ホームページをリニューアルしました。
下記リンクよりご覧いただけます。

LORO BICYCLES新ホームページ

ピカピカ☆彡

こんにちは!今野愛です(^_^)

いや~!!今日は、絶好の自転車日和ですね(^^♪

お出かけされてる方も多いと思います。

夜は暗くなるのが早いですよね...なので、今日はライトをオススメです!!


1-DSC00709-002.JPG
bontrager lon 120/flara 3 light set

7,900円(税込)

これを付ければ、夜道も安心ですね(^_^)/







本日のブログ担当:今野

aitittyai.JPG


LORO Bicyclesにいいね!を押してお得な情報を得よう!

こんにちは。 野々山です。

今日はTREK Japanの方が説明会にいらっしゃっています。

1-実際の事故.JPG
実際の自転車事故のニュース


記憶に新しい事故ですと、競輪選手がトンネルの中で

自転車の後方からトラックに跳ねられ死亡した事故がありました。

自転車の事故は夜が多いと思いきや、日中の事故の方が圧倒的に多いです。


1-ジョン・バークからのメッセージ (4).JPG
TREK USAのCEOのジョン・バーク氏も実際のインタビューで答えていましたが、

彼の自宅からの通勤距離は片道36kmあります。

毎日快適な通勤の中で3kmだけ車が多くヒヤっとする場所があると言います。


1-ジョン・バークからのメッセージ (5).JPG
そんな体験から生まれたのがデイライトです。

これは「明るい日中でも視認できるライト」という意味です。


1-ジョン・バークからのメッセージ (3).JPG
今では少なくなったと思いますが、車を運転中によそ見をする事もあると思います。

あるお客様には、公道を走行中に自転車が目に入らない。というお言葉も頂きました。

車に自分の居場所を知らせるためにもデイライトは必要なんだと思います。


1-ジョン・バークからのメッセージ (6).JPG
特に、今回のFlareRは2km先からでも視認が出来る最高の商品です。

サンプル品も当店に用意したので是非、確認してみてください。


1-ジョン・バークからのメッセージ (2).JPG
明るいライトを使用する事によって、車も注意して下さいます。

自分の身は自分で。

皆でFlareRは使いましょう!


1-EmondaSLR_FlareR.JPG
Emonda SLRに付けた感じ


僕のPROJECTONEモデル Emonda SLR にも昨日取り付けました。


1-MADONE_FlareR2.JPG
MADONE9に付けた感じ


今話題のMADONE9にもFlareRが取り付けられます。

明日まで、MADONEの試乗会を行っていますので皆様のご来店お待ちしております。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

こんばんは。 野々山です。

梅雨に入ったのでジメジメしていますね~。

夕方からはちょっと涼しい感じがしていたのですが、

外に出るとそうでもありませんね(^_^;)


さてさて、TREKより先日発売されたTransmitrがかなりの優れものでしたので、

今日はご紹介しようと思います。


1-DSCF6677.JPG
モデルは当店でご購入頂いたお客様の自転車です。
N様、掲載ご協力ありがとうございます!

まずはフロントのIon700RTです。

1-DSCF6680.JPG
Ion700RT 17,900円(税込)

こちらはIon700と違って、ホワイトからブラックにカラーが変更となりました。

あ、ちなみにRTは(Rechargeable Transmitr)の略で、
「充電式の送信機」って訳になります。
名前の如くUSBで充電、最大光量は700ルーメン。

突然ですが、警視庁の公式サイトで自転車のライトについて以下の文がありました。

~ ライトについて ~
白色又は淡黄色で、

夜間前方10メートルの距離にある

交通上の障害物確認することができる光度を有するもの。

とあるサイトで以下の数字を調べてみました。

光束:700ルーメン
照射角:270度
光源距離:10m

10m先を円の直径0.65m(65cm)の大きさで照らせるみたいです。
この大きさは700cのホイールの直径と大体同じです。

こうやって考えると、ライトの明るさって非常に大事ですよね~。
相手から視認されるだけではなく、物体もしっかりと照らせる明るさが重要という事です。


続きましてはFlare RTです。

DSCF6679.JPG
Flare RT 9,900円(税込)

Flare Rは赤が目立っていましたが、Flare RTはブラックのボディーで全体を覆っています。
見れば見るほど、かなり高そうなテールライトですね~。

こちらも充電式で、デイライトとして使えるライトとして販売されています。

それぞれのリモートの模様が当店のFACEBOOKで紹介されています。


最後にTransmitr Remoteです。

1-DSCF6681.JPG
Transmitr Remote 8,500円(税込)

最大で7つのライトと同期できる優れものです。

ライトのオン/オフについてですが、

bのマークを1回押すと同期されているライトを同時に点灯させます。
4隅にある矢印を1回押すと対応したライトが点灯します。

オフはbのマークを2秒~3秒長押しで全て消灯。
1つずつ消したい場合は対応した矢印を2秒~3秒長押しで消灯となります。

電池はCR-2032を使用していますので、コンビニでも電池が買えます。



本日のブログ担当:野々山

DSC_1788-001.JPGのサムネール画像


facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png


~ おしらせ ~
201506DEMO_02.jpg

こんばんは!桑原です。


梅雨入りが気になってしょうがないこの頃...自転車ライダー界隈や、そうでない界隈でも今月はコイツの話で持ちきりです...


