに変更。



 
1-DSCF6354.JPG




それに、合わせて、バルブキャップや、チェーンリングボルトも

ブルーアルマイトへ変更。

これだけですが、全体の印象が大変明るくなりました。

特に足回りに、更なる躍動感がでましたね!(UFO的な未来感も感じるのはなぜか・・)


1-DSCF6335.JPG
1-DSCF6343.JPG
1-DSCF6396.JPG
K様、いつもありがとうございます。掲載させて頂きました。


こんな風に、少し手を加えるだけでも、グググッッとオリジナル感が

演出できます!特に、MTBはカスタムパーツも豊富で、

色々できますから、他人とは被りたくない!!そんな強い意志をお持ちの

皆様には、手の加え甲斐がある車種ですね!!

もちろん、ライドも超が付くほど面白いですし、

バランス感覚も養いやすいです。

トレーニングから街乗り、はたまた本来のフィールドであるオフロードまで、

何でもこなせると思いますね!


カラーカスタムだけでなく、性能アップのカスタムも、

カスタムはLORO BICYCLESにご相談ください!!

ご来店お待ちしております。


本日のBlog担当
今野

今野1.JPG

facebookはコチラから
facebook_color02_128x128.png



こんにちは! 野々山です。

大変お待たせしました!

昨年、数量限定で当店に入荷した「Farley」がモデルチェンジして登場です!

モデルチェンジしたのはFarley9

今までのタイヤサイズは26インチ

でも今回は27.5インチ(650B)で、でっかく登場!

しかも、しかもチューブレス対応!!

これって業界初じゃないかなぁ???

Farley9.jpg
Farley9 ¥400,000(税込8%)
カラー:Matte Waterloo Blue
販売サイズ:15.5 , 17.5 , 19.5 , 21.5''

Farley5.jpg
Farley5 ¥249,000(税込)
カラー:Dnister Black
販売サイズ:15.5 , 17.5 , 19.5 , 21.5''



初めて見る方は、「普通のマウンテンバイクだよね?」って思いますよね?

これはfat bike(ファットバイク)というマウンテンバイクです。

海外ではファットバイクの選手権も開かれるほど、人気のバイクです。


この自転車は通常のマウンテンバイクと違い、タイヤの幅が9cm~12cmもあります。
(通常は5cmくらいです)


乗り味は「トランポリンの上を歩くような」「バランスボールを踏むような」

「フワフワ・モコモコっとした」感じの乗り味です。
(全く伝わらないですよね・・・苦笑)

でもこの自転車は凄い場所を走れるんです!!

SLorence_farley_102_edit.jpg
写真の様な雪道もなんのその。

自転車なので、歩車道も走れます。

僕の大好きな青梅や奥多摩の山道もなんなく走れます。

どこかの動画には階段を登っていたような・・・。



こんなモンスターバイクをTREKが作ったんだから凄い!

現在予約受付中です。予約期日は4/22(水)までです。

納車予定は9月頃となります。




本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


春の大試乗会!

SilqueSLXなどの女性専用設計モデルや
世界最軽量 完成車重量4.65kgのEmonda SLR10も来ます!!

2015_4_試乗会_2_01.jpg開催日:4/25(土)~4/29(水)


開催場所:LORO Bicycles

試乗車リスト:・Emonda SLR10 52サイズ
       ・Emonda SLR 9 54サイズ 
       ・Emonda SLR 6 52サイズ 

       ・Emonda SL 6 54/52サイズ 
       ・Emonda SL 5 WSD 47サイズ 
       ・Silque SLX 44サイズ 
       ・Emonda S 6 54サイズ 
※他常時試乗車のDomane5.2/4.5/7.4FX/Lexaもご用意しております。

試乗会特典:TREKオリジナルコインケース 他

その他、常時展示車両もマウンテンバイク・シクロクロスなど、
幅広くご用意しております。
とても走りやすくなるこの季節に、
是非TREKの素晴らしい自転車をお買い求めいただき、
自転車のある生活を楽しんでください。

▲このページのトップへ