その名も... 「自転車運転者講習制度」

敏感な皆様なら既にご存知かと思われますが、どういった制度かもう一度おさらいしましょう!

まず、何が改訂されたかと言いますと、こちら......↓↓↓

一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、

公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に

講習を受けなければいけません。
となっております。

そう言われても、僕たちの様な小心ライダーは「具体的に違反行為ってなに!?」って思いますよね。

もちろん違反行為も明確に定められております。


  • ・ 飲酒運転~5年以下の懲役又は100万円以下の罰金(酒酔いの場合)
  • ・ 信号無視~3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  • ・ 一時不停止(一時停止標識がある場所では、必ず止まらなければなりません)~3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  • ・ 遮断踏切立入り~3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  • ・ 車道の右側通行~3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  • ・ 携帯電話使用運転(運転しながら携帯電話を手に持って通話したり、メールをしたりする行為)~5万円以下の罰金
  • ・ 傘差し運転(傘を差す、物を持つなどの行為で視野を妨げたり、安定を失ったりするような方法での運転)~5万円以下の罰金
  • ・ イヤホーン等使用運転(運転上必要な周りの音や声が聞こえない状態での運転)~5万円以下の罰金
  • ・ 夜間の無灯火運転~5万円以下の罰金
  • ・ ブレーキ不良自転車運転(ブレーキは前輪、後輪ともに備えていなければなりません)~5万円以下の罰金
  • ・ 2人乗り運転(ただし、16歳以上の運転者が幼児用座席に6歳未満の幼児を乗車させることはできます)~2万円以下の罰金又は科料
  • ・ 並進通行(「並進可」の標識がある道路では2台までに限り並んで通行できます)~2万円以下の罰金又は科料
    ・ 歩道での歩行者妨害(歩行者の通行を妨げるときは、一時停止しなければなりません)~2万円以下の罰金又は科料 (警視庁広報より引用)


「あれ?当たり前の事じゃん?」と思われた方は大丈夫。
「心配かも...」と思われた方は以上を把握して安全運転を心掛けましょう!

無灯火なんてもってのほかですよ!もってのほか! 

そこでLORO bicycles一押しオススメのライトをご紹介させて頂きます!

1-IMG_9028.JPG
とってもコンパクトですが、700ルーメンの光量を誇るボントレガー最強のフロントライトです!

バッテリーはUSB充電で連続1時間45分(700ルーメン時)~ストロボで45時間とこの光量のライトの中では長時間の照射が可能となっております。

道交法において、自転車のライトは「10m先の障害物を確認できる光量が必要」と定められていますが、Ion700なら30m先も余裕で照らす事が可能です!


1-IMG_9029.JPG
ボントレガーから新発売のリアライト界の異端児。
なぜ異端児かというと、今までの夜間使用を主な目的としたリアライトと違い、昼間の使用を目的とした作りになっています。

死傷事故は約80%が日中に起きているという点に着目し、その数値をどうすれば下げられるかという問いへのボントレガーからのアンサーです。

車道を走る自転車にとって、目立ちすぎてダメなんてことは決して無いのです。

日中も点灯してセーフティライドを!!



そして今からご紹介するコイツが今回の大目玉...↓↓↓


1-IMG_9030.JPG
ハンドルに装着するリモコンです。上記のライト達を手元で自由に操作出来るようになります!

使い方が無限大すぎて伝えきれませんので、是非動画をご覧ください! 革命的ですねこれは...(嬉しい字幕付きです)


リアライトを2個繋いでウインカーにするなど、アイデア次第で更に安全性を高めることが出来そうです!


増え続ける自転車人口... 自分の身を守るのは自分自身の心掛けに違いありません。
ルールを守って楽しくライドしましょう!


LORO Bicycles
TEL:03-6661-1382
Mail:lb-nihonbashi@loro.co.jp






1-スタッフ.JPG
本日のブログ担当:桑原

こんにちは、塩原です。
12月に入りましたね。朝の少し冷たい風を受けつつ
少し暖かい日差しの中、自転車で走るのが好きです。

本日は小物の紹介。

BZK_Bell_01

bazooka 「ミニベル」1,393円(税込み、写真左)
「ミニフラッシングライト」 1,512円(税込み、写真右)

存在感をあんまり主張しない、ちっちゃいベルとライトです。

バイクの外観を崩すことなく、いろんなところにつけれちゃいます。

ベルならこんなかんじ
bzk_minibell_01  bzk_minibell_02

ブラケットカバーに挟んだり、ワイヤーに挟んだり

ライトだと
bzk_minilight_01  bzk_minilight_02

おなじようにワイヤーに挟んでとか、写真にはありませんが
サドルレールなんかにも取り付けできそうです。
(サドルレールの場合はレール太さ、角度などによりそうです)

bzk_minilight_04

自転車本体にとりつけなくても、カバンなどに挟んでもいいかも。

bzk_minilight_03

リアライトは小さいながらしっかり目立ってくれます。
フレームの都合やサドルバッグなどでリアライトの取り付け位置に
困っていた方には解決アイテムかもですね~!

今月のイベント

12/7(日) FX安全講習ライド ⇒

12/14(日) ホームトレーナー講習会:定員のため募集を締め切りました。

2014年完成車30%OFF 


本日のブログ担当:塩原

shio.jpg



facebookはコチラから
facebook_color02_128x128.png

▲このページのトップへ